スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えさせられた映画「キャプテン・フィリップス」

今夕、歯科治療が一段落したので、深夜映画で観て参りました。
やっと、観てきたという感じがするのは、この映画が、
ソマリア海域で多発している海賊行為でのアメリカ人船長人質事件という、
2009年に起こった実話を描いた映画なので、観る前に、
公海における日本のこうした事態における対応策の現状を確認し、
それから観ようと思ったためにちょっと時間がかかったからでしょうか。


Captain_Phillips-Tom_Hanks-Poster-001.jpg
(上映中、トム・ハンクスが出てくるたびに「似てる!おじちゃんに似てる!」と隣でうるさかった娘!
おじちゃんとは、わたくしの実弟のことなのですけれど、そうなると、わたくしはトム・ハンクスの姉か?)


本作は、無論、映画なので(ドキュメンタルフィルムであったとしても)
実話を再現したといっても脚色されている部分は当然あり、
ドキュメントフィルムであっても編集時には脚色されるので、
映画としての臨場感と現実のそれとは当然異なるわけですが、

こうした事件が現実に起こったものであればあるほど、
海賊に拉致されたコンテナ船の船長がどのように救出されたのか
という事実もまた現実なわけで、

だからこそ、映画のような「事実」を前にして、
アメリカのネイビーシールズのような特殊部隊を、
なかなか整備してこれなかった日本の場合は、
はたしてこのような事件に遭遇したとき、どうなるのだろうと。

海上保安庁や海上自衛隊の活動の枠を広げる上での法整備を、
長年求めてきた一人としては、そうしたことを考えないわけにもいかず、
個人的に、この映画を単純に映画として楽しむ要件を満たせずにきました。


poster2.jpg


しかしながら、さすがトム・ハンクスが主演を決めた映画です。
原作があるようですが、(原作は、ネタばれになるので臥せますが)

監督のポール・グリーングラスは
緊張感の連続した映画制作では定評のある監督。
この二人がタッグを組んだ映画とあれば、当然、
娯楽性の高いアクション映画『ボーン・アイデンティティ』よりは、
日常性がいきなり破壊される緊迫感を描ききった映画『ユナイテッド93』に
より近いかなと想像していた通り、本作は、

CIAの特殊工作員だのFBI捜査官だのSWATなどという主人公と違って、
ある意味、普通の職業人であるコンテナ船の船長と乗組員という、
いわば、一般市民たちであり、そんな彼らが「襲撃される」わけですから、
その船長たちの体験した恐怖は、街中でのテロやハイジャックなどと同様に、
わたくしたちと地続きのもの。

それだけに、他人ごとではないものが前提になっているので、
そこで彼らが味わった恐怖と不安、
対応不可能な混乱を体現してみせた主演のトム・ハンクスの演技は、
十分に観る側の共感を呼ぶと思いました。
凄まじい熱演だったと。

映画館での大画面で見た救出劇は、それゆえに、
まさに緊迫感あるふれもので、
全てが終わった時の安堵感と疲労感もまた、
地続きなのでありました。

この救出劇で命を懸ける兵士たちこそ、
アメリカ海軍の精鋭部隊とされる兵士たちですが、
米海軍の中でもわずかしか選ばれない精鋭集団なだけに、
そのテストの内容も凄まじいですけれど、
実戦での精確度というものも凄まじいものがありました。

彼らはアメリカ映画ではお馴染ですけれど、
世界にビデオが公開されたあのビン・ラディン殺害の部隊でもあり、
存在も活動も絵空事ではないのですよね。
味方であれば相当に心強いけれど・・・

本作が海賊行為を働いて生きる人たちと
人質になった側のコンテナ船の従業員たちとの立場を、
善悪で色分けしていないところ、そこも
このコンテナ船の船長に対する共感を呼ぶ背景にあったと思います。

ソマリアという地の沖合の海域で多発している海賊行為を働く人たちも含めて、
そこを通過して荷物を運ぶ船舶の乗務員も皆、生きるために、
家族を養うためにそこで働かざるを得ないということも、
改めて感じさせられ、平和に暮らせる日本にいる幸運を痛感しました。

