スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立候補と投票という政治行動に見る高齢者の「元気力・健康力」

注目された今回の都知事選を振り返って、まっさきに感じたのは、
東京の高齢者はとても元気で健康だ~~と言えるなァと。(あくまで個人的な感想)

戦いを制した舛添氏、65歳、一期終了後で69歳か70歳。
次点の宇都宮氏、67歳、当選していたら一期終了時71歳。
三番目の得票だった元総理の細川氏、76歳、当選していたら一期終了時80歳を超えています。
細川氏を応援し雪の中でも街宣車に立ち続けた小泉元総理は、72歳、
得票数四番手で一番若かった田母神(たもがみ)氏、65歳、

辞任された猪瀬前知事も、67歳でしたが、
その前任で今回、田母神氏を応援した石原慎太郎氏は、現在、81歳。
国会で野党第二党の維新の代表でもあります。

候補者の中にも、有効当方総数の10分の1を獲得できなかったとはいえ、
それでも元気な演説を展開されたドクター中松氏、85歳、
誰かよく分からないままだったけれど、マック赤松氏、65歳、

まだ記憶に残る問題となった「後期高齢者医療制度」における年齢からすると、
全員、前期高齢者と後期高齢者。前と後の違いはあれど「高齢者」に入り、
ちょっと昔なら「老齢者」と言われ、その前は「老人」と言われた年代層です。
失礼ながら30代の候補者が小学生レベルに見えてしまったほど。

そして、いつもながら、誰に投票するにしても、
60代70代は投票に出掛ける人の数も一番多い世代だというデータは、
今回の都知事選挙でも変わらなかったようです。

de-ta.jpg
資料3


要介護のご高齢者や医療福祉の充実を求めるご高齢者が多い東京都で、
知事選に出馬するのもその投票に出掛けるのも60、70代が主であるというのは、
道理にかなっているとも言えますが、
こんなにお元気なご高齢者が多いのですから、東京都の未来は明るい?

それにしても気になります。
一方で寝たきり、要介護のご高齢者がおられる一方で、
選挙に出て睡眠時間2時間で走り回れるご高齢者たちがいらっしゃる。
同世代の方たちながらこの「元気力や健康力」の格差がどこから生まれるのか。
政治家や政治に関心を持つ人種は特別だからとも言われますけれど、

そういえば、先日の夜のテレビ番組で100歳を超えたご高齢の男性が健康増進のために
ゴルフの打ちっぱなしを週に数回楽しんでおられる姿を拝見しました。
奥さまもお元気、同居しているお子さんお孫さんやひ孫さんに囲まれての暮らしで、
とても茶目っ気のある温厚な、好々爺然とした魅力的な表情のお顔の老紳士でした。

所得や資産別の投票行動データというものがあるのかどうか不明ですが、
そういうものがあったとしても、そこに、立候補と投票という政治への行動、
その「元気の源」を探ることは難しそうです。


スポンサーサイト

テーマ : 気になった事
ジャンル : ニュース

国会での代表質問・・・・なぜ、ツマラナイのか。

P1302926.jpg
(参議院での午前中の代表質問が終わった所。やれやれという感じが伝わります)


24日に行われた安倍総理の施政方針演説を受けて、昨日から、国会で代表質問が始まりました。
どれだけの国民が中継を視聴しているかどうか分かりませんが、わたくしなど、
中継中は在宅の場合ずっと流しっぱなしで、作業しながらのBGM代わり。
(いまも、総理が質問者同様に答弁の作文を棒読みしています)

この代表質問、いったいいつからこういうスタイルに固定されたのか不明ながら、
各党にとって自分たちの党のアピールの場にもなっているせいか、
党やグループを代表して質問に立つ議員諸氏にとっては「晴れの場」です。

なので、りっぱな作文のような代表質問ばかりになりがちで、
そうした意味では、もはや、代表質問は儀礼化しているともいえます。

りっぱな壇上に立って「りっぱな」作文を読んでいる当人にとっては「りっぱな」質問(文)でも、
それらの作文を全部読み終えた後じゃないと、総理からの返答を聞けないスタイルになっているので、
質疑応答に時間差が生じてしまう分実に分かりにくい。

「○○について総理のご所見を伺いたいと思います」
「○○について、総理がどのようにお考えなのか伺いたい」
「○○に関しての総理の見解を求めます」うんぬん

そう言った後で答弁が聞かれるなら聞いていて分かりやすいですが、だらだらと自説を読み続けた後に
「総理に質問します」で一区切り、また、だらだらと自説を述べて質問へという流れのスタイル、
そろそろ、何とかしてもいいのではないか。

