スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪灯籠祭り

山形上杉 雪灯籠祭り

uesugiyuki1.jpg


記録的な降雪量の東北ですけれど、
こうした写真(祭りの公式サイトから)を眺めていると、たまらなくなりますね。
雪かきも出来ない脆弱な身体で寒さは苦手なのに、

行ってみたいなあ・・・・


yuki_07.jpg

スポンサーサイト

テーマ : ∴∵∴こころ 真っ白∴∵∴雪国観光圏の観光情報
ジャンル : 地域情報

奈良 西大寺と 称徳天皇

CA3J2803.jpg


正倉院展に出掛けた折に、立ち寄った西大寺。
何十年振りだろうかと感慨深いものがありました。

ご承知の奈良の東大寺が東の大寺なら、西の大寺がこの西大寺。
奈良時代の南都七大寺の一つでした。

当時は100を超える堂宇を持つ大官寺だったといいますから、いかに、称徳天皇(孝謙天皇が再び天皇になってからの呼び名)の時代に朝廷の思いが込められたお寺だったか。
まさしく父帝の建立した東大寺を意識してのことだったのかと。


京都に都が移されてからの平安時代に火災に遭ったりし、その後は、随分、寺は衰退したようですが、江戸時代に現在の姿に再建されたとのこと。再建への思いがそれほど大きかったのでしょう。

薬師寺のような華やかなお寺と違って、枯淡とした渋みの中に格式を感じさせるお寺です。古代史の本を読んでいると実によく登場するお寺ですが、西大寺は、真言律宗の総本山。



CA3J2819.jpg
(本堂は重要文化財。本尊は釈迦如来像。文殊5尊像他が安置。いずれも重要文化財)


称徳天皇といえば、自分の病を治した道鏡という僧にすっかり心服し、僧侶を天皇にしようとした女帝だといえば、ああ、あの女性天皇かと、思い至る方も多いのではないかと思いつつ、

この女帝、道鏡事件でワイドショー的に流布されたイメージのせいで、かなり実像がゆがめられているかもしれないなあと思ったりします。というのは、処女王エリザベスと似た側面もあるからかもしれません。

エリザベス一世はスペインと戦い、あの無敵艦隊を破った女王ですが、
称徳女帝は、父帝の聖武天皇の遺詔を忠実に守り実現するために、
自分の後継者の皇子や、その皇子との中継ぎの天皇を決定に当たって、
実に多くの血を流した女帝でもあります。


元部下であろうと、元男女関係にあった相手であろうと、
天皇である自分と考えが違って敵味方となれば、
血を流すこと流させることをいとわなかった。
日本にもこういう女帝がいたということを記憶に留めるだけではなく、
その姿をきちんと考えたいわたくし。



CA3J2821.jpg


そんな称徳女帝が誓願して創建されたといわれるこの西大寺、
発願した仏像を安置するためのお寺として創建。

本尊よりも金堂よりも最初に作られた仏像というのが、
仏を守護するために戦う四天王像だったのですから、
お寺の造営としては普通じゃありません。



CA3J2805.jpg
(創建期の由緒を伝える唯一の堂であるといわれる四王堂ながら、ここも17世紀に再建されています。
この四天金堂の中に安置されている四天王像も実に見ごたえのある四天王像です)



西大寺は、称徳天皇の勅願寺。国家護持と平和祈願のために創建されたと言われていますけれど、戦勝祈願だったからこそ金銅四天王像の造立を発願されたわけで、それが746年だったのも頷けます。
その実態は戦勝祈願だったのだろうと。


東大寺を建立した聖武天皇を父に、光明皇后を母に持つ女帝は、
即位するまでは安倍内親王(あへのひめみこ)といい、
血筋としては誰も異存を挟む余地のない血統であり、、
彼女が男子であれば、その後の歴史はさぞかし違っていたことでしょう。