映画を観終えた後、娘がぼそっと口にしたこと。

アメリカって、
この映画でも海賊行為に対して許さない!
という姿勢を示しているけれど、でも、
パイレーツ・オブ・カリビアンを作ってるのも、
アメリカなんだよね、と・・・・・う

それをいうなら、日本にも「ワンピース」があるぞと。
まあ、いずれもファンタジ―だから、
ということで。


以下、ご参考までに。


★アメリカ海軍特殊部隊特殊戦コマンドネイヴィ・シールズについて ⇒ United States Navy SEALs
日本の特殊部隊
★概略ですが、比較のご参考に ⇒ 世界各国の特殊部隊

日本の有事法制関連 ←こうしたものを普段読みなれていない多くの日本人は、
いざとなったとき困るのではないかと案じていますが、
電車に乗ったときのアナウンス同様、日本人は過剰なまでにとても親切なので、
大丈夫なのかもしれません。

有事法という三法律は普通に読んでもよくわからないようになっているので、
当時、丁寧なガイドブックが無料で配布されたものでした。
皆さま、お持ちですか。

これらの法律の中の一つ、
武力攻撃事態法と称される法律、正式には、
「武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律」
という長ったらしいものですけれど、
そこに書かれている「国民」の中に、以下の日本人は、
含まれないということも知っておきたいです。

すなわち、外国において、または国内で不通に暮らしている時に、
外国(政府や軍や実行犯)によって拉致された国民は、
そこに含まれないということです。なので、

在外の日本大使館を始めとした政府施設で働いておられる方、
海外勤務の日本人や留学や遊学で海外にいる日本人が、テロなどにより
人質にされた場合、また、同様に、

公海上で襲撃された日本国籍の船舶や日本人も、
そこが公海上であっても実行部隊により救出されることなどはありえず、
この法律の「国民」には含まれていないということも、
胆に銘じておきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : オススメの映画
ジャンル : 映画

いつでもどこでも誰かと繋がっていたい現代人のための映画・・・映画「ムカデ人間」

676286.jpg


家でも学校でも職場でも、居酒屋でもカフェでも、
電車に乗っているときも歩いているときも信号待ちしているときも、
誰かといっしょに食事をしている席でも、
そこで相手が話をしているときでも、
お構いなしに携帯やスマホをいじり、
脳内での独り言のおしゃべりをやめられない人たちに、

この映画はおススメであります。

絆が大事だと言いながら、
目の前の家族や友人や学友とは話さずに、
昼間いっしょにいたはずのクラスメートとは語りあわず、
ツイッターやフェイスブックでなら延々と、
楽しくおしゃべりできるという人たちに、

おススメしたいなあという映画が、この「ムカデ人間」です。


目の前の相手に関心がないのだとしても、
目の前の恋人にもう関心がなくなったのだとしても、

目前の相手には話しかけず笑いかけることもせず、
ネットのチャットで見知らぬ相手に(^^)を連発する人たちにも、
この映画はおススメかなと思います。

ご夫婦で同じ家にいるのにお互いに別々の個室でパソコンの画面を見ながら
ネットでの会話をやめられないあなた、
一日に何度も何度もフェイスブックを開いているあなた、
ツイッターで暇なし独り言をつぶやいているあなた、

リアルな人間関係には配慮しないのに、あるいは、
そんなリアルな人間関係では絆を作ろうとしない人たちに、けれど、
いつでもどこでもネット上の誰かとつながっていたい人たちに、
この映画を、ホント、おススメしたいなあと思いました。

ネット依存症になっている人たちに、
そんな自分をクールに眺められなくなっている人たちにも、
この映画を贈りたいと思います。

いわゆるスプラッター系ホラー映画ですから、
そういう映画は駄目という方たちにはおススメしないのですけれど、
かなり危ない映画ながらかなり笑えましたので。

ご案内サイト⇒ ムカデ人間公式サイト

★鑑賞は自己責任でお願いします。ただし、おススメしたいのは「1」であります。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画「終戦のエンペラー」(ほか2本)を観てきました。

