スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

長らく更新をお休みしてしまいました。
こんなに長くなるなんて思っていなかったので、
ネット復帰で浦島太郎になったような感覚です。


リビングの床修繕工事2


震災でほとんど被害がなかった我が家でしたけれど、
やはりあれほどの地震でしたから、見えないところがダメージを受けていて、
リビングと書斎の軋むようになっていた床下を今回修繕することに。
やっと大工さんの手配がついての工事でした。

リビングの床修繕工事


連日、早朝から夕方遅くまでの工事となり、
一週間から十日くらいで終わるはずだった家の床の修繕工事が、
一ヶ月以上にも及び、疲労困憊してしまいました。


リビングの床修繕工事3


住み暮らしながらの工事というのは本当に疲れるものですね。
震災後随分片付けてきたつもりでしたけれど、
この機会に処分することにしたモノが思いのほか多く、
連日ゴミとして処分したものがご覧のような具合で、一ヶ月で大袋軽く50個以上。
これらのモノがいったい家の中のどこにあったのかと不思議でなりません。

gomi.jpg

そんなこんなで春からずっと動きっぱなしだったせいもあり、
こうした片付けで疲労し過労となりアキレス腱を傷めてしまいました。
歩行困難になっても、それでも早朝から工事が続きました。ううっ

数回にわたって引き取ってもらった本も2、30箱以上になりましたが、
思った以上に買い取り価格が高くて喜んだのもつかの間、

本4 ブログ


家中に積み重ねられた本の整理中に、
崩れてきた画集を受け損ねて両指を数本捻挫し、
いま、リハビリ中です。

骨折しなくて良かったと思ったら、
医師に打撲挫傷の方が治りが遅くなると言われた通り、
3週間になるのにいまだに指が紫色に腫れたまま痛み続けていて、
セブンイレブンの金のおにぎりとお惣菜で日々生きている状態。
このタイピングも恐る恐る時間をかけてやっと・・・・

ブログ再開のご挨拶の写真


春に帰省したときに植えたテラスの庭木の花たちに、
心慰められながら、ただいま安静療養中です。
連れて帰った猫たちのトイレの世話のときばかりは、
指が痛んでううっとなって辛いですけれど、


工事中のマルコ1


そんな主を心配してくれるせいか、
工事中何度かおねしょしてしまっていた愛猫マルコは、
いま片時もわたくしの傍を離れようとせず、

工事中のキリコ2

そんなお兄ちゃん猫と主の様子をクールに眺めている愛猫キリコも、
心配そうに見つめていることが多いので、
早く元気になりたいと思い、指のリハビリを兼ねてブログをアップいたしました。

そっと、ゆっくり打たないと、指がキツイ!ので、ゆっくりゆっくりですけれど、
(なので、いただいたコメントへのレスはいましばらくお待ちくださいませ。)
今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

京都のお菓子・・・百万遍にある「緑寿庵の金平糖」

P4196537.jpg


京都に来てから以前よりもよく口にするようになったものの一つが、金平糖。
もう、多くの方はご存知のことと思いますが、
ここの金平糖は、本当に美味しい。ファンが多いのも頷けます。



P4196538.jpg


緑寿庵の金平糖は、御贈答品にもよく使われるほどの逸品ですけれど、
娘が申すには、「超美味しいけど、高いから滅多に買えないもん」とのこと。

と言う割には、よく買ってきます。

★ご参考までに。⇒「緑寿庵」

クリックしてご覧になってみてください。
そして、緑寿庵清水の四代目、五代目の言葉に耳を傾けてみてください。
そうだったのか!と驚かれるはずです。
日本では京都のここにしかない、一子相伝の匠の味。

疲れたときには、とても重宝します。
これからの季節は、淡いブルーのソーダ味がおススメですが、
定番の金平糖も無論、お好きな果物を味わうように楽しめますけれど、
季節の果物そのままの香りと味わいのする金平糖もなかなかです。


P4186430.jpg

店内は、撮影禁止のため、外観のみのご紹介です。
京都にいらしたら、ぜひ出掛けてみてください。(=^^=)



★留守のため、予約投稿記事です。

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

孫猫(8)

P4206890.jpg


外出する時、こうして玄関の靴箱の上にお座りして見送るようになった孫猫・・・
マフラーを首にまいてやっても嫌がらず、お利口にお座りしています。

どこに行くの?と言いたげな・・・・

愛する飼い主さんとこんなに離れて暮らしたことがない子です。
愛情をいっぱい注いでもらって育ててもらい、その飼い主さんと共に暮らしてきた1年半。
その飼い主さんと突然離れてくらすことになったこの一週間、

必ず迎えに来てくれることを信じる以前に、
見知らぬ家で暮らすことになったこの短い期間に、
よくここまで心を開いて順応してくれたと思います。
本当にお利口な猫です。


