スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま日本画が面白い!・・・京都府立文化芸術会館で開かれている「倣古」展

毎年、芸大や美大の卒業制作展が始まる頃、
ここ京都でも市内の各大学を訪れては作品を拝見してきましたが、

ここの大学は面白い!という印象を年々強くしてきた大学がここ京都にあり、
この大学の「染織テキスタイル」の作品、「日本画学科」の作品など、特に注目してきました。
千住博さんが去年まで学長を務めていらした京都芸術造形大学ですけれど、
ここ数年、東京芸大をしのぐ人気で注目されている大学です。
学生たちの作品には本当に唸らされてきました。

今日ご紹介する展示会は、京都造形芸術大学の美術工芸学科日本画コースの学生たちの
本年の卒業制作作品の公開展示会です。


unnamed.png


img_1300588_38848941_5.jpg
src_10160663.jpg


この「倣古展」は、美術工芸学科日本画模写コースの学生たちによる作品の展示会です。
模写制作に対するその真摯な姿勢に感銘を受けました。


卒業作品の制作にあたって、描きたいものを自由に描く個性の発露とされる自由制作をあえて選ばず、
なぜ模写作品の制作に一年間を費やしたのか。
しかも、模写作品なので、写真を撮ってご紹介することも出来ませんし、
他の学生たちのように展示会で作品を売却することもできない。

なのに、制作にあたって、画材や表具に数十万円もの費用がかかっており、
その費用の捻出のため学業の合間にアルバイトまでしてきた学生たち。


なぜ、模写なのか。模写制作なのか。なぜ、模写制作を選ぶのか。選んだのか。


P5184723.jpg
(ちなみに、このポスターは昨年のもの。フォルダを探したら出て参りました。以下同様)



学生さんたちの声をご紹介させていただきますね。

先人も同じように、模写をしています。いまに至る名画の多くも洋の東西を問わず、
その時代時代において先人だった画家たち絵師たちの作品を模倣し、
先人の作品に対する姿勢、精神性、そしてその技術を、真摯に学び研究しています。
そういう時期、画業の積み重ねを経て、初めて自らの作品の制作に取りかかっているんです。


ゼロから新しい表現を生みだすことはできない。
こういう作品を描きたいと思っても、底が浅いものしか描けない。
思いだけが先行しても技術が追い付かない。
だから、自分が表現したいと思うものを表現するためには、
謙虚に学ばないといけないと思いました。


いかがでしょう。作品同様、作品に向かうこの真摯さにも感銘を受けました。


名画の修復技術を身につけて、そういった仕事に就きたいという学生さんもいました。


職人の匠と芸術の匠・・・・


美術というものと向き合って感動し、学び、悩み、そして地道に学び直し、
自らの道を必死で探している学生たちの真摯さと腕前は、
わたくしが想像している以上でした。

ただの模写ではない。血肉化された模写作品・・・・

これだけの作品を仕上げるのにどれだけの頑張ったことか。
いかに若くとも、背中や首や肩の痛み、腰痛なども起こったことでしょう。

仏画に顕わされた截金(きりがね)の技術の素晴らしさも実に見ごたえのあるものでした。
さすが、江里佐代子氏に憧れ学んだ学生さんたちだと感服。

真面目に誠実に制作に取り組んでいる芸大美大の学生さんたちの存在を、
ご紹介させていただこうと思った由縁です。


多事多用だったためご紹介が今になってしまいましたけれど、会期は明日まで。
開館時間は10時から17時までですが、明日はギャラリートークが午後一時から開催。
ご都合のよろしい方は、ぜひ、ご覧になってみてください。
静かな感銘を受けるおススメの展示会です。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

「生誕100年 佐藤太清展」・・・・京都文化博物館

P2113792.jpg
(チラシ・ポスターに使われているこの椿の作品は「雪つばき」という作品の一部です)



今日は建国記念日。それゆえ、それに関した記事をアップしたいと思いましたが、
終わったばかりの日本画の展覧会をご紹介させていだくことに。

都知事選挙のあった日曜日がこの美術展の最終日でした。
もう一度行きたいと思っていたところ、あまりの寒さでひるんでしまい、
行きそびれてしまいましたが、本当に、もう一度行きたかったです。

このポスターに使われている椿の作品は、
身の引き締まるほどの寒さの中でこそ心に映えるものかもしれません。
いつかそうした中で改めて観たい作品ですが、
今回は、関節の痛みにひるんでしまいました。