しかし、聖武天皇には、彼女に比肩するような男子は、
とうとう生まれなかった。

安倍内親王は、そうした生まれ環境の中で紆余曲折を経て、父帝の決定によって「皇太子」となり、皇太子となって天皇に即位(孝謙天皇)した唯一の女帝となります。

そもそも、男子だから「皇太子」というのですけれど、
女性がその「皇太子」になるなど天皇制史上初めてのこと。


祖母に当たる元正天皇(大変美しい女性だったそうです)同様、即位時点で、
生涯夫を持つことならぬ子供も産んではいけないと定められての即位。

父帝によって「男子」と期されての即位という点で、孝謙天皇の覚悟は、彼女自身、純粋培養されただけに、政治上では妥協より原理主義的な断行も良しとされるようになる。



CA3J2807.jpg



女性天皇はよく「中継ぎ」と言われますけれど、
天皇となるべく養育され天皇として正当に即位したこの女帝、

あの、我が子草壁皇子を天皇にするためにその手を血で染め上げたような持統天皇でさえも、草葉の陰でさぞや驚愕しただろうと思われるほど、その重責を担う覚悟と使命感と責任感は半端ではなかった。

だからこそ、あの持統天皇以上に、父帝の遺詔に忠実だった分、
多くの血を流させることになったのだろうと。



CA3J2830.jpg
(愛染堂)


そうして即位して孝謙天皇となられた安倍内親王でしたが、まだ若かったときは、実権は母の光明太政天皇が握り、孝謙天皇はある時期まではお飾りだっただろうと思われます。

しかしながら、中継ぎの天皇を用意し譲位して孝謙太政天皇となられた頃から、そして、偉大な母の光明太政天皇の死去の後あたりから、いよいよ、この女帝の本領発揮となりました。


有名なのは道鏡問題ですけれど、自分の後継者問題をめぐって、(異母妹の子を時期天皇にするにあたって中継ぎの天皇をどうするかを巡り)道鏡を候補にしたい孝謙太政天皇(称徳天皇)と対立する藤原仲麻呂と、とうとう大軍を擁しての戦となります。

が、戦を仕掛けたのは称徳天皇側ではないかと思われる節があり、いかに吉備真備を参謀としたにせよ、権力者である彼女の意志が何より優先されていたはずで、この戦を決意し勝つために手段を選ばなかったのも称徳女帝だった。史実を知ると、実に、容赦のない戦いだったように思われてなりません。


中継ぎの天皇を定めて後、今度は、その男が天皇として相応しいかどうか常に天皇の忠義を監視し、自分への孝養を求めて指導し駄目だと判断した瞬間、最後は武力を以てしても切り捨てる手際は、凄まじい。



CA3J2834.jpg
(愛染堂に安置されている愛染明王坐像。仏師善円による鎌倉時代の代表作)


武力で倒されて淡路に流された淳仁天皇の最期も哀れですが、
そのとき仲麻呂軍に同行した塩焼王たち皇族の最期も、
彼が実の妹の夫君だということを思えば、実に哀れなものでした。


この塩焼王という人物、その前も女帝の不信を買い、
20年余伊豆に流されてやっと都に帰還した人物なのですけれど。



ちなみに、吉備真備は皇太子時代以降に女帝に帝王教育を行ってきており、
女帝からの信任は最後まで厚かった。

孝謙天皇時代にも、血が流された。橘奈良麻呂の乱がありました。
その折の他の皇族や貴族も彼の最期も、実に惨いものでした。


女帝は孝謙太政天皇となられたあと、
再び天皇に返り咲いて称徳天皇となります。
こういうのを重祚(ちょうそ)と言い、女帝に多いような印象を持ちます。
そうした時代は、後継者問題が常に存在します。

この女帝に対するイメージ、何と言っても、この大事件、藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱を、自ら率先して鎮圧するにあたったのではないかと思われるような、隠された凄まじさがあるように思われてなりません。

実に凄まじかった!

神宮皇后も持統天皇も真っ青という感じかも。

容赦なく乱を制圧した経緯を知るにつけて、惨い!とさえ感じます。
おまけに、女帝の怒りの凄まじさは、原理主義的な恐ろしさがあり、
処刑する前に相手の名前を屈辱的な名前に変えるところにも表れています。


麻度比(まどい)という言葉の意味は、
いつも迷っていて決断できないおバカな男という意味だそうですが、

処刑される前にこの名前に改名されたのは、
かつて一度は皇太子にされた道祖王(ふなどのおおきみ)という人物で、
若いころの孝謙天皇とは親密な関係を持ったこともあったようです。

が、天皇という絶対権力者として君臨統治する身となると、
そんなものは関係なくなるのでしょう。

他にも、うすのろだの、○ちがいだの、実に凄まじい改名もあるほど。


CA3J2840.jpg
(四王堂の本尊、十一面観音立像。重要文化財)



