スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都知事選挙・・・・二人のうち一人が行かなかった低投票率の意味

P2103688.jpg


ということで、「マスコミ報道主導選挙」としては事前の読み通りの結果になり、
当選された升添氏には「ご当選おめでとうございます」ですが、
投票率が50%にも及ばなかったという低さ(46・14%)は、
都民有権者の二人に一人が投票に行かなかったということで、
外は凄い雪だし、ソチオリンピックも始まったし、ということで、
ご自宅で五輪観戦しておられた有権者も多かったのでしょう。

これって、候補者や選挙関係者は別として、東京都民の半分にとって、
投票日に雪が降ったからというより「どうしても選挙に行かなければ・・・」という、
差し迫った危機感を特に感じていない状況だということ。

そもそも、猪瀬都知事に突然降ってわいた「5000万円問題」での辞任を受けての選挙。
多くの有権者にとっては、猪瀬都政に特に不満があったわけでもないので、
ここで都政を大きく変換しなければ、といった状況でもない以上、
程ほどに能力ややる気があって中庸というか、専門店ではなくデパートというか、
悪くならなければいいのでベターに決まるだろうという空気。
次点にダブルスコア―での差をつけての勝利は、投票率がいかに低くても民意。

けれど、いつの日か政治の非情さが猪瀬前都知事のように、
升添氏の上に降りかかないとも限らない。猪瀬氏同様、升添氏にもバックボーンはないに等しいので、
氏を守るのは都民からの支持と人気ということになります。
都民のためにご尽力いただきたいものです。


ところで、以下の会見では思わず笑わせられました。


P2103670.jpg

出馬の背景にある事情を有権者に説明しないまま(できないまま)での突然の出馬で、
選挙中の候補者討論会をしないでもいいという方向付けをしてしまった張本人。


P2103671.jpg
P2103672.jpg


いかに殿とはいえ、こんなことしか言えないとは呆れました。
特定の候補者への支持を減らすことにのみ貢献したような立候補でしたが、
選挙中に「原発を争点にさせまいとする力」が働いたかどうかより、働いたと感じたとするなら、
元総理としては恥ずかしい限りの敗戦の弁ではありますまいか。

感じ方の相違ですけれど、京都にいてさえ感じられたことは、
原発即ゼロという細川元総理の選挙報道はそれこそ、
何らかの力が働いているとしか思えないほど多かったです。

こうした御仁が「原発即ゼロ」という1イシューで登場したばかりに、
割を食ってしまったお一人がこちら。なのに、


P2103676.jpg
P2103692.jpg

こうした感覚というのは敗者の弁としてはあまりに受身で解せないですね。
何より「大健闘」だったというのは、共産党特有の敗戦の弁で、
党勢拡大が優先なので選挙に勝つことなど毛頭考えていないわけです。

こんな党といっしょに候補者を推薦したのが、先細りに拍車がかかる社民と生活の党。
政策だけを考えたなら、これら3党はいっしょになった方が分かりやすい。

さらに笑えたのはこちら。

P2103690.jpg


政策を「絞り過ぎたようなきらいがあると思う」に爆笑。絞るも何も最初から、
政策も立候補の理由も細川元総理は「原発即ゼロ」オンリーと言ってよい。
絞るという言い方も、「ような」という日本語も使い方を間違えています。
最初から絞り込まねばならない数量がそもそもなかったのだから。

この機会に、政治家にはぜひ反省してほしいことがあります。
断定による責任を回避しようとするあまり、不正確な表現という愚を犯すこと。
もう、呆れるのを通り越して認識能力がないとしか思えなくなります。

そもそも候補者選びに問題はなかったのか。同日に党の全国大会があり、党首が一人、
国民の暮らし重視を懸命に唱えている一方で、都議会議連のこのような選挙への姿勢、
政策も何もないまま劇場型に飛びつくという軽さは、同じ軽さながら、
もうどうにもならないですね。

余談ながら、その党大会の様子、
どこぞのカルトの集会かと勘違いしてしまったほど異様に感じられました。
   ↓

民主党党大会 2014.2.8
(民主党・2月9日開催 福島県郡山市にての党大会の様子)



