スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年3月に見た映画(1)

大震災から3年を迎えていろいろのことを考えさせられておりますが、そのことは、3年目を迎えての報道番組が落ち着いた頃に書こうと思っています。今日は、娘の卒業式のため在宅です。久しぶりにネットをする時間が朝からたくさん持てています。映画の備忘録。月末にまとめて見た映画をアップしようとすると忘れてしまうので、何回かに分けてアップすることにしました。


mibu.jpg
(やはり、中井貴一には時代劇に出てもらいたい。ドラマのサラリーマン役なんぞ見たくないぞ、と)

壬生義士伝(2003年製作 滝田洋二郎監督)

映画館で見て以来なので、何年振りでしょう。随分久しぶりに見ました。
たまたまではなく、見たいと思って見ました。今回は家で一人で見たせいか、歳をとったせいなのか、号泣!
本当に泣けてしかたがなかったです。泣けたお陰で何かが癒された・・・
ところで、記憶っていい加減なモノだと改めて思い知ったのは、ラストを覚えていなかったこと。
このラスト、はたして余分だったのか。今回は、このラストのお陰で気持が救われたなあと。




ラストマン スタンディング
(何を見ても、ブルース・ウィリスはジョンにしか見えなくなってしまったわたくし)

ラストマン・スタンディング(1996年アメリカ映画。ウォルター・ヒル監督)


アクション映画ファンの私としては、この監督の映画は、もしかしたらそのほとんどを見ていると思われるのだけれど、本作が、黒澤監督の「用心棒」をベースにしたギャング映画というのはイマイチ納得できないなあと。「荒野の七人」の方がまだ黒澤映画の西部劇版として納得できたのは、ユル・ブリンナー他の配役が成功しているからで、本作はどうも違和感が否めない。マッチョなブルース・ウィリスの優しさに男のロマンを感じる人はそうは思わないかもしれないけれど、見ていると、ギャグなのではと思ってしまう表情のシーンがたくさんあって、ブルース・ウィリスのファンではあるけれど、本作ではやはりミスキャストではないかと。





将軍たちの夜
(ピーター・オトゥ―スが中年のころに演じた役を、彼のように演じられる俳優はいまいないですね)

将軍たちの夜(1966年アメリカ映画。アナトール・リトバーク監督)


古い映画です。アナトール・リトバーク監督は往年の名監督で、どこの国の映画監督か分からない程、多国籍的。本作は当時のスター総出演といった感じ。ナチの軍服姿が出てくるので、戦争映画と勘違いしてしまいそうになるけれど、れっきとしたサスペンス映画。「アラビアのロレンス」で一世を風靡した当時のイケ面俳優のピーター・オトゥールという俳優は、こういう役をやらせると背筋が寒くなるほどの凄味を感じさせますね。アラン・ドロンの野卑さがない紳士然としている分、凄味があると言えばいいのか。サスペンスがお好きな方におススメです。





父の祈りを
(いまや名優なれど若かりし頃のダニエル・ディ=ルイスよりも、ピート・ポスルスウェイトの存在感が素晴らしい)

父の祈りを(1993年製作イギリス映画。ジム・シェリダン監督)

冤罪映画は、見るたびに、「冤罪だけはてはならないことだ」という思いを必ず抱かされる私なれど、この映画は、1970年代のIRAによるロンドンでのテロ事件であるあり、ギルドフォード・パブ爆破事件の犯人として冤罪で逮捕され服役することになったアイルランド人の若者とその父親の、再審への長い戦いを描いたものとされるけれども、主演が、「リンカーン」を演じきったダニエル・デイ=ルイスの持ち味があまり出ていないように思われたせいか、イギリス司法界史上最大の汚点とされる冤罪事件にもかかわらず、イマイチ、深い感動を覚えなかったのはなぜかしらと。
獄中で亡くなる父親役を演じたピート・ポスルスウェイトは、素晴らしかった。






クリストル・ヴァルツ
(クリストル・ヴァルツ、好きな俳優です。男性としてもマイタイプ。いいなあ・・・うふ)

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作 タランティ―ノ監督)

