スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災時の「率先避難者」(2)・・・和歌山県串本町の心構え

P3105083.jpg


今度は、同じ串本町の小学校の「毎日の」「避難訓練の」ご紹介です。

早い!そして、速い!


P3105073.jpg

これにも驚きました。皆さんはこれまでどんな避難訓練を体験してこられましたか。
こうした訓練時には、決まってふざけたがる年頃の子供たちもいるだろうに、
ギャングエイジと言われる小学3,4年生も真面目に真剣に走っているのです。

ここ串本町は東南海大地震が発生したら、
その直後の大津波の襲撃まで3分の猶予しかありません。
こうした地域は、この串本町に限った話ではありません。
去年の夏、旅をした高知県でも同じはず・・・・


P3105086.jpg
P3105075.jpg


その避難所まで3分以内に辿りつかなければ、大津波に飲み込まれてしまう。
だから、避難路を毎日、走る、そこにある長い石段を懸け登る・・・・
早く避難に取り掛からないとだめなんです。速く走れるようにならないとだめなんです。

だから、「毎日」訓練しているのです。


P3105087.jpg


授業の進行の妨げになるなどと言う親や保護者やいないに違いない。
校庭まで2分、避難所まで3分、集合場所での点呼に数分、掛ける2という時間を、
命を守る「率先避難者」になるためのその時間を、惜しまなければならない理由がどこにあるだろう。

ここにはモンスターペアレンツなど、存在しようがない。



P3105076.jpg


親なれば、先生の言うことをちゃんと聞いて、まじめにやれと、
そう諭すことでしょうし、こうした労を惜しまない学校と先生に対して信頼し、
わが子を学校に行かせることに安心し感謝の思いこそ抱くはず。

夕食の場では、今日は3分以内に山頂に着いたと報告する子供に、
親は、よく頑張った、明日も頑張れと、自分の命は自分で守れと、繰り返し教えることになる。
そして、震災時の対応についても家庭での話し合いが広がっていく。


P3105088.jpg


子供たちを避難率先者にする指導と教育は、決して自己中な子供を育てない。
ここでは、命の尊さは皆同じだということを頭と心と体で学ぶことができるからです。
毎日走れば、脚力もついて丈夫にもなる。
子供たちがそれぞれ3分以内に避難所に辿りつけば、一体感も生まれるに違いない。

いじめや不登校や登校拒否の子供もいなくなる。

自分の命が助かったとき、友達や他の人たちの命も助かって欲しい。
周囲にも目が向いてくる。


P3105080.jpg


温厚で物腰も柔らかいな先生ですが、本気です。

P3105085.jpg


本気で、学校にいる子供たち全員の命を、地震後の大津波から守るために、
毎日、いっしょに避難所まで走る訓練をしておられる。

どこかの学校でのように「こなす学校行事」としての避難訓練ではないんです。
真剣なんです。本気でやっておられる。

だから、同じ地域の住民の方たちの「思考」が動き出すのです。




P3105079.jpg


津波がきたら、そのときは仕方がないと言っていた地域の方たちの心が覚醒し、
高齢者もお身体がご不自由な方たちも、死ぬ時は一緒だからと言っていた方たちも、
それまでの思考停止状態ではいられなくなったのです。

ふうふう言いながら時間をかけて石段をやっとこ上っていたという方たちも、
この「毎日」の30分間程度の訓練によって、毎日参加できるわけではなくとも、
参加していくことによってどんどん足腰が鍛えられてきているようです。


P3105081.jpg


ご高齢者の方たちの表情が、以前とはまるで別人でした。

途中から見たので、どれだけの時間をかけて取材された番組かは分かりませんでしたけれど、
震災から3年を迎えた特集番組の中で、もっとも印象的で心に残るものでした。

希望が、そこに見えたからだろうと思います。


P3105084.jpg


多くの方にこの串本町の小学校の取り組みを知っていただき、
学校や幼稚園保育園で始まった「毎日の避難訓練」の実践にヒントを得て、
自分たちにできることをお考えいただけたらと思いました。


