スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災時の「率先避難者」(2)・・・和歌山県串本町の心構え

P3105083.jpg


今度は、同じ串本町の小学校の「毎日の」「避難訓練の」ご紹介です。

早い!そして、速い!


P3105073.jpg

これにも驚きました。皆さんはこれまでどんな避難訓練を体験してこられましたか。
こうした訓練時には、決まってふざけたがる年頃の子供たちもいるだろうに、
ギャングエイジと言われる小学3,4年生も真面目に真剣に走っているのです。

ここ串本町は東南海大地震が発生したら、
その直後の大津波の襲撃まで3分の猶予しかありません。
こうした地域は、この串本町に限った話ではありません。
去年の夏、旅をした高知県でも同じはず・・・・


P3105086.jpg
P3105075.jpg


その避難所まで3分以内に辿りつかなければ、大津波に飲み込まれてしまう。
だから、避難路を毎日、走る、そこにある長い石段を懸け登る・・・・
早く避難に取り掛からないとだめなんです。速く走れるようにならないとだめなんです。

だから、「毎日」訓練しているのです。


P3105087.jpg


授業の進行の妨げになるなどと言う親や保護者やいないに違いない。
校庭まで2分、避難所まで3分、集合場所での点呼に数分、掛ける2という時間を、
命を守る「率先避難者」になるためのその時間を、惜しまなければならない理由がどこにあるだろう。

ここにはモンスターペアレンツなど、存在しようがない。



P3105076.jpg


親なれば、先生の言うことをちゃんと聞いて、まじめにやれと、
そう諭すことでしょうし、こうした労を惜しまない学校と先生に対して信頼し、
わが子を学校に行かせることに安心し感謝の思いこそ抱くはず。

夕食の場では、今日は3分以内に山頂に着いたと報告する子供に、
親は、よく頑張った、明日も頑張れと、自分の命は自分で守れと、繰り返し教えることになる。
そして、震災時の対応についても家庭での話し合いが広がっていく。


P3105088.jpg


子供たちを避難率先者にする指導と教育は、決して自己中な子供を育てない。
ここでは、命の尊さは皆同じだということを頭と心と体で学ぶことができるからです。
毎日走れば、脚力もついて丈夫にもなる。
子供たちがそれぞれ3分以内に避難所に辿りつけば、一体感も生まれるに違いない。

いじめや不登校や登校拒否の子供もいなくなる。

自分の命が助かったとき、友達や他の人たちの命も助かって欲しい。
周囲にも目が向いてくる。


P3105080.jpg


温厚で物腰も柔らかいな先生ですが、本気です。

P3105085.jpg


本気で、学校にいる子供たち全員の命を、地震後の大津波から守るために、
毎日、いっしょに避難所まで走る訓練をしておられる。

どこかの学校でのように「こなす学校行事」としての避難訓練ではないんです。
真剣なんです。本気でやっておられる。

だから、同じ地域の住民の方たちの「思考」が動き出すのです。




P3105079.jpg


津波がきたら、そのときは仕方がないと言っていた地域の方たちの心が覚醒し、
高齢者もお身体がご不自由な方たちも、死ぬ時は一緒だからと言っていた方たちも、
それまでの思考停止状態ではいられなくなったのです。

ふうふう言いながら時間をかけて石段をやっとこ上っていたという方たちも、
この「毎日」の30分間程度の訓練によって、毎日参加できるわけではなくとも、
参加していくことによってどんどん足腰が鍛えられてきているようです。


P3105081.jpg


ご高齢者の方たちの表情が、以前とはまるで別人でした。

途中から見たので、どれだけの時間をかけて取材された番組かは分かりませんでしたけれど、
震災から3年を迎えた特集番組の中で、もっとも印象的で心に残るものでした。

希望が、そこに見えたからだろうと思います。


P3105084.jpg


多くの方にこの串本町の小学校の取り組みを知っていただき、
学校や幼稚園保育園で始まった「毎日の避難訓練」の実践にヒントを得て、
自分たちにできることをお考えいただけたらと思いました。


P3105054.jpg


東北には「いのちてんでんこ」という言葉があります。
それが風化した矢先の大震災でもありました。だからこそ、
子供たちを「避難率先者」とする訓練と指導を始めていただきたいと切望します。
この和歌山県串本町の心構えが、県内に、そして、他県にも広がっていくことを期してやみません。