真面目な若手議員など、「○○について総理のお考えをお聞きしたい」というたびに、
右背後に着席している総理の方を、そのたび振り返ってしまっている。

しかしながら、本来、質問者とはそういうものではないか。
質問したい相手が自分の後ろにいるというのは、やはりおかしいのである。
こうした不自然なスタイルは前時代の遺物として改めていきたいもの。


265_w5.jpg
(この写真はネットから拝借しました)

そこで、提案です。国民に分かりやすい代表質問になるように、一質問に対し一回答。
そのために、壇上の下の議場前方のスペースの左右に演説の小壇を新たに設置し、
向かって左側を政府側答弁者、右側に代表質問者に立ってもらうスタイルはどうか。
議場から見上げるような中央の壇上一つでは新スタイルへの変更は煩雑になるので。

代表質問の折りにも「質問の演説」に立った側に再質問の機会を与え(二度までと限定して)、
返答を求められた政府の側にも逆質問することを認める(二度まで)
というスタイルにすれば、代表質問の内容に対しての理解もより深まり、
政府の考えもより明確になるのではないか。

代表質問に立つ議員の質問項目ごとに、つまり、質問ごとに総理からの返答を得るといった自然な形になれば質問者も長々と作文を読まずに済むし、質問に答える総理の側も、長々と「そつのない回答の作文」を読まないで済みます。
そして、「りっぱな作文」という「質問しっぱなし」でおわる棒読みの代表質問が棒読みされる議場では、後で代表質問文なり議事録なりをコピーして届けてもらえばいいということで、眠気に負けている議員も散見される。
(昔は散見どころでなかったし、壇上で寝ている大臣も少なくなかったけれど・・・)

何より視聴している国民に分かりやすいスタイルが望ましい。


誰もが政治改革と叫びますが、誰もこうした国会質問のスタイルを変えようとは言わない。
誰もが「そういうものだ」と思っているからか、現状に疑問を感じないとしたら鈍いとしか言いようがない。
国会での代表質問を、より国民に分かりやすいものにするには、立派な作文の棒読み続きを、
そろそろ何とかしてもらいたいもの。

テーマ : 本日気になったネタ
ジャンル : ニュース

小野田寛郎氏の日米の訃報記事に感じる「ヘンだな」の違い

西郷隆盛肖像画入り米1ドル札、近く公開へ 鹿児島市の西郷南洲顕彰館
(南日本新聞社・2014年1月23日付ネット配信記事)

ローカル新聞の記事とはいえこうした事実に驚かされました。
驚かされたと言えば、数日前のネット配信記事にも、
違和感のせいか驚かされたばかり。それが以下の記事です。

先日のワシントンポストとニューヨークタイムズの記事を紹介したネット記事、

失われた「誇り」喚起 米紙が小野田さんの評伝
(産経ニュース・2014年1月18日付配信記事)

「日本人の誇り喚起」 米紙が小野田寛郎さん称賛
(Yahooニュース・産経新聞・2014年1月19日付配信記事)


BeLNz4ICQAAAvgC.jpg
(改めて、ご冥福をお祈りしたいと思います)

最初、記事の見出しに少なからず驚かされました。
もっとも「評伝」という産経新聞の見出しは、アメリカのニュースタイムズがわざわざ小野田さんの評伝記事を特集したかのような印象を与えていますが、死亡記事なので適切ではありません。けれど、それでも、記事内容を見ると、かつての敵国だった国の兵士を評する記事とは思われない印象を持ちました。
また、日本ではこのような訃報記事をネットで配信した新聞社は、見渡す限りどこにもなかったように思います。日本のメディアとしては「いつものこと」ですけれど、あまりに扱いが小さいように思われ、ヘンだなと。都知事選挙への影響を考えての自粛でしょうか。

以下がニューヨークタイムズの記事とワシントンポストの原文記事です。

Hiroo Onoda, Soldier Who Hid in Jungle for Decades, Dies at 91
Hiroo Onoda, Japanese soldier who hid in Philippine jungle for 29 years, dies at 91

ダボス会議での安倍総理の自信に満ちた笑顔が気になっていただけに、
その背景、自信の根拠に何があるのかと考えさせられています。

なぜって、何もないなら、ニューヨークタイムズとワシントンポストの両誌が、
日本人の訃報記事を取り上げるにあたって、しかも、小野田さんです。敵国だった元日本兵として訃報記事で紹介するにあたって、その記事内容は日本人の意識を刺激しないものになっており、ヘンだなと。両誌がこうした記事で足並みをそろえるなどということは、普段ないように思うからです。しかも、靖国神社参拝の後の論調とは明らかに違います。ヘンだなと。ということで、立ち止まって考えてみたいと思います。

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

東京都知事選挙・・・・・公正な選挙が行われると信じる根拠って何?