映画「終戦のエンペラー」(←クリックしてご覧ください)を観てきました。

終戦のエンペラー

アメリカが作る映画にありがちの時代考証のでたらめさ、
特に、日本を扱う映画におけるその惨さを、
実は、心配しておりました。

たとえば、真珠湾攻撃を取り扱った「パール・ハーバー」では、

ea54f4e5 (2)

帝国日本の御前会議が、何と野原で行われていたし、
その近くで着物姿の子供たちが凧あげをしていましたもん。

戦国時代と大東亜戦争当時の日本は同じか!?
と突っ込みを入れたくなるほどの代物で、
これが、「わざと」でなければ、あまりのでたらめな時代考証に、
呆れ果てる日本人は多かったろうと思われますが、
愚息などは、エンターテイメントぶりに笑い転げておりました。
わたくしは、正直、不快でしたけど。

映画「ラスト・サムライ」でも、

ea54f4e5 (1)

明治天皇の居城が、まるで、どこかの料亭の離れのように描かれていて、
日本に対する時代考証がここでもあまりに出鱈目だったので、
この映画でも同じような傾向が見られるのではないかと、
そうだったら嫌な感じを抱くだろうなあと。

けれど、そうした思いを押して観ることにしたのは、
これまで、戦争時終戦時の昭和天皇を描いたまともな映画が、
日本ではまともに作られることなく、

太陽

アレクサンドル・ソクーロフ監督の映画「太陽」が、
記憶に新しい・けれど、桃井かおりが皇后陛下を演じるというキャスティングミスで、
とても見られるものではなかったですけれど、
それでも、外国と外国の監督によって製作されたものしかないからで、
どう描かれているのか、やはり見ておこうと思ったからでした。

不覚にも、映画ラストで込み上げてくるものがあり、
思わず涙してしまいました。

このところずっと映画情報のチェックから遠のいていたので、
初めてこの映画の情報をチェックしたところ、
監督が、以下の映画を製作したピーター・ウエーバー監督でした。

MV5BMTIzMTA0NTM4NF5BMl5BanBnXkFtZTcwNjY3ODM0MQ@@._V1._SX148_CR0,0,148,200_

MV5BMTU4NjU3NjA0N15BMl5BanBnXkFtZTcwNjI4MTQyMQ@@._V1._SX148_CR0,0,148,200_

どちらも好きな映画!このような映画を製作する監督のセンスも
とても気に入っていたので、本作がこの監督だったことに唸らされた次第。

それにしても、日米双方の視点が織り合う映画になっている点に、
あらためて驚かされました。このような視点を持つアメリカ人が、
アメリカの映画界にいるのだろうかと。いたとしても、
実際に、そうした映画が製作できるのだろうかと。

そうしたら、本作のプロデユ―サーが日本人だったんですね。
奈良橋陽子氏の企画に、ゲイリー・フォスター氏と野村祐人氏というお二人が、
プロデューサーとして参画。そして、ピーター・ウエーバー監督を迎え、
日本人スタッフの多大な協力を得て完成したという映画でした。

このように、映画界でも日本人が育ち活躍する力をつけていることに、
深く感動してしまいました。
この夏、おススメの1本です。
正直申して、「風立ちぬ」などよりずっっとおススメの映画です。


ちなみに、映画「風立ちぬ」も見てきましたが、
予告にどれだけの費用をかけたのか分からいけれど、
予告詐欺みたいな映画だったなあと。

宮崎駿監督が、いかに飛行機が好きな少年だったかは分かった!!
という、言って見ればそれだけの映画だったと思われ、
お金返せでありました。お好きな方には申し訳ないと思いつつ、
そう言わざるをえない独善性は受け入れがたかったです。

ジブリファンにとっても、本作の「風立ちぬ」は
ハウルの動く城の二番煎じみたいに感じられるのでは?

堀辰雄も荒井由美の歌も本作には関係なく、
映画のイメージ戦略的な小道具で終わっていたなあと。


それで、お口直しでもう一本、映画を見てきました。
「ワイルドスピード ユーロミッション」で、すっきりして帰宅。
以下、ご参考までに。(ネタばれになるので、委細は省略)

o06400320130508ktactionhage.jpg
(あり得ない共演!?)