★しばらく不在のため、本記事も予約投稿によるものですが、異論反論でもコメントをいただけたら嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

震災時の「率先避難者」(1)・・・和歌山県串本町の心構え

P3105054.jpg


東北大震災から3年を迎えたということで報道された特集番組の中で、
思わず見入ってしまったのが、この和歌山県串本町のある幼稚園での試みの紹介番組でした。

何と、震災時の避難訓練を「毎日」実施しているのです。
毎日!!!です。それで思わず見入ってしまいました。


P3105055.jpg


避難訓練だからといって、参加することに意義があるといった退屈さなど皆無。


P3105057.jpg


子供たちは、先生の合図で、やりかけのことがあっても、
「迷うことなく」「一斉に」「躊躇なく」避難先の山を目指して走り出しました。

なぜ、避難所を目指してそうした行動が出来ているのか。
その子供たちの声をご紹介すると、


P3105058.jpg

P3105059.jpg

P3105060.jpg


鉄は熱いうちに打て、ではありませんが、小さな子どもたちの命を守るには、
自分の命を自分で守ることができるように訓練することがいかに、
実行性と実効性を高めることにつながるか。
それを、まざまざと見せられたように思いました。

「なぜ、毎日なのか」と問われれば、
「だから、毎日なのだ」ということです。

走る、気をつけて走る、山に向かって走る。
長い石段を上る、駆け上がる、出来るだけ早く、です。
そして、全員が津波が来襲するまでに山頂の避難所に着くまでになっていました。


この訓練を指導してこられた先生の言葉がこちら。


P3105061.jpg


というのも、この地域は、東南海大地震が発生したら、
数分後には高さ17~19メートルの津波し、幼稚園を飲み込むと予想され、
この警告に対して現実的な対応をしなければ子供たちを守れないからです。

だから、先生は子供たちの命を守るために、決断された。


P3105062.jpg


あのマグニチュード7とも8とも9とも記録された大地震が、
いかに千年に一度というものであったとしても、
地震直後の津波に対する警戒感があまりにも「避難訓練的」だったために、
多くの犠牲者を出してしまった宮城県石巻市の大川小学校で起こったような悲劇を、
繰り返さないためにどうすべきか。どうすれば津波から命を守れるか。命を守らせることが出来るのか。

これは、津波の警戒区の住民にとっては共通の教訓のはず。

地震直後に幼稚園や小学校と連絡が取れず(地震直後に電話がつながらないのは常識)、
子供たちが避難したのかどうかも分からないまま、
迎えに行く必要があるのかないのか判断することが出来ずに、
車で子供を迎えに学校に向かう途中で津波に襲われて亡くなった方たちが多かった悲劇を、
どうすれば防げるのか。この3年間で、地域や学校や幼稚園や家庭で対応策を考えたのだろうか。


P3105064.jpg

P3105065.jpg

大川小学校の悲劇を繰り返さないためにどうすべきなのか。
町の人々の現状を踏まえて何が出来るのか。

というのも、この串本町も少子高齢化が進んでいる町で、
住民の方たちの中にはこうした意識の方たちが少なくないからです。


P3105066.jpg

P3105067.jpg


気にはしつつも、だからといって、具体的に対応策を考えているわけでもない住民の方たちは多い。
そして、イメージできることは、普段の自分たちの様子からして、


P3105068.jpg


高齢だから、体が思うように動かないから、病気だから、一人住まいだから、


P3105069.jpg


その時はその時だわね、諦めるしかないわね、と口にする。


P3105070.jpg


この「(津波で)としても、そのときは自分ひとりじゃないし」という心証は、
高齢者だからでも、持病をお持ちだからでもなく、思考停止だからなのではないか。

だとしたら、お説教しても駄目で、命は大切になどと語っても無駄なのである。

けれど、津波で「死ぬのはあなただけ(かもしれない)」となると、
そういうイメージが出来てくると、人は変わる。津波で死んでなどいられない。怖くなる。
そこで、思考が働き始める・・・・津波で私一人が死ぬなんてことにならないように。