さて、ネットでは熱烈な支持者が多かったように感じられたこちら。

P2103678.jpg
P2103679.jpg

正直に申せば、選挙というのは「討論会における勝ち負け」で決まるものではなく、
ましてや「人格」が競われるとことではないということ。
有権者もまた、市議会や県議会の議員を選ぶ選挙で国政問題を訴えれても困るわけで、
国の安全保障政策や外交政策を問うような候補者が首長選挙に出てこられても戸惑うしかない。
田母神氏の支持者は氏に都政ではなく国政への出馬を要請してはどうか。

しかしながら、首都の防災が万全ではないことに私も危機感を拭えない一人。
升添新知事には、そこへのてこ入れを実行してもらいたいもの。


P2103677.jpg


今回の都知事選挙、これこそ、勝因における正鵠を射た感想だろうと思います。

それにしても、選挙の最初から最後まで、上記以外の候補者のこと、
とうとうテレビ新聞絵の報道ではほとんど何も分からなかったですね。

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

日ソ首脳会談

P2093653.jpg


ソチ五輪開会式の後に開催された日ソ首脳会談、
まずは、首尾は上々というところでしょうか。


P2093656.jpg


北方領土問題への解決に向けて意欲のあるプーチン大統領ながら、
自分が発したメッセージ「引き分け論」に対しても何の反応も示さず、
あたふたしただけで従来通りの四島一括返還を踏襲し、
メドベージェフにこけにされて終わった日本の前政権への失望と諦めをあるせいか、
日本側の意図に対しては慎重です。


けれど、以下の安倍総理の発言に見るように、


P2093649.jpg


日本を取り巻く近隣国の対日政策の現状を思えば、
安全保障上、この国との関係を良好なものにしておきたい。

国際政治において国益を守る冷徹な目と権力行使の意志を持ち、
知日家でもあるこのプーチン大統領のときだからこそ、可能なこともある。
反日的な国への経済投資を削減して振り替えるくらいの覚悟をもって、
新たな関係の1ページを開き築いてもらいたい。


P2093655.jpg


秋のプーチン大統領の訪日も確認された。
言うまでもないけれども、成果のない首脳会談にしてはならない。
北方領土問題を足かせにしない外交の展開を期待したい。

尖閣諸島に関しては「領土問題は存在しない」という認識の立場は通せても、
現に竹島のように韓国に実効支配されてしまっている領土問題も日本は抱えているわけで、
それを理由にロシアとの関係改善、さらに言えば、経済協力関係を強力にすることは、
北東アジアの安定と平和の構築に寄与すると言える。となれば、
オバマ政権に難色を示させない外交を考えてもらいたい。


P2093651.jpg



仮に、安倍総理に柔道の心得がなかったとしても、
国のトップ同士が信頼関係を築くことは可能なはずだ。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

アメリカ人歴史家が従軍慰安婦性奴隷説の嘘を告発「これは歴史に対する冒涜です」



先入観や偏見を捨てて、まずは最後までお聴きください。
こうしたことを、日本人にまず、知って欲しい。
そして、出来たら、資料はたくさんありますから、ご自分でも勉強していただきたいですけれど、
それが無理なら、せめてここで語られている事実をこの動画で学習し、
是非、お知り合いの方にもこの動画の事を教えてください。

周囲におられる韓国の方におススメするのは、それからです。

テーマ : 時事ニュース
ジャンル : ニュース

慰安婦をユネスコの世界記録遺産に登録申請した韓国朴政権に「正しい外交」を問う・・・・ベトナム戦争下における「韓国軍によるベトナムでの民間人虐殺事件」を広報しよう!