日本人は忘れやすいと最初に言ったのは誰だったのだろう。
他民族に比べて日本人が忘れやすい民族かどうか、わたくしには判断する能力はないけれど、
仮にそうだったとしても、いまでは厖大な情報が日々蓄積されているネットを検索すれば、
以下のように、当時の記録がそのまま出てきます。
わたくしのように忘れやすい者にとって備忘録代わりになってくれるので、
便利なツールとして助けられているわけです。

ということで、
まずは、見返してみました。





ご覧いただけばお分かり頂けますが、このNHK報道で取り上げられた問題、
参議院選挙で当選した候補者への「投票ゼロ」という、事実に反した事象がなぜ生じたのか、
その原因究明がまともに行われた形跡がないことが気にかかっていました。

しかも、候補者本人からの情報開示の要望があっても開示されない。
選挙管理委員会という組織に開示の不可を決める権利がどこに明記されているのかも、
いまなお不明ながら、これが、記憶では国会でも不問にされたままという点が、
何だか気になってきたのは、

阪神淡路大震災の直後の衝劇を体験し、もしこのような震災が東京で起こったら、
その時、自分の能力では我が子を守ることが難しいと判断し、
東京を脱出する決意をしたわたくしにとって、
その後十数年後に、東北大震災を体験したせいか、

首都にも近い将来起こると専門家から警鐘が鳴らされ、その大地震はいつ発生してもおかしくないとまで言われている東京での直下型大地震や千葉県や茨木県沖、あるいは内陸部で発生するかもしれない大地震発生のことが、いつも案じられているからです。

その東京でのオリンピック開催も決まってしまったからには、ますます、
今回の東京都知事選の行方が気になっている中で、上記の報道の事を思い出した次第でした。


yun_5611-630x420.jpg


選挙が不正なく実施されるのか。

というのも、公正な選挙が行われたと信じる根拠を、
上記のような報道を思い起こすにつけ、自分では持てないと思うからで。

元都知事が応援に名乗りをげたり、元総理がタッグを組んで出馬したり、
気付けば十数人も立候補。話題に事欠かない選挙になりましたが、
わたくしたちが選挙の「公正」を担保出来ないとなると、気になるわけです。

都知事選、大丈夫?



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

日本の誉れ・・・・「2013年 ノーベル平和賞」秋山一郎氏の存在

昨年の2013年をわたくしなりに総括しようと思っておりましたが、
昨年末に果たせず、このお正月中にも果たせず、ではでは、ということで、
小正月の15日までにと思い定めた次第でした。
今回は、人物を通して2013年を振り返りたいと思います。

その第一弾。まずは、こちら。


秋山氏 2013 ノーベル平和賞



日本人がノーベル賞の受賞!!その日本人がすでにアメリカ国籍の人の場合でも、
日本のマスコミは故郷の取材に記者を動員し毎回大騒ぎしますけれど、
昨年のこのノーベル賞の平和賞の受賞のニュースを、
日本のほとんどの大手マスコミTV各局が報道しなかったのは不思議です。

何故なんでしょう。受賞したのが個人ではなく組織だとしても、
その組織を動かしその組織で働く人たちは個々人であり、
そうした組織を代表して受賞したのが日本国籍の日本人である以上、
いかに、マスコミが自衛隊嫌いであろうと、公平を期し、
大いに報道してしかるべきでしょう。


2013年の「ノーベル平和賞」は、OPCW(化学兵器禁止機関)が選ばれました。
そのノーベル平和賞の授賞式に受賞出席者の一人として、
日本人の秋山一郎氏が出席されたことを、知らずにおりました。 

秋山一郎氏は、陸自の陸将補任官時代(1997年6月 ~ 2002年6月)に、
そのOPCW(化学兵器禁止機関)の初代査察局長を務められ、
その御、二度目のOPCW査察局長をも務めた人物。 

自衛官を退官した後も、請われて引き続き2009年7月まで査察局長を務め、
今回ノーベル平和賞を受賞したOPCWに大きな貢献をしてこられました。

こうした通算10年にわたり200人余りの査察官を束ねるトップとして、
3000回に渡る現地視察を指揮してきたことが評価され、
今回のノーベル平和賞の授賞式に受賞出席者として出席。

★委細はこちらをご覧ください ⇒ 秋山一郎


日本の国民の多くが読んでいない作家であるにも関わらず、
ノーベル文学賞を受賞された大江健三郎氏のときのように、
マスコミ諸氏はこの受賞と秋山氏のような自衛隊院の貢献を大いに報道し、
護憲派の皆さんもこのことを大いに誇りとしていただきたいです。

日本国憲法の下に、世界の平和への貢献活動として、日本の陸上自衛隊の地道な仕事が、やっと、
世界の国々で認められ評価されたということですから。
こうした人物のことを一人でも多くの心ある日本の皆さんに知っていただくために、
このブログ記事の拡散を希望しますし、日本と日本人の誉れとして
子供たちにも話してやって欲しいと思います。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。