P3105054.jpg


東北には「いのちてんでんこ」という言葉があります。
それが風化した矢先の大震災でもありました。だからこそ、
子供たちを「避難率先者」とする訓練と指導を始めていただきたいと切望します。
この和歌山県串本町の心構えが、県内に、そして、他県にも広がっていくことを期してやみません。


★しばらく不在のため、本記事も予約投稿によるものですが、異論反論でもコメントをいただけたら嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

震災時の「率先避難者」(1)・・・和歌山県串本町の心構え

P3105054.jpg


東北大震災から3年を迎えたということで報道された特集番組の中で、
思わず見入ってしまったのが、この和歌山県串本町のある幼稚園での試みの紹介番組でした。

何と、震災時の避難訓練を「毎日」実施しているのです。
毎日!!!です。それで思わず見入ってしまいました。


P3105055.jpg


避難訓練だからといって、参加することに意義があるといった退屈さなど皆無。


P3105057.jpg


子供たちは、先生の合図で、やりかけのことがあっても、
「迷うことなく」「一斉に」「躊躇なく」避難先の山を目指して走り出しました。

なぜ、避難所を目指してそうした行動が出来ているのか。
その子供たちの声をご紹介すると、


P3105058.jpg

P3105059.jpg

P3105060.jpg


鉄は熱いうちに打て、ではありませんが、小さな子どもたちの命を守るには、
自分の命を自分で守ることができるように訓練することがいかに、
実行性と実効性を高めることにつながるか。
それを、まざまざと見せられたように思いました。

「なぜ、毎日なのか」と問われれば、
「だから、毎日なのだ」ということです。

走る、気をつけて走る、山に向かって走る。
長い石段を上る、駆け上がる、出来るだけ早く、です。
そして、全員が津波が来襲するまでに山頂の避難所に着くまでになっていました。


この訓練を指導してこられた先生の言葉がこちら。


P3105061.jpg


というのも、この地域は、東南海大地震が発生したら、
数分後には高さ17~19メートルの津波し、幼稚園を飲み込むと予想され、
この警告に対して現実的な対応をしなければ子供たちを守れないからです。

だから、先生は子供たちの命を守るために、決断された。


P3105062.jpg


あのマグニチュード7とも8とも9とも記録された大地震が、
いかに千年に一度というものであったとしても、
地震直後の津波に対する警戒感があまりにも「避難訓練的」だったために、
多くの犠牲者を出してしまった宮城県石巻市の大川小学校で起こったような悲劇を、
繰り返さないためにどうすべきか。どうすれば津波から命を守れるか。命を守らせることが出来るのか。

これは、津波の警戒区の住民にとっては共通の教訓のはず。

地震直後に幼稚園や小学校と連絡が取れず(地震直後に電話がつながらないのは常識)、
子供たちが避難したのかどうかも分からないまま、
迎えに行く必要があるのかないのか判断することが出来ずに、
車で子供を迎えに学校に向かう途中で津波に襲われて亡くなった方たちが多かった悲劇を、
どうすれば防げるのか。この3年間で、地域や学校や幼稚園や家庭で対応策を考えたのだろうか。


P3105064.jpg

P3105065.jpg

大川小学校の悲劇を繰り返さないためにどうすべきなのか。
町の人々の現状を踏まえて何が出来るのか。

というのも、この串本町も少子高齢化が進んでいる町で、
住民の方たちの中にはこうした意識の方たちが少なくないからです。


P3105066.jpg

P3105067.jpg


気にはしつつも、だからといって、具体的に対応策を考えているわけでもない住民の方たちは多い。
そして、イメージできることは、普段の自分たちの様子からして、


P3105068.jpg


高齢だから、体が思うように動かないから、病気だから、一人住まいだから、


P3105069.jpg


その時はその時だわね、諦めるしかないわね、と口にする。


P3105070.jpg


この「(津波で)としても、そのときは自分ひとりじゃないし」という心証は、
高齢者だからでも、持病をお持ちだからでもなく、思考停止だからなのではないか。

だとしたら、お説教しても駄目で、命は大切になどと語っても無駄なのである。

けれど、津波で「死ぬのはあなただけ(かもしれない)」となると、
そういうイメージが出来てくると、人は変わる。津波で死んでなどいられない。怖くなる。
そこで、思考が働き始める・・・・津波で私一人が死ぬなんてことにならないように。