タランテイ―ノ監督の前作『イングロリアス・バスターズ』で一番印象的だった悪役ナチ役のクリストフ・ヴァルツが、今回は善玉で魅力全開となった作品で、極上のエンターテイメントに仕上っていることを再認識。キャスティングが、とにかく奮っている。何度見ても面白い。個人的には、本作がタランティーノ監督の映画の中で一番好きだなあと。






empiresun020.jpg

太陽の帝国(1987年 スピルバーグ監督)


これもいまとなっては古い映画になってしまったかもしれません。なにせ、出演陣が、「ああ、こんなに若かったんだ」と驚いてしまうからで、主演の子役ジェイミーは、バットマンのクリスチャン・ベールですし、ジェイミーが友達だと語った特攻隊員の日本人少年は、何と、片岡孝太郎なんですから。
前回みたのはいつだったか。こうして年を経て見直してみると、とてもいい映画だと改めて思いました。
この映画でもラスト、ジェイミー少年が子供の顔に戻った瞬間、泣けてしまいました。

以下、おまけ。

91354efca66f52425a8f772404644e57.jpg
(主演のジェイミー少年はクリスチャン・ベール。隣のベイシー役は:ジョン・マルコヴィッチ)


a0212807_21595678.jpg
(クリスチャン・ベール少年の隣にいるのが片岡孝太郎)

お三方の現在は、以下の通り。

444px-John_Malkovich_KVIFF_2ジョン・マルコヴィッチ 太陽の帝国 ベイシー役

76fe31b7.jpg

img_1214401_38639702_1.jpg


映画の楽しみ方には、こういう楽しみ方もあるということで。
映画ファンとしては、お若い方にはこう言いたいわたくし。「映画を見ない人生は、人生の半分を損する」ぞと。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014年1月・2013年12月に見た映画の備忘録

メモが出てきたので掲載します。映画の写真と感想は時間が出来た時にでもアップさせて頂きますが、個人的な備忘録ですので、興味のない方はスルーしてくださいね。

2014年1月に観た映画

�バ—カ—
�ワイルド ラヴァーズ
�13人の刺客
�ゴッド ファ—ザ—3
�ダイハ—ド5
�声を隠す人
�プラチナデータ
�もう一人のシェイクピア


他は忘れてしまいました。


2013年12月に観た映画

�風と共に去りぬ
�暗黒への転落
�ハンガーゲーム
�スリーデイズ
�ザ・レディ、アウンサウンスーチ—
�レッド・リターンズ
�海の上のピアニスト
�恋は嵐のように
�RONIN
�キャプテン・フィリップス
�利休にたずねよ
�かぐや姫の物語
�ケイト・レディは完璧
�ト—タル・リコール(リメイク版)
�北のカナリアたち
�ニキ—タ
�他

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2013年 11月に見た映画の備忘録

����11月の映画��   

★は面白かった映画でおススメの映画です。


★ザ・グレイ

飛行機の墜落事故で生き残った数人の男たちのサバイバル映画?
ジョー・カーナハン監督、リーアム・ニーソン主演の映画なので、
Aマイナス2くらいのアクション映画かなと思って観はじめたのですが、
エンターテイメントではなくて驚きました。

主人公にとって、死んだ父親が遺した唯一のもの、
それは次の自作の詩でした。

もう一度闘って、
最強の敵を倒したなら、
その日に死んでも、
悔いはない

事故後の過酷な生存環境は、暖かい部屋にいるというのに、
観ているだけで凍えそうなほどでした。が、
本作はただのサバイバル映画ではありません。
映画の中で繰り返し出てくるこの詩句、
この詩句を見つめ続けて死んでいったという、
何のとりえもないサイテ―の部類に入れられる父親との葛藤が、
主人公の中で大きな意味を占めていたのでしょう。
父と息子の関係の難しさに思いを馳せながらも、
主人公が問い求め続けてきたものが何だったのか。

人間の生死など他の生きものと違わないのだと思わせる、
人間の思いなどチリのように思わせる雄大な、そして厳しい自然が、
静かに画面いっぱいに広がる時、

生きるために歩き続け、生きる意味を問うべく闘い続ける主人公の、
姿とこの詩句を通して、見ている側も生きる意味を問われてくるようで、
厳寒な過酷な環境ではとても生きていけない軟弱なわたくしなど、
ホント、手足が凍えていくような錯覚を抱かされたほどでした。

