FC2ブログ

奈良旅行(11)・・・・入江泰吉記念写真美術館

時間があるときに、先月の連休の奈良旅行の記事を、
どんどんご紹介していきたいと思いますので、
サッカー観戦の後や日々の暮らしの写真日記の後に、
いきなり登場することになりますが、ご了解くださいね。

奈良旅行(2010.5月) 098

鏡神社を出て、目前に広がる田畑を横目に、
道を右に下っていくと、
程なく、この入江泰吉記念写真美術館に着きます。

奈良旅行(2010.5月) 099


今回の奈良旅行では、
ここの写真美術館も目的の一つでした。
入江泰吉についてご存じない方もおられるかと思いますので、
リンク先のこちらで彼の写真を(←クリックして)ご覧いただければ幸いです。
きっとどこかでご覧になっていらっしゃるのではないでしょうか。
好きな写真の葉書を数枚買い求めることが出来て、
とても嬉しかったです。


スポンサーサイト



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

夏支度(4)・・・カキ氷

さて、空梅雨や猛暑の続くエリアの方たちのために、
我が家の「夏支度」の第四弾をご紹介しますね。

夏支度3


長い間思案し続け、


夏支度 ブログ カキ氷

いろいろのタイプの価格や使い勝手を比較検討し、
随分探して入手したのは、

CAVAC0YJ.jpg


昔ながらの手動の、
中古の未使用品の製氷機!!

とうとう今月、
買ってしまいました。
価格は、定価の5分の1!\(^0^)/


長年の夢が一つ、叶いました。


書道教室に来ている子供たちも大歓声!
本格的な夏になったら、
作ってやろうと思っています。
大人たちも子供のように目を輝かせ、
「わたしに作らせて~~」
といまから大騒ぎです。
友人たちは、「カキ氷屋さんを始めるの?」
と目を丸くして喜んでいる始末。

けれど、その前に、
ワールドカップ観戦でヒートアップしがちな自分の体を鎮める為、
いま、いろいろと挑戦中。

小豆とミルク、イチゴ味のシロップにミルク、
マンゴーのジェリーをかけたり、
アイスコーヒーを作ってかけたり、
牛乳をそこに加えたり・・・・

まだまだトライしたカキ氷があって、
とても楽しみですが、
実は、この製氷機、ただのおやつのためのマシンではなく、
ワールドカップ観戦でヒートアップしがちなわたくしの、
頭と心と体を冷やすためのカキ氷を作るマシンでもあります。

そのために買ったようなものかも。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

ワールドカップ観戦・・・窮地に追い込まれたイングランド

イングランドVSアルジェリア戦、

6,19 006
(アルジェリアのラバー・サーダヌ監督)

この試合で負けたら
予選敗退のがけっぷちのアルジェリアと、

6,19 005
(イングランドのF.カッペロ監督)

この試合で負けようもなら
ぎりぎりの窮地に立たされるイングランド、

それが、双方得点なしで、
引き分け・・・・

ライブでしかサッカーは見ないことにしているので、
後半流れが変わるかと期待し重ったるいゲームを最後まで見てしまったけれど、
試合は終始アルジェリアが押し捲っており、

6,19 016

6,19 011

イングランドもチャンス!はあったけれど、
イマイチ冴えなかったでした。

理由はどうあれ、
選手であれ監督であれ、チームの誰かが、
気持ちに迷いが生まれたり焦ったり考え込んだりしようものなら、
パスワークもコーナーキックもセットプレーもうまくいかない!という思いや、
特に司令塔の選手にそうした思いが生まれようものなら、

6,19 026

6,19 025

サッカーって特に、それがチーム全体に伝播していく。
そして、本当に何故かうまくいかなくなる。

そんなふうに思われてならないゲームでした。



今日の夜は、いよいよ日本の第二戦。
初戦で勝ち点3を得た日本ゆえ、また週末ゆえ、
日本中が観戦し期待を込めて応戦するでしょう。

上述の「誰かが」の中には、
サポーターを始めとした国民も入っているのが、
ワールドカップかなと思うと、
監督の好き嫌いは横において、
応援しなければ、という思いになりますね。

今朝のニュースで岡田監督の弁を聞きました。

一人ひとりの力は小さくても、
全員での力を合わせ心を一つにして戦えば、
われわれにも勝利への可能性が開けてくる。
だから、全員サッカーをやる。

そんな弁でした。
強豪のオランダ相手にどういった作戦で試合に臨むにせよ、
頑張れ!日本!選手たちのプレーに「スピード」を期待!


テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

ドイツ、二回戦、まさかの黒星

今夜のドイツの対セルビア戦、とても楽しみにしていたのですが、

クローゼ 退場 

ワールドカップ観戦がままないまま前半終了間際にやっとTVの前。
二回戦ともなると、ワールドカップは何が起こるか分からない。
アナウンサーが「一人足らないドイツ」と言う度に、
何が起こったのかわからないまま画面を見つめていたら、またまた来客。


後半途中から再びTVをつけたら、
ドイツが決定的なチャンス!!
ポドルスキのPK!?
クローゼが見当たらないぞ、と思いながら画面を見つめていたわたくし。


ポドルスキ


この決定的なPKさえもものに出来ないまま、
0:1でドイツが得点できないままゲーム終了。
ドイツが10人で戦うことになって理由も分からないまま、
この状況に唖然としてしまったわたくし。


クローゼ、レッドカード 対セルビア戦

よもや、クローゼにレッドカードとは!!

初戦の、あの、
オーストリア相手の4:0の快勝が嘘のようです。


その後、今夜に限って多い電話に辟易しながら、
アメリカVSスロべニア戦を見て気分を改めることに。
イングランドと初戦で引き分けたアメリカの試合振りを見たかったのに、
何度ソファからずり落ちそうになったことか。

アメリカって、この程度だったけ!?(大汗)

という印象が否めない前半、対イングランド戦のことを思い出しながら、
何だかよく分からないままでいるうちに、
2:2でゲームが終了してしまいました。

アメリカとしては、後半追い上げて2得点して引き分けたので、
負けられない試合となると底力を出したという見方も出来るのでしょうが、
何だかイマイチ、アメリカとサッカーって、
やはり結びつかないなあと思い直すのもやむを得ないような、
個人的にはそんなゲームだったなあというのが率直な印象。
と同時に、国家を背負って戦うワールドカップというサッカーは、
やはり、背後にある祖国への想いなどがかなり影響するのではないかと、
スロベニアの姿を思いながらスロベニアの独立までの苦労を考えさせられたわたくし。

ドイツが負けたせいか、何だか、力が抜けて、
ネット!で、ドイツの黒星となったゲームを確認しましたが、
何度もあったチャンスが得点に繋がらなかったのは、
頼みのクローゼの欠場で精神的にチームに何かが欠け、
バランスを失ったからでしょうか。

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・