P3105071.jpg


串本町の幼稚園の先生たちは本気である。
町内の思考停止状態のご高齢者や病気の人、体が思うように動かないという人たちや、
死ぬ時は皆いっしょだろうと口にする一人暮らしの方たちに説教をしない代わりに、
子供たちに裏山の避難所まで走らせる避難訓練を、毎日、実践しておられる。

震災後、初めて目に前が明るくなる報道でした。
次回、串本町の小学校の避難訓練の取り組みをご紹介させていただきますね。


★3月21日より留守をしているため、時事性のない記事のみを予約投稿させていただいています。

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

日本という国・・・・大震災と天皇陛下

3月も下旬に入り、卒業式や送別会、転任や転居で引越し準備で多忙の時期ですね。
今年は特に、消費税の課税前ということで、引越し業者さんも多忙を極めておられる。
わが家も昨日まで荷づくりで、段ボール30個分の荷物を送り終えたところ。
その後、家の中の片付けに追われました。

明日、半年ぶりに帰省しますが、娘は二年半ぶりの帰省で、老親が首を長くして待っております。
先週、お陰さまで娘も大学を卒業し、祖父とは3年半ぶりの再会となります。
3年前、半年ぶりに娘が京都から帰省したとき、あの東日本大震災が起こりました。

帰省を前に、この3年間のことを振り返って参りました。
犠牲者の方たちのこと、家族や友人を亡くした方たちのこと、
当時とその後、そして、現在までの被災(者)支援のこと、
復旧、そして復興を巡ってのあれこれや復興経済のこと、
福島原発事故のこと、放射能汚染のこと、国や自治体や個々人の原発への考えや姿勢のこと、
当時を思い出しつつ、いまを、そして、これからのことを考えて参りました。

そこで、この3月11日に国立劇場で開催された政府主催の「東日本大震災3周年追悼式」での、
天皇陛下のお言葉のことを改めて振り返り読み返してみました。
わたくしは、天皇陛下や天皇制に対して、特に思う所があるわけではない普通の日本人で、
象徴天皇という戦後の天皇陛下のお立場についても、
戦後教育を受けてきた一人としてそれを普通に受け入れている一般の日本人と変わらないですけれど、
当日、あの震災に対するどのコメントよりも、陛下のお言葉が胸に迫り心の奥深くに入って参りました。

せわしない世の中ですから、ネットでは特にもう忘れ去られているかもしれませんが、
ここに、その全文を挙げて読み返してみたいと思います。


   *****   *** (以下、全文掲載) ***   *****   


本日、東日本大震災から三周年を迎え、ここに一同とともに震災によって失われた人々とその遺族に対し改めて、深く哀悼の意を表します。

三年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は二万人を超す死者、行方不明者を生じました。今なお、多くの被災者が被災地で、また、避難先で困難な暮らしを続けています。

さらに、この震災により、原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染地域の立ち入りが制限されているため、多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。いまだに、自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと、心が痛みます。

この三年間、被災地においては人々が厳しい状況の中、お互いの絆を大切にしつつ、幾多の困難を乗り越え、復興に向けて懸命に努力を続けてきました。また、国内外の人々がこうした努力を支援するため、引き続き、様々な形で尽力していることを心強く思っています。

被災した人々の上には、今も様々な苦労があることと察しています。この人々の健康が守られ、どうか、希望を失うことなく、これからを過ごしていかれるよう、永きにわたって国民皆が心をひとつにして寄り添っていくことが大切と思います。

そして、この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心がけを育み、安全な国土を築くことを目指して、進んでいくことを期待しています。被災地に一日も早く、安らかな日々が戻ることを一同と共に願い、御霊への追悼の言葉と致します。


     ***   *****   ***   *****   ***


天皇陛下と総理大臣とは立場も役割も異なりますので、
それぞれの追悼の言葉に対して同じ次元で感想を述べることは不適切ながら、
わたくしは、このとき、陛下の上記のお言葉が深く染み入りました。
これ以外のどんな言葉もあり得ないほどの追悼のお言葉だったと思います。