過酷な環境の中であろうとなかろうと、生を生きるとき、
わたくしたちはその焦点をどう定めるのか。
定めていく指針を持っているのか。

静かな、緊迫感に満ちた映画でした。


�RONIN

観たのは随分久しぶりでした。
初めて観たのは公開時だったと思うので、随分昔になりますね。
街中のカ—チェイスと銃撃戦、トンネルの中の逆送など、当時と変わらず、
今回も息を呑むほどのシーンは相変わらず。
キャストが凄く贅沢だと改めて思いました。

�イン・アメリカ、3つの小さな願い事
�陪審員
�黒木太郎の愛と冒険
�リターン・トゥ・ベース
�アラビアのロレンス
�オスロ国際空港/ダブル・ハイジャック

★パピヨン

この映画は数年に一度は見ているわたくしにとってはお決まりの映画の一本ながら、
ラストの感動は毎度のことながら、この「パピヨン」
実は、観るたびに少しづつ印象が変わり、
ああ、そうだったのかという発見もあるから不思議です。



★トラフィック

ソダ—・バ—グ監督って、こういう映画を撮らせたら、ぴか一ですね。
ラストの照明に照らされた人々の集う小さな町の球場、
あれが麻薬撲滅戦争の希望なのだと信じたい。

本作は、マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの
ご夫婦共演で話題となったように思いますが、それより、
ベニチオ・デル・トロが実に魅力的な存在感を示していて、
前回同様、今回も「ああ、一押しの俳優だなあ」と思え、
キャスティングがなかなか唸らせる映画だと改めて思いました。


�アンカー・ウーマン

ミッシェル・ファイファーとロバート・レッドフォード共演の昔の映画を、
何本か、暇つぶしに見てしまった今回、つい、
ミッシェル・ファイファーの最近の顔を思い出し、
あれはいただけないなあと感じた次第でした。
ロバート・レッドフォードの顔のシワの凄さはつとに有名ですが、
女優の美容整形というもの、必ずしも女優業にプラスではないのでは?
そんな思いを抱かされたのは、20代、30代だったころの彼女が、
あれから30年近く経っても同じ顔だというのは、
SFのような感じです。20年、30年という人生の積み重ねを、
その女性としての成長を、見せてもらえなくて残念です。

�崖っぷちの男

他、映画館で見た映画数本。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2013年 10月に見た映画の備忘録

今年もあと2カ月で終わりですが、まだ2カ月間もあるので、
上映中の映画も含めて、まだまだ映画が見られるなあと楽しみ。

ということで、
10月に観た映画を振り返ってみます。
以下の◆は今回初めて観た映画ですが、見逃していたものを見ることができました。
画像付きの映画は、おススメの映画です。


英雄の証明(原題「コリオレイナス」)

コリオレイナス


本作は、トミー・リー・ジョーンズとサミュエル・L・ジャクソンが共演した、
アクション映画の「英雄の条件」とは違います。名前が似てますのでご注意を。

こちらは、シェイクスピアの悲劇『コリオレイナス』の映画化で、
しかも、時代を現代に移しての映画です。
そういうのって結構ありますけれど、
本作も映画よりは演劇が好きという方におススメかなあと。
監督は、あの俳優のレイフ・ファインズで、本作が監督デビュー作。

ジェラルド・バトラーも出演しているし、
内容的にも、個人的にはかなり好きなタイプなのですが、
レイフ・ファインズによる、レイフ・ファインズのための、
レイフ・ファインズの映画だなあと、ということで、
おススメしかねたのですが、一応、アップ。



晩秋(原題「DAD」)
晩秋2


ジャック・レモンが最高!
この映画、ブログで別立てで取り上げようと思います。
ご子息のおられる方、お父様がご高齢の皆さま、
無論、家族の絆に対していろいろの思いを抱いておられる皆さま、
そして、野球のお好きな方にも、この映画、おススメです。




◆クライムダウン
◆恋と愛の測り方

モンタナの風に抱かれて(原題「ホース・ウィスパー」)
517DtcKoUPL.jpg

随分久しぶりに観ましたが、やはり、良い映画だなあと。
娘にも見せたかった1本でしたが、やっとそれが果たせました。
最初に観たのは、公開当時、映画館ででしたが、
ロバート・レッドフォードの顔に刻まれた皺の多さが、
実はとても気になって仕方がなかったのですけれど、
今回は、それが良かった・・・年齢のせいかしら。