実の妹の流罪のときにさえ、当時の皇族の女性に対しての態度とは思えないような、信じられないような改名をしています。

けれど、すべては、称徳天皇にとって父帝であった聖武天皇と、
父帝の政治補佐を行い自分の政治の後見をも亡くなるまで続けた母光明皇后の、
その尊崇してやまない両親の教えと遺詔を忠実に守るために、
天皇として全身全霊でやり通すしかなかったことでもあったのでしょう。


日本の歴史も、こうしてあらためて辿っていくと、
実に感慨深いものがありますね。


昨夜読んだ本の中に、
聖徳太子が日本の仏教の祖として尊崇を受けて行く歴史は、実は、この称徳天皇の時代(光明皇后~孝謙天皇時代も含む)から後宮の女性たちによる朝廷主導で始まったという記述があり、改めて唸らされた次第です。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

奈良の西大寺にあるフランス菓子店「ガトー・ド・ボワ」(Gateau des Bois)のケーキたち

DSC05722.jpg


眺めているだけで幸せな気持ちになりそうですよね。
奈良に出掛けた時、時間があれば立ち寄るようになったケーキ屋さん。
西大寺の駅のすぐそばの閑静な通りにあるケーキ&喫茶の、
Gateau des Boisというフランス語の看板のお店です。


西大寺5 カフェドボー


ガトー・ド・ボワは森のケーキ屋さんという意味だとか。
娘のお友達から紹介されたのがきっかけで、
何度か行くうちに、すっかりファンになってしまいました。

西大寺の正門に続く小道沿いにあり、
森というよりは杜のケーキ屋さんかなと。
正倉院展に出掛けた折りに立ち寄った次第。

京都のカフェではないけれど、
まあ、いいかということでアップさせていただきました。

店内は静かですが、いつも混み合っています。
このお店、ケーキもお茶もとても美味しくて素敵なのですけれど、
テーブルの高さとイスの高さがどうもわたくしにはイマイチ合わなくて、
おまけに、椅子が硬いなあ・・・と。(苦笑汗)
長居できないようにしているのかもなどと、不謹慎なことを思ったり。
なので、外のテラスがおススメです。

けれど、店内には、おとぎの国のようなお菓子が並んでいて、
目を楽しませてくれます。まずは、ご覧ください。


西大寺1

西大寺2

西大寺3


今回、わたくしが選んだケーキはこれ。


西大寺4


一口食べるたびに気持が幸せになる、そんなケーキかなあと。
冒頭の写真のケーキは娘が選んだケーキ。
どちらも幸せな気持ちにしてくれました。

ネットにお店のサイトがありましたので、
★ご参考までに⇒ガトー・ド・ボア

近鉄奈良線で奈良に行かれるなら、大和西大寺で下車、徒歩2分です
寺社巡りや美術館博物館で疲れた時には、特に、おススメです。


テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

今年の「正倉院展」

日本シリーズも終わり、行く前に読んでおきたかった本も読み終えたので、
やっと、やっと出掛けて参りました。

奈良国立博物館で開催中の正倉院展

この正倉院展、今回が65回目の開催ですから、
これまで64回も開催されてきたことになりますが、
所蔵品の9000点という数字を思えば、
まだまだ・・・というか、


漆金箔絵盤


今回の目玉の品、漆金薄絵盤(うるしきんぱくのえばん)、


正倉院展 漆金薄絵盤


この工芸の芸術品がお香を焚くための台とは・・・
仏前に捧げられたと知れば、聖武天皇治下ゆえなるほどと思いつつ、
いかに仏教による国造りに邁進された聖武天皇時代とはいえ、
これほどのものが実用品として製作されていたのだという感慨!