日本という国は、国民が震災に遭ったり災害に襲われたときに、
このように国民に添って祈ってくださる方がおられるのですね。そして、
亡くなられた御霊に対してもこのように追悼してくださる・・・・
そのような方が天皇としてわたくしたち日本の国民の象徴として存在することは、
わたくしたちが意識していないだけで、それは奇跡なのではないかと、
そのように感じられてならないわたくしでした。


明日、2年半ぶりの帰省となる娘と一緒に、愛猫を連れて、
震災後の片付けがまだ終わっていないわが家に帰ります。
仙台は雪だと聞いて心が弾んでしまいました。雪でお困りの方たちがおられるというのに・・・

ブログをしばらくお休みさせていただきます。
留守中、予約投稿でいくつかブログに記事を投稿予定です。
お楽しみいただければ幸いです。

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

原発問題(59)・・・原発技術の安全保障における価値

いつか死ぬなら、それも、みんな一緒に死ぬなら、
経済が落ち込んで貧しく生きるより、
何とか暮らしていける経済力を得られる人生の方がいい。
そう思うのも、そう決まるのも仕方がないという思いが、
日本全体を覆っている気がしてならない。


これを、死活問題だからと語ろうが、
ニヒリズムであることに変わりはない。

未来を生きる子供たち世代の事を考えず、今の事しか考えない。
だから、ニヒリズムへの安易な妥協は恐ろしい。

同じニヒリズムを感じさせるものに、核の問題がある。
両者へのわたくしたちの対応は似ている。


核アレルギーと言われる日本人だけれども、
平和や反戦を繰り返し行事のように口にしようと、
この戦後60数年間の日本の安全と平和を保障してきたのは、
間違いなくアメリカの保有する核だ。その抑止力が日本の平和を守ってきた。
日本もアメリカに守ってもらうに値する国として、
アメリカの財布と言われるほどの経済大国になった。
日本の憲法が、この数十年の日本の平和を守ってきたわけではない。

そう思う一人として、いまの日本を取り巻く状況を眺めると、
国の現実問題としての安保問題を考えるとき、
決して楽観できる状況ではない。


近隣国だけに限らず日本を敵性国家とするような国民教育を続け、
それを改めることをしない国があり、そのような国が、
日本に対して核で威嚇してくるという事態は、
将来においてもないと言えるのだろうか。

気に入らない側近を、その影響力ゆえに補縛し排除し、
裁判もなしに処刑することが出来るような独裁国家が、
この21世紀になっても存在し、その国にとって日本は敵とされている現実。


仮に、こうした関係が変化する時期が来たとしても、
将来に渡っても友好関係を持続できる保障はない。
歴史を見れば、誰もがそう思う。


現に、国内事情と生育環境によって形成された特異な思想と性格によって、
嫌日反日一点張りで冷静な外交が出来ない隣国のリーダーのように、
日本といまだに首脳会談を行うことを一方的に拒否しているばかりか、
外国にまで出張って日本を誹謗中傷することに国力を注いでいる国もある。

これらの国民の間では、嫌日反日言動の証明が愛国になり、
正論を口にすると十代の少年でも逮捕される。

何年か前には日本と未来志向で協力提携していこうと言っていたにも関わらず、
その大統領でさえ退任前には日本の総理からの親書を
受け取ることもせず突き返してきたことは記憶に新しい。


こうした近隣諸国の非友好的な対応の数々、
国際儀礼上の非礼をわが国に対する「侮り」と言わずして何と言うのだろう。
甘えだと言う向きもあるが、これらの対応が甘えだというのなら、
国と国との関係でそんな甘えは危険極まりない。


さらに言えば、国と国との間で最も危険な関係は、
何よりも「侮り」であるということも、
歴史を見れば、容易に理解できる。


原発ゼロにして自然再生可能なエネルギーに舵を切ったとしても、
人気のアニメ「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」のように、
(物語では文明崩壊後という設定ではあったけれど)、
のどかで平和な世界を、仮にこの島国が実現したとしても、
そんな国や領土に野心を抱いて襲ってくる国がないと、
誰が保証できるだろう。


侮られるということの恐ろしさを、今一度考え、
せめて、相手を自重させるくらいの抑止力を考えないでいいのだろうか。
アメリカが永遠にこの島国の独立を守るために、
自らの血を流してまで戦ってくれるというのだろうか。