P4206889.jpg


最初の日、飼い主さんの後を追いかけようとした子です。
飼い主さんの姿が見えなくなったあとも、
玄関を開け閉めする音がするたび、
どこからともなく走ってきては、玄関のガラス戸に足を掛けてカリカリ・・・
やがて諦めてその場でじっとお座りしていました。

飼い主さんのことを思い出しているのでしょう。
今日、会えるわよ!お迎えにきてくれるって!と話しかけても、
まだその意味を理解できるほど、大人ではありません。

だから、玄関にいて思い出しているのでしょう。
急に居なくなって驚いたこと。どうして顔を見せてくれないのか不安になったこと。
慣れ親しんだお家の匂いや温もりが恋しくて寂しかったこと。
でも、食べて寝てトイレして体を動かして元気で生きて行かないといけないこと。
そのためにも、自分が置かれた状況を把握し、
この家の環境に慣れることにしたこと。

どうも悪いニンゲンではないらしいと思ってくれて、
ここを信頼して心を開いてくれたわたくしの孫猫シナモン。


掲載写真3
(この写真、とってもお気入りです)

あなたを元気な姿で飼い主さんにお渡しできたのは、
あなたがそうして強い気持ちで頑張ってくれたからだね。ありがとう!シナモン。
なかなか一緒にいられなかったけれど、いっしょに寝てくれて、嬉しかった!
キリコママもいっしょに過ごせたこの1週間、
懐かしい不思議な感じながら、心楽しくて嬉しかったはず。
あなたとの距離の置き方、絶妙だったでしょ?
覚えていなくても、やっぱり、あなたのママだから。

それじゃ、シナモン、またね!



追記

飼い主さんがこの子をお迎えに来られた時、
そのときの反応は、まさしく、子供が他家に預けられていた先に、
親が迎えにきたときのそれとまったく同じでした。

何だか、同じ思いを何度も体験し、そして、長じてからは、今度は、
自分の子供たちにも体験させてきた思いと同じだったから、
飼い主さんにお迎えにきてもらえたシナモンの思いも、
シナモンをお迎えに来られた飼い主さんの思いも、
胸に迫るものがありました。三つ子の魂何とやらですね。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

京都のカフェ・・・三条「六曜社」

P4186492.jpg


閑話休題ということで、久々に「京都のカフェ」のご紹介です。
ここ「六曜社」という珈琲店は、知り人ぞ知る珈琲店ですが、
学生時代の当時から、京都に来るたび寄っていたカフェで、かなり、古いお店です。


P4186491.jpg


久しぶりに京都に来た時、ここで朝の珈琲を飲もうと立ち寄ったところ、
まるで老人クラブかと勘違いしてしまいそうなほど、失礼!
老紳士で席が占拠されている状態で、驚愕。

でも、やがて、納得・・・・
午前中だというのに、新聞や雑誌に目を落としながら珈琲を飲んでいらっしゃる皆さんは、
学生時代に六曜社を愛して通っていたに違いない、かつての青年たちなんです、たぶん。

自分も年齢を重ねてきているのに、
自分だけは変わらないつもりでいるのですから、可笑しいですね。

店内ものインテリアも一目見るだけで年代が分かるというか、
今風の言葉で評すれば、アンティークということになりますけれど、
アンティーク=西洋骨董というイメージを抱かれる方にとっては、
ええっ、ということになるかもしれません。
一歩間違えば、ご高齢者御用達の珈琲店ということになるかも、です。


PAP_0516.jpg


ここのコーヒーカップ、これ、京都のわが家で使っているのと同じなんです。
わが家のはピンクの方で、実は、母が生前、実家で愛用していたカップがこれの青の方で。
そのせいか、わが家の珈琲と味が違っても、店内に入ると、
どうしても馴染んでしまって落ち着いてしまいます。
若い人やサラリーマンも多くて時間帯によってはいつも混んでいます。


人気のドーナツは、この日、すでに売り切れてしまっていたので、
今回はご紹介出来なくて残念でした。

★ご参考までに⇒「六曜社」(クリックしてご覧になってみてください)


★4月23日より留守をしておりますので、このブログ記事は予約投稿記事です。

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

孫猫(7)

P4207084.jpg


この顔・・・かわゆい!!!


P4207022.jpg


次の瞬間、さきほどまでママ猫が居た場所に、今度は娘猫が寝そべり出しました。


P4207027.jpg


どうも、キリコと同じことをしたいらしい。


P4207028.jpg


あ、自分から手を伸ばしました!初めてですよ。


P4207029.jpg


喜んだこちらの「気」に気づいたのか、一瞬、思案げの表情に。


P4207030.jpg


すると、はじけたかのように、遊び出しました。
五日間の警戒心と緊張が取れたのか。


P4207033.jpg



この後、三匹はまるでずっといっしょにいたかのように戯れるのでありました。

続きは、明日。明日の夜、いよいよ、飼い主さんがお迎えに来られます。
さぞかし抱っこして抱きしめたいことでしょう。
だって、こんなに愛らしくてお利口な愛猫さんだもの。



★このブログ記事は、予約投稿記事です。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。