スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台 大崎八幡宮(3)

P9259075.jpg



いよいよ、ご社殿です。いつ観ても美しいです・・・・
絢爛たる桃山建築の代表的な社殿として、
大崎八幡宮のこの社殿は国宝であります。

大崎八幡宮の公式サイトの説明を以下に引用しておきますね。

 本宮は、豊臣家召抱えの梅村日向守家次・梅村三十郎頼次・
 刑部左衛門国次・鍛冶雅楽助吉家といった当世随一の巨匠を招き造営されました。

 その様式は入母屋造りの本殿と拝殿とを相の間で繋いだ石の間造りであり、
 後に権現造りと言われる建築様式は、外観は、
 長押上に鮮やかな胡粉極彩色の組物(斗きょう)や彫刻物を施し、
 下は、総黒漆塗りと落ち着いた風格を現し、
 拝殿正面には大きな千鳥破風、
 向拝には、軒唐破風を付け、
 屋根は、柿葺と意匠が凝らされております。

 拝殿内部には、狩野派の絵師佐久間左京の筆に成る
 唐獅子の障壁画や大虹梁の青龍、
 石の間の格天井には、五十三種の草花が描かれており、
 俗に左甚五郎の作と伝わる花鳥動植物や説話風の人物など
 多彩な彫刻が組み込まれ、全体的に美しい調和をなし、
 安土桃山時代の文化を今に伝える我国最古の建造物であり



仙台総鎮守として藩祖伊達政宗公をはじめ歴代藩主はもとより、
仙台城下の人々に至るまで、この大崎八幡宮は、
開運厄除け、招福や必勝祈願、そして安産の神としても尊崇され、
いまに至るも仙台市民や県民に親しまれています。

ところで、仙台には昔から「卦体神」(けたいがみ)という、
十二支の神さまを信仰する習俗がありまして、
仙台市内中心部にそれぞれの卦体神さんが祀られた寺社があります。


我が家の場合、愚息は子年生まれなので観音堂の千手観音、
羊年生まれの娘は大日堂の大日如来がそれぞれの卦体神ということで、
それぞれが祀られている祭には、よく出向いたものでした。
(単に、お祭りが好きなだけかしら)


ここ大崎八幡宮は乾(戌亥)の守護神とされるのは、
仙台城の乾(北西)の方角に創建されたからで、
戌亥生まれの人たちにとっては特別のところになるようです。


それにしても、どうして、生まれ年の干支と方位を組み合わせて、
こうした習俗信仰が生まれたのか。

仙台城(千代城)が築城される時、
城下の守護を祈念してのこととされていますが、
藩祖伊達公が範としたのは秀吉同様に、
京都の都における守護の在り様だったのだろうと。
陰陽師でおなじみの方位によって守護を置くという思想です。

そこに、神仏習合の流れが合流して、
自分が生まれた年の干支によって守護してくれる仏菩薩が決まっていると、
そういう考えが広く流布するようになり、
それを信仰する習俗が仙台でも広まったのでしょう。

ちなみに、十二支と信仰する守り本尊の関係は、
調べてみましたら、以下の通り。

子  …観音様
丑/寅…虚空蔵菩薩
卯  …文殊菩薩
辰/巳…普賢菩薩
午  …勢至菩薩
未/申…大日如来
酉  …不動明王
戌/亥…阿弥陀仏

皆さまの守護仏、お分かりになりました?
今後、神社仏閣に詣でられた折り、思い起こされてはいかがでしょう。
ご利益があるやも・・・・。


P9259074.jpg
(西廻廊)


P9259076.jpg
(祭儀棟)
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台 大崎八幡宮(2)

P9259057.jpg

P9259058.jpg


味わいのある狛犬だなあと、
改めてその表情に見とれてしまいました。
阿吽(あうん)の様もなかなかいい感じだと、
他の神社の狛犬をたくさんながめてきたせいか、
改めて、そんなことも思ったり。さすが、大崎八幡宮の狛犬だなあと。


P9259060.jpg


P9259059.jpg



この三の鳥居をくぐりますと、平坦な表参道がしばらく続きます。
やがて、右前方に、祓所と手水舎、



P9259065.jpg



P9259066.jpg


P9259064.jpg



参道の左側に、殉国碑が見えて参ります。


P9259067.jpg

P9259068.jpg


P9259062.jpg


ほどなく、長床が見えてきます。
国宝の社殿は、この長床という建物の奥にあります。




P9259071.jpg

P9259072.jpg


仙台で暮らしていた当時も見ていたはずなのに、
今回、まるで初めて眺めるかのような・・・
そんな感じをいだかされたことが、
とても不思議でした。

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台 大崎八幡宮(1)

この夏、作業のために戻った折り、その忙中、
従妹の車に乗せてもらった折り、祈願のため、大崎八幡宮 に参拝してきました。
以前、ここのブログでもご紹介した「どんと祭」が執り行われる神社で、
杜の都に鎮座する国宝でもあります。