久しぶりに人民日報をチェックしたところ、以下の記事が目にとまりました。

韓国女性家族省は14日、韓国、中国、東南アジア地域に分布する旧日本軍の「慰安婦」に関する記録を
2017年を目処に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録する計画発表した。

日本が自国領土として竹島と尖閣諸島を教科書に記載することを決めたのを受けて、
人民日報の尖閣諸島の領有に対する姿勢も、あの手この手で自説を補強していますけれど、

朴 槿惠(パク・クネ)大統領の日本に対する異様な強行姿勢は、就任以来ずっと続いていますが、
こうなると常軌を逸しているとしか思えません。これは放置しているわけにはいかないと思います。

そこで、日本人的な感性からすれば、過去の事を執拗に暴くのは気が咎めますけれど、
不本意ながら、以下をご紹介します。
韓国軍によるベトナム民間人の虐殺問題の動画です。



★一部、残虐なシーンも出てきますけれど、史実ですので自己責任でご覧ください。

ライダイハン問題←クリックしてご覧ください。

不本意ながら取り上げて広報せざるを得ないと思いました。
折しも、当時の韓国の大統領(暗殺されている)は、
いまの朴 槿惠(パク・クネ)大統領の父親である朴正煕氏なんですよね。

両親が暗殺されるという事件が彼女にどのような影響を与えたのか、
にもかかわらず、父親と同じ政治家の道に進んだ女性の心理と言うのは、
個人的に想像するしかありませんが、並々ならぬ影響を与えているはずです。
大統領の側近には、反日的な親北朝鮮的な人たちが大勢いると聞き及んでいますが、

朴大統領のどこに根拠があるのか分からない日本憎しといった感情的な外交姿勢は、
このまま放置しているわけにもいかないと思われました。

なので、日本政府は外務省を通じて、まずは、ベトナム政府とこの問題に対して会談し、
この事案を国辱として扱わないできたベトナム政府と意見の交換をすべきです。
同時に、関連する国際機関にもこの問題を告発すべきでしょう。

ベトナムの一般女性に対して、韓国軍が行った凄まじい数に及ぶ強姦事件や、
韓国軍によって強制的に慰安婦にされた一般のベトナム女性たちへの、
韓国軍による戦争犯罪として告発する一方で、その犯罪の結果生まれた子供たちに対して、
人権問題として支援を行う方向性で予算を策定してもらいたい。

各国の日本大使館を通じて、ぜひこの戦争犯罪の啓発を行ってもらいたい。
この事案では、アメリカ政府と足並みをそろえることが可能ですから。

外交とは、黙っていては相手に都合のよい期待を抱かさせるのみか、
間違ったメッセージを与えることになります。

韓国は、竹島のことを日本が教科書に記載することを決めたのを受けて、
それを非難し、強烈に撤回を求めてきています。

「日本が韓国側の要求を受け入れないのなら、相応の措置を講じて厳しく対処する」

だそうです。相応の措置と言うのは何なのか分かりませんが、上記の、
日本軍にって強制的に慰安婦にされたと韓国政府が騒ぎたてる「韓国人慰安婦」を、
ユネスコの世界記録遺産に登録する申請もその一つのようです。信じられない神経です。

性病検査などを軍が行った事案を指してそこに「強制性」が認められたと騒いだのは、
朝日新聞でしたが、慰安婦制度そのものを日本軍が行ったわけではありません。
万に一つ、日本軍が強制連行して韓国の一般女性たち少女たちを、
セックス奴隷にしたという事実があるというなら、そのとき、韓国人男性は何をしていたのか。
黙って見ていただけなのか。そうした記録を韓国側も持っていないのはどういうことか。

嘘であろうと何であろうと、百万回言えば真実になる。

慰安婦という売春を親に売られ、あるいは女衒に騙されて体験させられた少女たちは、
その悲しさや憤りをどこにぶつけてよいのかわからない。そうした隣国の犠牲者に対して、
日本政府は日本的な≪配慮≫から官房長談話として発表してしまったけれど、
その結果が、今日に至る反日をあおる材料にされてしまっているわけです。

そうした日本国内でしか通用しない≪日本的な配慮≫や≪日本人的な対応≫が、
いかに相手国との間に要らぬ禍根を残すものになったか、わたくしたちは知るべきです。
真実を直視したところからでないと国と国との関係など、良くなるわけがない。