この品の各部位が拡大された写真によって、
周囲の壁に貼られて紹介されていましたが、
蓮弁(れんべん)を支えている岩座がヒノキ材であり、
下知に白色を塗り、その上に緑色と褐色の顔料が塗られていることや、
そこ上位の放射状に広がっている蓮弁(クスノキ材で作られている)は、
銅板を切って8本の柄を作りさらにそれを4枚重ねて、
鉄の鋲で打ち付けて作られていることや、それら32枚の蓮弁が、
互い違いになるよう魚麟葺(ぎょうりんぶき)に固定されているという技術、

その技術の上に、まずは、そうした工芸技術があって、
次に、漆を厚く塗って白色の下地とする漆の技術があって、
やっと、わたくしたちが目にする表面に現れた装飾の美、
多彩な顔料と金箔による文様の装飾が施されているという過程が、
説明されていて、それらのそれぞれの高い技術の存在に、
しみじみ感動を覚えつつ、あらためて歴史の聖武天皇時代に、
思いを新たに馳せることができました。

この漆金薄絵盤、美術、特に日本美術を学ぶ学生の皆さんは、
ぜひ、見ておかれるとよろしいと思います。
ぜひ、ルーペ持参でご覧あれ。
会場には思っていた以上に学生の姿があり、
熱心に眺めている姿にも静かな感動を覚えた次第です。


さて、見たかった聖武天皇のご遺愛品、螺鈿装飾の華麗なる鏡、

平螺鈿背円鏡
(聖武天皇のご遺愛品、平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう 題箋付き)


今回、三面展示されていますが、
会場のあいさつ文にあった言葉が思い起こされました。

鎌倉時代に盗難に遭って破損した2鏡の内の一つが、
明治時代に復元修理されたものであること、そこに、
鏡の破片1つさえ疎かにすることなく大事に大事に扱って、
復元を試みるために尽力された方たちの存在。
後世に伝えるべきものをしっかり伝えようとされる方たちの思いに、
胸にこみあげてくるものがありました。


今回、さらに見たかったのは王羲之かと思った書の屏風、
王羲之の書という説明はなく、さらに、これ、書ではなかったんです!
これには、心底、驚愕しました!

鳥毛帖成文屏風と称されるこの屏風の文字は、
日本産のキジの羽毛が埋め込まれて作られていたんです。
工芸の書といえばいいでしょうか。

こうして、今回の正倉院展で初めて目にする品々も含めて、
いまだに見ることが叶わない品々も含めて、
展覧会ごとの初出のものと繰り返し展示される品々のことを思えば、
正倉院展で出会える品々は、まだまだ・・・・となりますね。
一般人には気が遠くなるほどです。
毎年出掛けて行ったとしても、生きている間に見られる品々は、
所蔵品全体の一部ということになるのでしょう。

そんな思いがあるからなのか、
日本の古代史(研究)のファンを自称する一人ながら、
この正倉院展に出掛けた回数は両方の手を使ってあまるほど。

けれど、資料を読んでいるときに出てくる正倉院所蔵の品々、
実物を見て見たいなあとそのたびに思いながら、
なかなか果たせずにきたことという思いも数え切れないほど。

それが、いま京都にいるおかげで奈良がこんなに身近なものになって、
日帰りも含めて、以前とは比べることができないくらい、
思い立ったときに出掛けていけるようになりました。
ただただ、感謝だなあと。



この正倉院展のこと、こちらのブログ遊行七恵の日々是遊行
よくまとめられ紹介しておられましたので、
ご紹介させていただきます。

テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

岩船神事・・・・「村上岩船大祭」

明日と明後日、ずっと楽しみにしていた 村上岩船大祭 が新潟県村上市であります。岩船の神事のことを知ってから行きたいと思ってきました。
海や川を走行する船が、なぜ、山に登るのか。



村上岩船大祭


「げにやめでたき神代の昔 蜻蛉洲(あきつしま)に宮始まりて・・」(本当にめでたい 神様がおられた昔 日本の国にお宮様が始まって)と木遣りの声が石船神社の杜にしみ通って流れるという説明を読み、ああ、行きたい!行ってみたいと思った次第。この神事に思いを馳せて、出掛けて行った現地でお話も伺うべく、去年から「来年こそは行こう!」と思ってきました。けれど、


この夏の間の作業の疲れのせいか、坐骨神経周辺の鈍痛で、このところ夜もあまり眠れないほど。坐骨神経痛なので、大腿部からふくらはぎまで苦しくて、長い時間の歩行は・・・難しいなあと。

一日おきに指圧マッサージに通っているのですが、新潟まで行く自信が・・・・
こんなとき、ああ、誰かいてくれたらなあと、つい、詮ないことを思ってしまいます。
思っても仕方がないと思いつつ。

さて、行くべきか見合わせるべきか。今日一日迷い続けるだろうなァ・・・・

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。