ご紹介しているものとばかり思っておりましたが、
どんと祭の写真のご紹介だけだったことに気づきました。
ご紹介しようにも「どんと祭」で出掛ける時間はいつも真っ暗ですから、
境内の様子などをご紹介するという思いに至らず、
どんと祭=大崎八幡宮は自明過ぎて、
そうした発想がなかったようです。

長年京都にお住まいの方が、
自身の個人的なブログで清水寺をご紹介しないのと同じかもしれませんね。
杜の都を離れての反省ですね。

なので、以下、
いつもの一の鳥居から入った先の二の鳥居からご紹介したいと思います。
ちなみに、こちらをご参照ください。⇒ 境内の案内図(←クリック)


P9259047.jpg


境内はいつも清浄です。
今の日本で、いつも清浄さが保たれているのは、
こうした神社の境内だけかもしれませんね。


P9259048.jpg


この二の鳥居(石柱の鳥居)の先の石段を登った先に見えるのが、三の鳥居。
どんと祭では、寒い中、ここの石段で長いこと待たされますけれど、
こうした長い石段はゆっくり昇っていくに限ります。



P9259049.jpg

P9259054.jpg


その前に、お時間がおありの方やご旅行でいらした方は、
こうしたものもお読みいただくとよろしいかなと。


P9259050.jpg
P9259051.jpg
P9259052.jpg



テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

テラスの箱庭・・・・ベランダガーデン

CA3J0280.jpg



この夏、留守にしている自宅マンションの屋上や共有部分の
大規模防水加工工事が終わった後に「問題」が発生。

お掃除してもお掃除しても上階から砂や小石が落ちてくるという訴えがなされ、
それがどうやら留守にしていたわが家のテラスかららしく、
犯人は、どうも雀たちらしいとのこと。

餌をやらなくなって2年以上になりますが、
わたくしがテラスに出ると、どこからともなく姿を見せ始める雀たち。
この子たちが、砂を階下に落とす犯人なら責任はわたくしにあります。
何と言っても、一時は「扶養家族」だったわけですから。
けれど、従妹たちが言うには、
階下に落下している小石はうちのものじゃない、
箱庭から落ちたとして、その落下位置との関係がおかしいとのこと。
何より、これまでこうしたことは一度もなかったのだからと。



CA3J2511.jpg


真相はやぶの中ながら、集合住宅に住み暮らす以上、
トラブルに対しては何らかの対応を取らねばなりません。

それに、世の中、「これまでなかった」ようなことが続いているわけで、
聞けば、雀は暑いときに「砂遊び」をするらしい。
テラスの箱庭には砂はありませんが、乾いた土は、砂になる。


留守のため従妹に網を掛けてもらったところ、
砂や小石の落下は治まったものの、再び、落ちてくるとのことで、
慰霊祭に出席する所用と合わせて、帰省中に、
テラスの箱庭を欄干側から内側に移設することにした次第で、


この作業、日中の暑さと日射しの中では怖くて出来ないので、
早朝の4時から朝の8時過ぎまでと、
夕方、陽が落ち始めることからの数時間にやることにしたものの、
箱の庭木や草木をまず移し土地を移して箱を空にしないと、
わたくしの力ではびくともしないので、
コツコツ、コツコツ、腕や指や腰の痛みをごまかしながら、
まだまだ終わらんなあ・・・との思いに耐えながら、
忍耐、忍耐の作業の連続で、一箱の作業に一日がかり。

結局、5箱片付けて移設するのに1週間以上もかかり、
友人二人に手伝ってもらってやっと終えることができました。
感謝!



CA3J0281.jpg


テラスやベランダに庭木を植えるのは通常の鉢ではかなり難しいので、
わが家の場合、このような箱庭を作りました。

廃材で箱を作り、中に防水板を打ち付けて、
底面に排水用の穴を開けただけの箱で、
用いる土もマンション用の水はけのよい軽い土です。



CA3J02790001.jpg



深さは60センチ以上のは必要らしいので、
このような形にしました。
椿や山茶花、南天やナナカマドなどを植えて、
心の楽しみにしてきましたが、
やはり、地植えとは違うんですよね。

水はたっぷり必要です。そうじゃないと、
留守にしている我が家のように、
庭木の半分を枯らせてしまうことになりますから。(涙)
それだけ注意すれば、戸建じゃなくても、
ベランダガーデンを楽しむことが可能になります。
ちなみに、箱庭は廃材で作れば費用もかからないです。

しばらく更新をお休みしてしまったので、
内緒で公開です。(←すごい矛盾!笑)

テーマ : ベランダガーデン
ジャンル : 趣味・実用

年越し蕎麦

年越し蕎麦


TVで「ゆく年くる年」をちょっとだけで見て、
初詣に出かけ、帰宅後の深夜にお蕎麦を食すことに。

これって、年越し蕎麦って言うのかしら。



★追記

このお蕎麦、とても美味しかったです!

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。