外交には国益がかかっているのです、国益を賭けての外交です。
韓国や中国の姿をご覧になれば、そのことが良く理解できるはず。

反論しなければ、どんな嘘も真実にされてしまう。そして、
反撃しなければ、国というのはどこまでも舐められるのです。
これは危険なことです。舐めた国も舐められた国にとってもリスキーです。

だからこそ、近隣国との親睦を考えるなら、舐めさせず舐められることを許さず、
日本(政府)は、歴史的事実である韓国軍によるベトナム人虐殺という史実を提示して、
これを戦略的に提示して取り扱い、そして、日本の「積極的平和主義」の一環として位置付け、
異常な対日姿勢を続ける朴政権に対して≪正しく≫反撃すべきでしょう。

このブログをお読みくださった方は、ぜひ拡散にご協力ください。

テーマ : とっても気になる事
ジャンル : ニュース

沖縄名護市長選挙で見えてきた「政府の覚悟の弱さ」

稲峰進


稲峰陣営が、選挙戦において基地反対闘争そのもののような演説ではなく、
有権者に対して「交付金に頼らなくてもやっていける!」
という演説に切り替えたとき、末松陣営は、
なぜ危機感を持たなかったのだろう。

沖縄の住民有権者がこれまで基地の受け入れを了解してきた理由の核心は、
原発誘致同様、地域の経済活性化の資源となる国からの補助金であり、
まさに「交付金」である。安心安全と引き換えにしてきたのは、
基地を国家の安全保障政策として受け入れに甘んじてきたのも、
暮らしの経済を優先させたからであり、
暮らしの経済とは、交付金を意味していたのであり、
そこに切り込んだ演説は戦術として見事だと思いました。

稲嶺市政は、この選挙の結果を受けて、
返野古への基地の移設拒否闘争と同じくらい、
交付金を必要としない政治を実現してみせなければならない。
これは、単に、市制の無駄を省くだけでは実現できない。

当選後、稲嶺氏は、辺野古移設を白紙に戻し、
基地は最低でも県外、できれば国外(移設論)に戻すことを主張し、
辺野古埋め立てが前提の協議や申請はすべて拒否すると語ったが、
名護市の住民の暮らしをどう活性化するかについては語らなかった。


末松文信氏


選挙の勝敗を分ける要因の一つに、
「玉」と呼ばれる候補者自身の持ち味があります。
その候補者のキャリアや政策だけではなく、その候補者の人間性、
誠実さや信頼性、行動力や情熱といったものばかりではなく、
愛されるという魅力と言えばいいか、欠点があろうと、
あいつなら仕方がない、あの人なら応援しようと思わせてしまう魅力。

それがないと、選挙で負けると「玉が悪かった」ということになる。
この末松氏のことは存じ上げないので、
玉としてどうだったかを語る資格はわたくしにはないけれど、

前政権の民主党が混乱させるだけ混乱させて終わった普天間基地問題という、
世界一危険な飛行場とまで言われた普天間基地の移設の是非、
それを問う一連の沖縄での選挙の始まりの一つであった選挙において、
移設推進派にはどれほどの覚悟があったのだろう。

選挙戦術を眺めると、それが見えてくる。

候補者の擁立の遅れと言われる背景を考えると、
推進派の選対には求心力となる人物が不在だったのではないか。
ということをつい考えてしまう。
国政選挙並みの求心力となる人物に求められることは多々あるけれども、
玉と言われる候補者以上に人間的な魅力が求められたりする。
そこには裏切りを許さない恐れというものもあり、
それは、ひとえに「勝たせるための覚悟」による。


そうした人物が不在の選挙、あるいは仕切らない選挙になると、
表現は悪いが、選挙には常に付き物の「裏切り」が横行する。

名護市長選における敗戦の最終的な責任が、
推進派を支援した政府にあるとすれば、

政府にも安倍総理にも求心力がなく、
別の言い方をすれば恐れられていないということになる。
いかに国家目標としての経済成長問題であろうと、
デフレ脱却へに強い意志を示すだけでは、宰相としては不十分であり、
裏切りが政府内でも横行し「つなぎの宰相」となってしまうかもしれない。


plc14012000550001-p1.jpg


普天間基地で事故が起こらないよう祈るばかりだ。

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。