P3105071.jpg


串本町の幼稚園の先生たちは本気である。
町内の思考停止状態のご高齢者や病気の人、体が思うように動かないという人たちや、
死ぬ時は皆いっしょだろうと口にする一人暮らしの方たちに説教をしない代わりに、
子供たちに裏山の避難所まで走らせる避難訓練を、毎日、実践しておられる。

震災後、初めて目に前が明るくなる報道でした。
次回、串本町の小学校の避難訓練の取り組みをご紹介させていただきますね。


★3月21日より留守をしているため、時事性のない記事のみを予約投稿させていただいています。

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

日本という国・・・・大震災と天皇陛下

3月も下旬に入り、卒業式や送別会、転任や転居で引越し準備で多忙の時期ですね。
今年は特に、消費税の課税前ということで、引越し業者さんも多忙を極めておられる。
わが家も昨日まで荷づくりで、段ボール30個分の荷物を送り終えたところ。
その後、家の中の片付けに追われました。

明日、半年ぶりに帰省しますが、娘は二年半ぶりの帰省で、老親が首を長くして待っております。
先週、お陰さまで娘も大学を卒業し、祖父とは3年半ぶりの再会となります。
3年前、半年ぶりに娘が京都から帰省したとき、あの東日本大震災が起こりました。

帰省を前に、この3年間のことを振り返って参りました。
犠牲者の方たちのこと、家族や友人を亡くした方たちのこと、
当時とその後、そして、現在までの被災(者)支援のこと、
復旧、そして復興を巡ってのあれこれや復興経済のこと、
福島原発事故のこと、放射能汚染のこと、国や自治体や個々人の原発への考えや姿勢のこと、
当時を思い出しつつ、いまを、そして、これからのことを考えて参りました。

そこで、この3月11日に国立劇場で開催された政府主催の「東日本大震災3周年追悼式」での、
天皇陛下のお言葉のことを改めて振り返り読み返してみました。
わたくしは、天皇陛下や天皇制に対して、特に思う所があるわけではない普通の日本人で、
象徴天皇という戦後の天皇陛下のお立場についても、
戦後教育を受けてきた一人としてそれを普通に受け入れている一般の日本人と変わらないですけれど、
当日、あの震災に対するどのコメントよりも、陛下のお言葉が胸に迫り心の奥深くに入って参りました。

せわしない世の中ですから、ネットでは特にもう忘れ去られているかもしれませんが、
ここに、その全文を挙げて読み返してみたいと思います。


   *****   *** (以下、全文掲載) ***   *****   


本日、東日本大震災から三周年を迎え、ここに一同とともに震災によって失われた人々とその遺族に対し改めて、深く哀悼の意を表します。

三年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は二万人を超す死者、行方不明者を生じました。今なお、多くの被災者が被災地で、また、避難先で困難な暮らしを続けています。

さらに、この震災により、原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染地域の立ち入りが制限されているため、多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。いまだに、自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと、心が痛みます。

この三年間、被災地においては人々が厳しい状況の中、お互いの絆を大切にしつつ、幾多の困難を乗り越え、復興に向けて懸命に努力を続けてきました。また、国内外の人々がこうした努力を支援するため、引き続き、様々な形で尽力していることを心強く思っています。

被災した人々の上には、今も様々な苦労があることと察しています。この人々の健康が守られ、どうか、希望を失うことなく、これからを過ごしていかれるよう、永きにわたって国民皆が心をひとつにして寄り添っていくことが大切と思います。

そして、この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心がけを育み、安全な国土を築くことを目指して、進んでいくことを期待しています。被災地に一日も早く、安らかな日々が戻ることを一同と共に願い、御霊への追悼の言葉と致します。


     ***   *****   ***   *****   ***


天皇陛下と総理大臣とは立場も役割も異なりますので、
それぞれの追悼の言葉に対して同じ次元で感想を述べることは不適切ながら、
わたくしは、このとき、陛下の上記のお言葉が深く染み入りました。
これ以外のどんな言葉もあり得ないほどの追悼のお言葉だったと思います。

日本という国は、国民が震災に遭ったり災害に襲われたときに、
このように国民に添って祈ってくださる方がおられるのですね。そして、
亡くなられた御霊に対してもこのように追悼してくださる・・・・
そのような方が天皇としてわたくしたち日本の国民の象徴として存在することは、
わたくしたちが意識していないだけで、それは奇跡なのではないかと、
そのように感じられてならないわたくしでした。


