スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老蔵の映像美にうっとりする海老蔵ファンのための映画・・・「利休にたずねよ」

PC110447.jpg


昨夜、「47RONIN」を見て、
思いがけず、楽しませてもらったなあと。

その感想をしたためる前に、こちらを失念しないうちに書いておきます。
先週、公開日に見て参りましたが、
ドラマ性を期待される方には不向きな映画だろうと思われたので。

映像美、徹頭徹尾、海老像ファンのための映画だなァというのが、
観終えたあとの感想でした。
和服姿のご婦人のグループ姿が見られる映画など、そうそうありませんけれど、
皆さまはかなり満足なご様子でした。

本作「利休にたずねよ」は新しい利休像というキャッチコピーでした。が、
原作を知らないわたくしとしては、茶人の利休が主役であれば、
当然、茶道具や茶室も出てくるだろうと、
それを眺められたらいいなあという密かな楽しみがあり、それは、
満たされた気がします。


PC110451.jpg


どこの茶室でロケをしようと再現された茶室であろうと、
その茶室を眺められるという期待もさることながら、
映し出される茶碗や所作を眺めるとき、思わず、
利休の思いを推し量ってしまう。そのように、
映像が展開する映画でした。

なので、ドラマ性は、見ている側の心の中に生じ展開する。
そういう映画なのかと思っていたら、
いきなり、高麗美人が登場する追想場面になり、
その追想の中に、序・破・急ありで、
映画全編としては、序・破・序というものだったなあと。

全編、古色をかけたかのような映像で、
映像美というものを堪能させてもらえました。

そして、冒頭の、団十郎と海老蔵のツーショット、
これには、思わず、胸が衝かれました。


団十郎2


団十郎、本当に、良いお顔でした。
もう、鬼籍に入られたのだと思うと、込み上げてくるものがあり、
何の映画を見ているのか分からなくなったほど。


本作の感想を、最後に一言申し上げるなら、
利休の秘められた恋の話、利休若かりし頃の高麗美女との追想シーンは、
正直な感想として、要らなかった。
あれで、利休のイメージが完全に浅くなってしまった。

信長も秀吉も軽量級の味のある役者でしたから、
その分、美に殉じる茶聖の存在感を海老像自身の美によって演じさせる。
それが可能だったはずで、静の場面と動の場面の対比もまた、
利休の内面を追うことで可能だっただろうと。
それが描かれ得たなら、それだけで十分だったのではないか。

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

早く見たい映画(2)・・・「利休にたずねよ」

main3.jpg


海老像の映画は、「一命」(三池崇監督)以来です。
この「一命」のときと違って今度は誰とも比較しないで済む分、
観る側のこちらも気が楽なせいか、
この週末がとても楽しみです。

PC110446.jpg

PC110454.jpg


PC110442.jpg



公式サイト⇒「利休にたずねよ」


そういえば、
映画「武士の家計簿」の第二弾ともいうべき
映画「武士の献立」(朝原雄三監督)は来週から公開されます。

こちらも楽しみな映画ではありますけれど、
算盤が包丁に代わっただけという、
「武士の家計簿」の二番煎じのような印象は否めない分、
そんな先入観を打ち破ってくれることを期したいところ。

このところ、日本映画、面白くなってきたなあ、
いわゆる「良い映画」と違って「面白い!」
そんな思いになっていらっしゃる方、
多いのではないかしら。

映画「清州会議」もとても楽しめました。
三谷幸喜監督作品の中で、本作が一番良い。
無意味なドタバタの退屈な時間もなく、
実によく出来ていたなあと拍手。


テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

早く見たい映画(1)・・・岡倉天心を描いた映画「天心」

PB299876.jpg


いよいよ12月、ここ京都でも上映される映画「天心」
竹中直人が天心を演じると知った時、正直、違和感というか、
新鮮味に欠けるかなあという思いがあったのですけれど、
(テレビの鬘か何かのCMに出ていたイメージのせいかも)、

竹中直人は、いかにも天心という天心を演じてくれるだろうと思いますが、
そんな主演の竹中直人と違って、
キャストを眺めて改めて感じたことは、この映画、
天心を演じる主演の菱田春草を演じる平山浩行という俳優次第かな、と。

どんなふうに春草を演じて見せて(魅せて)くれるのか・・・
春草のファンとしてはいまからとっても楽しみ!


★12月21日から来年の1月3日まで、京都シネマにて上映

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

楽しめそうな映画「清州会議」

前ブログで「時代祭」の「安土桃山時代」のご紹介を終えましたが、
その折のご紹介で、≪清州会議≫に触れましたので、この機会に、前からご紹介しようかなと思っていた映画、
三谷幸喜監督の新作映画をご紹介させていただきますね。


清州会議2


もうじき、公開です。映画「清州会議」(←クリックしてご覧ください)

三谷監督なので、シリアスな作りの、
いわゆる「本格派」時代劇を期待される方には不向きかなと思いつつ、
このキャスティングを見ただけで、見たくなりますよね。

ちなみに、
柴田勝家を演じるのは、役所広司、秀吉役は、大泉洋
大泉洋といえば、「探偵はBARにいる」面白かったですね。
丹羽長秀は、小日向文世
などなど。委細は、リンク先を眺めてみてください。
かなり、笑えそうな感じがします。


監督の自信作のようなので、
さぞかし笑わせてくれるだろうし唸らせてもくれるのではないかと。
いまの日本映画界で光っているこれだけの俳優女優を集めたのですから、
楽しめそうですよね。楽しませてもらわなきゃ、であります!

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

映画「天使の恋」

ph3.jpg

この映画の口上は以下の通り。

ヒロインの理央は、女子高校生。クラスメイトたちが「憧れる」存在。
今日もいじめにあっていた友子を助け、
いつも遊んでいる3人組の仲間に入れてあげた。
あまりに華やかな暮らしをしている理央たちに感動する友子。

「自分のおこずかいはちゃんと自分で稼いでるよ。友子も働く?」

しかし、バイトというのは「援助交際」だった。

自分の体も、人の心も、利用できるものは全部使ってお金に変える。
そうして高級ブランドものを買いあさりおしゃれする女子高校生、理央。
そんな17歳の女子高生が、冴えない中年男の大学教授に、
初めて恋をする・・・その恋の物語。コミックの映画化とのこと。

★ご参考までに⇒「天使の恋」

監督・脚本/寒竹ゆり
出演/佐々木希、谷原章介、山本ひかる、大石参月、七菜香、加賀美早紀ほか

こういうストーリーって、女子高校生を対象に作られるのかしら。
案外、中年男性に隠れたファンが多いのではないかと思われるほど、
男性にとってたまらないものがあるのでは?

こんな可愛い高校生に、
好き!になってしまったのと言われるどころか、
一緒に生きて行きたいと言われ、
年齢差を忘れてと求愛されのですから。

こうした男女の逆転版が作られないのは、何故なんでしょう。
誰もそんなものは観たがらないから?

ちなみに、主人公の女子高校生を演じている佐々木希さん、
「最も美しい日本の美女」
(←クリックしてご覧あれ)として、
何と人民日報で!!紹介されていました。

こうした女の子への趣味って、
政治を超えて伝染し共有されるものなら、日本も、
習近平夫人に負けない女性を送り出すことが可能かもしれません。

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。