これ、映画ブログでアップしかねていた作品だったのですが、
そろそろ、アップしようかという思いになりました。
馬のお好きな方には必見の映画でもありますが、
冒頭のシーンは、やはり壮絶です。
いま思うと、スカーレット・ヨハンセン、はまり役でしたね。




◆プレミアム・ラッシュ
◆セコンド、ア―サ―・ハミルトンから…
◆ラスト・キャッスル
◆天地明察
バトルロワイヤル
悪の教典
預言者

◆333

何者かによる無差別の悪意といえばいいのか。
まさに、被害者にすれば、不条理そのもの。
観終えたあとに、これって、サスペンスとしてはどうなのかと思いましたが、
人生は不条理だとか不条理に満ちているというメッセージでもないので、
サスペンスとしては二番煎じの感が否めませんでした。



青の炎
img_1064951_31894086_0.jpg


いま見ても二宮君の為の映画かと思えるほど、はまり役なのではないかと。
本作での妹役の女の子、誰かにそっくりだと思ったら、
やっと名前を思い出しました。杉田かおる。


夢を売る二人
408570l.jpg


安倍サダヲという役者、いいですね!
その良さを再認識させられました。
笑えて、その後、しんみり、せつなくなり、ラスト、元気になる(かも)
そんな映画でした。おススメです。



パーフェクト・プラン、完全なる犯罪計画

黒い家
511N0D4JG1L.jpg


フィルムが悪すぎると毎回思うのは、この映画、低予算だからでしょうか。
今回も大竹しのぶが怖い!と感じますね、さすがに。
ここまでやるか~であります。いつ見ても怖いと思うだろうなあと。

この映画、私は何度か見ていますが、
今回たまたま一緒に見た娘、本作での西村雅彦の真似をするようになって、
笑っていいのか、困っております。
★http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/015961/


フォーリング・ダウン
◆捜査官X
バトルシップ
ヤング・シャーロック・ホ―ムズ、ピラミッドの謎
ザ・クリミナル合衆国の陰謀
シンシナシティ・キッド
Xメン2
カサブランカ
ロック・オブ・エイジズ

強調文ハンター(邦題「タイガー」)

ハンター


ウィリアム・デフォー主演の、やっと見ることが出来た映画。
久しぶりに緊迫感の続く緊張感のある良い映画を見たなあと。
ウィリアム・デフォーは癖のある俳優ですが、好きですね!
彼が出演しているだけで、作品に締まりのある魅力が出てきます。

委細や見どころは、リンク先の解説の通りです。
ぜひ、クリックしてお読みになってください。
こういう映画、いいですね~


シャーロック・ホームズの素敵な挑戦(昔の映画)
アベンジャーズ



テーマ : 見た映画
ジャンル : 映画

2013年 9月に見た映画の備忘録

9月に観た映画の備忘録 ★今回が初めての映画
個人的な備忘録なので、興味のない方はスルーしてくださいね。


Weneed to talk about Kevin 「少年は残酷な弓を射る」
殺人捜査
マシンガン・パニック(70年代がプンプン)
Blood‐C.The.last.Dark
ディクテータ―
コロンビア―ナ

★ザ・レイド(インドネシア映画)
ハングリー・ラピッド
キラー・エリート
ダ―ク・フェアリ―(カティ・ホ―ムズ)
張り込み

コナン・ザ・バ―バリアン
シュワちゃん主演のリメイク版(主演の俳優、北村一輝に似てたなあ)

キング・ア―サ―
ユナイテッド、ミュンヘンの悲劇
エディット・ピラフ、愛の賛歌
逆転無罪

★裏切りのサ―カス
パーフェクト・ストーム
ボ―ン・レガシ―
悪の教典
黒い家
悪の教典、序章

きっと、ここが帰る場所
裏切りのスナイパ―
ブラック・ブレッド
ナイロビの蜂
小さな巨人

ホイットニー・ヒューストン 遺作
タイム
汚れた心(敗戦直後のブラジル移民の実話)
ジャッカルの日
ブレイクアウト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。