明日、2年半ぶりの帰省となる娘と一緒に、愛猫を連れて、
震災後の片付けがまだ終わっていないわが家に帰ります。
仙台は雪だと聞いて心が弾んでしまいました。雪でお困りの方たちがおられるというのに・・・

ブログをしばらくお休みさせていただきます。
留守中、予約投稿でいくつかブログに記事を投稿予定です。
お楽しみいただければ幸いです。

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

立候補と投票という政治行動に見る高齢者の「元気力・健康力」

注目された今回の都知事選を振り返って、まっさきに感じたのは、
東京の高齢者はとても元気で健康だ~~と言えるなァと。(あくまで個人的な感想)

戦いを制した舛添氏、65歳、一期終了後で69歳か70歳。
次点の宇都宮氏、67歳、当選していたら一期終了時71歳。
三番目の得票だった元総理の細川氏、76歳、当選していたら一期終了時80歳を超えています。
細川氏を応援し雪の中でも街宣車に立ち続けた小泉元総理は、72歳、
得票数四番手で一番若かった田母神(たもがみ)氏、65歳、

辞任された猪瀬前知事も、67歳でしたが、
その前任で今回、田母神氏を応援した石原慎太郎氏は、現在、81歳。
国会で野党第二党の維新の代表でもあります。

候補者の中にも、有効当方総数の10分の1を獲得できなかったとはいえ、
それでも元気な演説を展開されたドクター中松氏、85歳、
誰かよく分からないままだったけれど、マック赤松氏、65歳、

まだ記憶に残る問題となった「後期高齢者医療制度」における年齢からすると、
全員、前期高齢者と後期高齢者。前と後の違いはあれど「高齢者」に入り、
ちょっと昔なら「老齢者」と言われ、その前は「老人」と言われた年代層です。
失礼ながら30代の候補者が小学生レベルに見えてしまったほど。

そして、いつもながら、誰に投票するにしても、
60代70代は投票に出掛ける人の数も一番多い世代だというデータは、
今回の都知事選挙でも変わらなかったようです。

de-ta.jpg
資料3


要介護のご高齢者や医療福祉の充実を求めるご高齢者が多い東京都で、
知事選に出馬するのもその投票に出掛けるのも60、70代が主であるというのは、
道理にかなっているとも言えますが、
こんなにお元気なご高齢者が多いのですから、東京都の未来は明るい?

それにしても気になります。
一方で寝たきり、要介護のご高齢者がおられる一方で、
選挙に出て睡眠時間2時間で走り回れるご高齢者たちがいらっしゃる。
同世代の方たちながらこの「元気力や健康力」の格差がどこから生まれるのか。
政治家や政治に関心を持つ人種は特別だからとも言われますけれど、

そういえば、先日の夜のテレビ番組で100歳を超えたご高齢の男性が健康増進のために
ゴルフの打ちっぱなしを週に数回楽しんでおられる姿を拝見しました。
奥さまもお元気、同居しているお子さんお孫さんやひ孫さんに囲まれての暮らしで、
とても茶目っ気のある温厚な、好々爺然とした魅力的な表情のお顔の老紳士でした。

所得や資産別の投票行動データというものがあるのかどうか不明ですが、
そういうものがあったとしても、そこに、立候補と投票という政治への行動、
その「元気の源」を探ることは難しそうです。


テーマ : 気になった事
ジャンル : ニュース

東京都知事選挙・・・・二人のうち一人が行かなかった低投票率の意味

P2103688.jpg


ということで、「マスコミ報道主導選挙」としては事前の読み通りの結果になり、
当選された升添氏には「ご当選おめでとうございます」ですが、
投票率が50%にも及ばなかったという低さ(46・14%)は、
都民有権者の二人に一人が投票に行かなかったということで、
外は凄い雪だし、ソチオリンピックも始まったし、ということで、
ご自宅で五輪観戦しておられた有権者も多かったのでしょう。

これって、候補者や選挙関係者は別として、東京都民の半分にとって、
投票日に雪が降ったからというより「どうしても選挙に行かなければ・・・」という、
差し迫った危機感を特に感じていない状況だということ。