か―チェイスやアクション映画ファンの一人としては、来年が待ち遠しい。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

映画「人生万歳」(原題「Whatever Works」)

P4143403.jpg

今日戻る予定ですが、予定は未定。なので、いまだ留守だったときのために、
映画のご紹介をしておこうかなと。

ウディ・アレンの映画だなんて、何十年ぶりかしら。
と思いながら、映画研究会の4月上映映画「人生万歳」を、
京都を留守にする前に見て参りました。

ニューヨークを舞台としたコメディ映画という案内でしたので、
つい、昔の映画かと思って見たわたくし。
「今見ても、ウディ・アレンの映画って新しいのね」
などと感心していたら、何と2009年制作。
驚いちゃいました。何に驚いたのかと言えば、
ウディ・アレン監督がいまだご健在だったことに驚き、
昔以上に、厭世感たっぷりというか、
毒舌のブラックユーモア乱発ぶりに驚き、
やりすぎの感のあるステレロタイプな人物表現にも、
少なからず驚いてしまった次第。
たとえば、主人公の同棲相手(やがて結婚)の娘の母親など、
見るからに共和党支持者の南部の家庭婦人ながら、
それが、NYで、自分の才能を発見してくれた男性と
そのまた友人の男性二人と幸せな同棲生活を送る女性に変身したり、
その夫である全米ライフル協会の典型的な会員たる南部男が、
NYに来て、自分が実はゲイであることに気付いていき、
女性と離婚した男性と出会って恋人同士になり、
ヘテロセクシャル人間とも友情を気付くようになるといった次第。
笑えるようで笑えない陳腐さ、
笑えないようで笑えるブラックユーモア・・・

帰宅後、ウディ・アレンを検索。
いま、77歳というので、この映画を製作されたのは73歳。
ウディ・アレン監督作品はしばらくウオッチしてなかったので、
浦島太郎みたいな気分でしたが、
残りの近作も見ておこうかなという気持ちになったことは確か。
う~ん・・・ウディ・アレンかあ・・・

★お気軽に1クリックいただけたら幸いです。
  ↓

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画「ウィンストン・チャーチル」

127271576201416227984.jpg

以前、時間が出来たときにアップしようと思っていた映画、
チャーチルの映画をまた見てしまったので、
この機会に、感想をアップしておくことにしました。

2009年制作の「チャーチル 第二次大戦の嵐」(←クリックしてご覧ください)
原題は、「INTO THE STORM」(嵐の中へ)。
監督は、リドリー・スコット監督とトニー・スコット監督。

E38381E383A3E383BCE38381E383AB.jpg
(チャーチルを演じたブレンダン・グリーソン)
★ご参考までに⇒チャーチル

この近年、イギリス女王を映画化した二つの映画、
「エリザベス」と「クイーン」を始め、
現女王の父王であるジョージ6世を映画化した「英国王のスピーチ」、
また、メリル・ストリープが演じて評判となった
故サッチャー首相を映画化した「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
(原題: The Iron Lady)など、映画作品がイギリスづいてます。

わたくしには、個人的な関心として、
本作の映画の内容よりも、
こうした動向の方が気になっています。

いまの若い方たちは、高校の英語や世界史の時間に、
彼のことをどのように習ってきているのでしょう。
チャーチルは帝国日本の敵方のリーダーでしたが、わたくしたちは、
彼を英雄として、つまり、戦時における優れたリーダーとして、
教わったものでした。残念ながら日本にはいなかったリーダーとして
チャーチルは願望の対象だったのかもしれません。しかしながら、
では、彼のようなリーダーをどうしたら育成できるか
といった発想はついに今日に至っても聞かれません。
どうしてなのか、不可解ですが、

敗戦国となった日本の国の後裔の一人として、
この映画はどのようなことを考えさせるのか。
この映画を見た若い人たちはどう思うのか。
ぜひ、若い方たちに聞いてみたいですね。

それにしても、アメリカでは子供たちに、
南北戦争の英雄たちのことを小さいころから教え込んでいるのに、
なぜ、自国のそうした政治家や将軍を映画化しないのかと思っていたら、
やっと出来た映画が「リンカーン」でした。
アメリカは、厚みのある歴史に、
飢え始めているのかも。


★書いたまま、投稿するのを失念していました。

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。