そう考えた時、原発技術に対する関係者の発言が気になった。

原発存続は、特に、その進化続けている研究開発情報は、
今後の安全保障にとって宝の山だとも言われている。
その研究フィールドから外れたら、取り返しがつかないほど、
将来の安全保障は難しくなるとも語られる。

だとするなら、それを、そのような価値を有する原発技術の研究を、
どのような理由でなら、わたくしたちは、
国に捨て去らせることができるのだろうと。


空想的平和主義では、国も国民も守れない。子供も孫も守れない。
だから、国などなくしてしまえばいいと思う人たちには、
こちらがどう思おうと、相手があることを思い出してほしい。
トロッキーがいくら好きでも、個人的な思いに留めてほしい。

こうしたことを、あれこれと考えるせいか、
原発問題は、なおも考え続けていかなければ、と思う次第です。

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

原発問題(58)・・・原発を持つ各自治体が自衛すべきこと

地殻変動が活発になっているいま、事故が起こった場合、
いかなる末期的な被害と直面することになるか。

その可能性に対して政治家と国民が共に覚悟できない以上、
再稼働は原発がいくら規制委員会の基準を満たそうと、
稼働を取り巻く環境整備はまったく進んでいないと言わざるを得ないので、
現状では、諦めざるを得ないのではないか。


経済産業省の報告書、政府の答弁、電気事業連合会の報告書、
復興庁のレポートなどなど、参考にと思い、一通り、読んでは見たけれど、
いまもって、分からないことがある。


原発事故が起こった場合、「国が責任を取る」という場合の、
国とは具体的に政府の中のどこなのか。責任はどのように取られるのか。
それが分からない。


事故処理と被災者被爆者支援にしても、司令塔はどこになるのか。
国のその部署はどこになるのか。
原子力規制委員会はそのとき、どのような役割を果たすのか。
司令塔は官邸なのか。官邸にそうした臨時部署を設けるのか。
また、船頭多くして船山に登るでは困るのであるけれど、
そうならないように何が、法的に整備されたのか。


そのとき、電力会社は何をするのか。何ができて何ができないのか。
自衛隊や消防などとの連携も分からない。

あるいは、外国からの支援や援助の申し出があった場合、どうするのか。
前政権みたいに拒否し、やがて、あわてて受け入れるのか。

あるいは、外国からの支援が必要になるケースとは、どんなときなのか。
どういった状況が想定されているのか。

国の原発に関わる各機関と政府、官邸と電力会社、自治体なども含めて、
これらの権限の幅とその力関係、上下関係が分からない。



原発を誘致している自治体は、
こうした点を理解しているのだろうか。

国は、事故発生時を想定した訓練を地元自治体に、
法整備をして義務付けなくていいのだろうか。

寡聞にして、そうした法案が作られたというのは聞かない。
また、各自治体も、事故によって被曝した住民を想定し、
今回の福島の事故を教訓にしてどのような対応策を決めたのだろう。
そうしたことが新聞紙上を眺めても掲載されていない。


もう、来春で、事故から3年になる。


住民の多くが被ばくした場合、
被ばくした住民を引き受ける病院が地元にはあるのだろうか。
そうした病院との受け入れ契約など、各自治体ではどうなっているのだろう。
避難先として他の自治体との受け入れ体制作りなど、
万一に備えての地域住民の集団移住先や、
学校の子供たちの集団受け入れや、病院の患者さん達の転院先など、
それぞれ提携は進んでいるのだろうか。

こうしたことを、報道で見聞した記憶がない。


安倍政権は、稼働の条件を満たした原発は再稼働させると決めたが、
その「条件」の中に、上記のことは無論入っていない。
それでいいのだろうか。


上記の中には、各県議会で諮られるべきものも多多あるが、
原発を持つ地元市町村自治体と認可の権限をもつ県で、
そうした問題は諮られているのだろうか。

被災地の議会でそうしたことが審議され、
必要な法整備を求める請願が行われたという話も聞かない。

原発を有する地元自治体を始め、
その周辺の市町村の議会も含めて道府県自治体の議会は、
これら自衛すべきことに対してしっかり対応しているのだろうか。

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。