そもそも、猪瀬都知事に突然降ってわいた「5000万円問題」での辞任を受けての選挙。
多くの有権者にとっては、猪瀬都政に特に不満があったわけでもないので、
ここで都政を大きく変換しなければ、といった状況でもない以上、
程ほどに能力ややる気があって中庸というか、専門店ではなくデパートというか、
悪くならなければいいのでベターに決まるだろうという空気。
次点にダブルスコア―での差をつけての勝利は、投票率がいかに低くても民意。

けれど、いつの日か政治の非情さが猪瀬前都知事のように、
升添氏の上に降りかかないとも限らない。猪瀬氏同様、升添氏にもバックボーンはないに等しいので、
氏を守るのは都民からの支持と人気ということになります。
都民のためにご尽力いただきたいものです。


ところで、以下の会見では思わず笑わせられました。


P2103670.jpg

出馬の背景にある事情を有権者に説明しないまま(できないまま)での突然の出馬で、
選挙中の候補者討論会をしないでもいいという方向付けをしてしまった張本人。


P2103671.jpg
P2103672.jpg


いかに殿とはいえ、こんなことしか言えないとは呆れました。
特定の候補者への支持を減らすことにのみ貢献したような立候補でしたが、
選挙中に「原発を争点にさせまいとする力」が働いたかどうかより、働いたと感じたとするなら、
元総理としては恥ずかしい限りの敗戦の弁ではありますまいか。

感じ方の相違ですけれど、京都にいてさえ感じられたことは、
原発即ゼロという細川元総理の選挙報道はそれこそ、
何らかの力が働いているとしか思えないほど多かったです。

こうした御仁が「原発即ゼロ」という1イシューで登場したばかりに、
割を食ってしまったお一人がこちら。なのに、


P2103676.jpg
P2103692.jpg

こうした感覚というのは敗者の弁としてはあまりに受身で解せないですね。
何より「大健闘」だったというのは、共産党特有の敗戦の弁で、
党勢拡大が優先なので選挙に勝つことなど毛頭考えていないわけです。

こんな党といっしょに候補者を推薦したのが、先細りに拍車がかかる社民と生活の党。
政策だけを考えたなら、これら3党はいっしょになった方が分かりやすい。

さらに笑えたのはこちら。

P2103690.jpg


政策を「絞り過ぎたようなきらいがあると思う」に爆笑。絞るも何も最初から、
政策も立候補の理由も細川元総理は「原発即ゼロ」オンリーと言ってよい。
絞るという言い方も、「ような」という日本語も使い方を間違えています。
最初から絞り込まねばならない数量がそもそもなかったのだから。

この機会に、政治家にはぜひ反省してほしいことがあります。
断定による責任を回避しようとするあまり、不正確な表現という愚を犯すこと。
もう、呆れるのを通り越して認識能力がないとしか思えなくなります。

そもそも候補者選びに問題はなかったのか。同日に党の全国大会があり、党首が一人、
国民の暮らし重視を懸命に唱えている一方で、都議会議連のこのような選挙への姿勢、
政策も何もないまま劇場型に飛びつくという軽さは、同じ軽さながら、
もうどうにもならないですね。

余談ながら、その党大会の様子、
どこぞのカルトの集会かと勘違いしてしまったほど異様に感じられました。
   ↓

民主党党大会 2014.2.8
(民主党・2月9日開催 福島県郡山市にての党大会の様子)



さて、ネットでは熱烈な支持者が多かったように感じられたこちら。

P2103678.jpg
P2103679.jpg

正直に申せば、選挙というのは「討論会における勝ち負け」で決まるものではなく、
ましてや「人格」が競われるとことではないということ。
有権者もまた、市議会や県議会の議員を選ぶ選挙で国政問題を訴えれても困るわけで、
国の安全保障政策や外交政策を問うような候補者が首長選挙に出てこられても戸惑うしかない。
田母神氏の支持者は氏に都政ではなく国政への出馬を要請してはどうか。

しかしながら、首都の防災が万全ではないことに私も危機感を拭えない一人。
升添新知事には、そこへのてこ入れを実行してもらいたいもの。


P2103677.jpg


今回の都知事選挙、これこそ、勝因における正鵠を射た感想だろうと思います。

それにしても、選挙の最初から最後まで、上記以外の候補者のこと、
とうとうテレビ新聞絵の報道ではほとんど何も分からなかったですね。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。