この作品は、「雪つばき」という作品で、佐藤太清氏の代表作。
他にも好きな作品は多々ありますが、この作品は特に好きな作品で何度でも見たくなります。
出来ることなら自分で所蔵したいほど。
こうした作品を見ると、日本画って素晴らしいなあとその可能性を改めて思います。

佐藤太清氏が日展(第26回)に出品したものですが、いつのころからか、
日展にはあまり足が向かなくなったわたくしとしては、あらためて、
日本画壇というのか、院展、創画展、日展などという流派の枠が気になってきます。
家元制度と似てその功罪を考えさせられるからでしょうが、
美というものが持つ本来的な力は、こうした枠の問題を解決してくれるだろうと、
そう祈ってやまないわたくしです。

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

「浅井忠の眼―パリの街角を飾ったポスタ―」展・・・・堂本印象美術館

ポスター展 堂本印象企画展

P1313031.jpg


堂本印象美術館で開催中の「浅井忠の眼―パリの街角を飾ったポスター」展
とても見ごたえのある企画展でした。
堂本印象の「美の跫音(あしおと) ―1952年のパリ・ローマ・フィレンツェ―」との同時開催の企画展ながら、
これ1つでも十分だったと思えるほどでした。

浅井忠は、幕末に坂本龍馬たちが走り回っている頃に生まれている洋画家です。
明治になり、近代化路線を突き進む政府によって西洋画研究のために留学しているので、
夏目漱石と同じですね。どこかに接点があるのではないかと思い調べてみたら、何と、
夏目漱石の小説『三四郎』の中に登場する深見画伯のモデルだったり、
正岡子規にも洋画を教えていたりと驚きました。

教育者として素晴らしい人物だったようですが、
の資質に優れるということは、作品を見る目も優れていたということなのでしょう。

当時は洋行する画家は結構いましたけれど、
夏目漱石など、洋行帰りの画家たちをかなり冷やかな目で見ていましたが、
浅井忠に対する見方は別だったようです。
洋行した当時、彼のその目に留ったポスターの数々は、
後年優れたポスターとして歴史に名をとどめたものばかり。

委細は、以下をクリックしてご覧ください。



ご参考までに⇒浅井忠

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

「美の跫音(あしおと) ―1952年のパリ・ローマ・フィレンツェ―」展・・・・堂本印象美術館

昨日、娘が東京都内の美術館巡りをしている間、
わたくしは堂本印象美術館にてすこぶるステキなひと時を過ごして参りました。
昔、その挿絵が気に入って購入した堂本の「美の跫音(あしおと)」という西欧旅行の折りの、
スケッチ画の実物を見たかったので、とても良い機会になりました。

堂本印象は必ずしも好きな画家ではないけれど、
行くたびに新たな発見があるから不思議。


P1313029.jpg

堂本印象美術館にて「美の足音」展 2014,131


この堂本美術館のことは以前にもここでご紹介していますけれど、
金閣寺や龍安寺も近いので、観光で京都にお越しの方もぜひ立ち寄ってご覧ください。
立命館大学のそばなので学生の皆さん、受験生の皆さんにもおススメです。
美術館へのアクセスは、こちらをどうぞ。

たまたまなのか、いつもそいなのかは分からないけれど、
美術館前に市バスのバス停があり、学生がいつもバス待ちをしているけれど、
美術館に入ってくる学生がほとんどいないのは何故かしら・・・・
いつでも行けるというから、ということなのか。
あるいは、興味がないのか。いずれにしても、
宝の持ち腐れという言葉を思い起こしてしまいそうになるわたくし。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

「黒田辰秋の世界」・・・・そごう美術館

P1242848.jpg


建仁寺の普段は非公開の法堂の双龍図を視た後、
久しぶりに祇園を散策した昨日、思わず目に入ってきたポスター。
黒田辰秋氏の展覧会のポスターでした。

わ~~~~京都で開催するんだ!

と思って眺めたら、何と横浜の「そごう」デパートでした。

京都の駅美術館(伊勢丹美術館)と同じで、こうしたデパート系の展覧会というのは見逃しがち。
普段、デパート歩きなど極力しないし、人混みが嫌いだし、で、この手の情報には疎いのです。

けれど、不思議なことに、好きな作家の展覧会は意外と逃さないみたいで、
何らかの形で情報が入ってきたり、出会ったりします。

ということで、横浜まで行く算段をすることにしました。

テーマ : 創造と表現
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。