FC2ブログ

公約という名の「約束」(1)・・・死語となった「マニフェスト」

参議院選挙に突入というが、
「突入」という勇ましい言葉がジョークのように感じられてくる。
この「突入」を実感をもって受け止めている有権者は、
いまどれだけいるのか。

政治はどうでもよく政局と選挙が好きな方たち、
視聴率と販売部数を稼ぐことが至上目的の方たち、
選挙の当事者とその支援団体関係者だけが、
さあ、選挙戦に「突入」だ!となるのではないかと
実は案じられるようになった。

国会で重要案件を審議もせず、
口蹄疫の感染対応も「全力で支援する」と言いはしたが、
その支援を予算化することもないまま、選挙に突入。
果たして、選挙後どうなるか、
宮崎県の方たちを始めとした口蹄疫被害に遭っている国民への支援体制と、
防疫体制の再構築とそれに必要な予算の計上もないまま、

支持率という(本意がどこにあるか実は分からない)数字に賭けて、
国会審議よりも選挙を優先した菅政権。
過去を見れば、この口蹄疫対策と支援も「予算が無い」ということで、
小出しになるか先延ばしにされるかもしれない。
あるいは、「やりたいんですが、財源が無いんです」と語ることで、
一気に増税論争で煙に煙に撒かれるかもしれない。
現にそうなりつつあるではないか。
あれほど、4年間は消費税は上げないと約束し、
消費税を上げる前に徹底的に無駄を省くと約束していたはずが、
「状況が変わった」と言えば、全ては水に流される。

今度のマニフェストで
政権与党と野党各党が何を列挙していようと、
そうならない保障はどこにもない。

出来なかった場合でも、政権にさえつけば、
いかようにも官僚の知恵を借りて「出来ない理由」を語ることが出来る。
あるいは、語らないことも出来る。
前鳩山政権がそうであったように。


sonota 019
(政権交代可能な政党を作り二大政党の一方を育てるために大金を投資した人物ながら、政治家としてその財力ゆえに、そして、政治家としての見識不足と指導力の無さゆえに総理の座から引きずり下ろされ、悔やんでも悔やんでも悔やみきれない思いを政治家として抱かされた人物)


sonota 020
(総理になりたかった人物。前総理の意思を受け継ぐと語りながら、副総理として総理を支えなかった責任には触れず、日本の「普通の、サラリーマン家庭」に生まれ育ち、二世三世議員ではないことを売り物にする二律背反のセンスの人物ながら、前総理より自分の方がはるかに政権を担う能力があると自負している人物)


この二人が立ち上げたといっても過言ではない民主党は、
国民に対して、あれほど「政策で政権の選択をしてもらう」ために、
「マニフェスト選挙」なる言葉を根付かせるべく奮闘し、
「政策実現のための工程表」なるものがないということで、
敵対する政党を批判してきたこの政権政党の功罪を、
選挙の前に一度整理する必要があるのではないか。

そこで、「マニフェスト」と言おうが、「選挙公約」と言おうが、
いわば、政党や政治家が有権者に対して行う「約束」というものの意味を
改めて考えてみたい。
なぜって、「マニフェスト」なる言葉がいま、
死語と化しつつあるように思われるからです。

まずは、日本語の「約束」という言葉の本義を、
次のブログで考えてみたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

ワールドカップ観戦・・・決勝進出を決めたブラジルの対コートジボワール戦、幻に終った後半10分の攻防

当然というか、なるべくして、あるいは、そうでなければ、というか、
王者ブラジルが3:1で決勝進出を決めた対コートジュボワール戦。

やっぱりブラジルは凄い!

何度そのプレイに目を見張ったことか。
ファビアーノ選手の2得点!さらにエラーノの追加点。
カカって、可愛い顔をしているのに、
ホント、わっと思うような絶妙の突破力とパス、凄いですね。
一瞬、ブラジルはさらに何点追加するのかと思ったわたくし。

けれど、

肩透かしを食らったような気分が残る試合終了でした。

後半30分を回ったところから、
コートジュボワールの奇跡の反撃!?
果敢に一人ドリブルで敵陣に攻め込んだ選手あり。
名をジェルビーニョという。これが突破力をチーム全体にもたらしたかのように、
コートジュボワールの動きが変わり、凄い攻防戦に(なりつつあった)。
わくわくドキドキ!し始めた次の瞬間、

6,20 コートジボワール ドログバのシュート(対ブラジル)

ブラジルの緩んだ隙をついて
まさかのヘディングで執念のゴールを決めたドログバ!

6,20 017

ブラジル相手に1点を返したドログバの鬼気迫る表情のせいか、
その後のコートジュボワール、スピードを増し、
ブラジル相手に互角の戦いぶりを見せ始めました。
その空気ゆえか、

6,20 010

6,20 009

6,20 021

コートジュボワールは怒濤の勢いとなり、
選手たちのプレイも攻撃的となり、
押されぎみとなったブラジルも繁劇し始め、
何と双方ファウルの続出。
そして、
カカのこの、無意識のような、
たまたま当たってしまったように見えた肘鉄に、


6,20 025

まさかのレッドカード!

6,20 029

そして、試合は半ば中断のようになり、
当然、コートジュボワールの、
波に乗っていた怒濤の攻撃が中断されたわけで、

6,20 028

試合が荒れてしまいました。

これって、こうした状況でのブラジルの本能!?
残り数分となり決勝進出が決まったも同然の試合で、
ファウルを連発する必死の相手プレイで怪我などしてもつまらないし、
ここは決勝進出が優先。
相手のために試合をするわけではないのだから。

ということで、試合を半ば強制終了したかったに違いない。
コートジュボワールにとっては
試合運びのリズムが壊されてしまったも同然になってしまったわけで

6,20 020

試合終了のホイッスルが鳴る最後の瞬間まで
サッカーを楽しませてもらいたかったわたくしとしては、
王者ブラジルのゆとりが仇となり、見たかった(期待した)試合終了間際の
双方の魅惑的な奇跡の攻防が忽然と消えてしまったようで、
何だか残念でした。

ワールドカップって、
だから、勝たなければ意味がない。
戦争と似ていると言われるゆえんですね。
勝つことが最優先される国家を背負った最高のヒノキ舞台。



テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

ワールドカップ観戦・・・・対ニュージーランド戦で後がなくなったイタリア

日本の対オランダ戦、多くの方がブログでお書きになられたと思います。
友人たちと一緒に観戦し大いに語り合ったため、
拙ブログでは取り上げないことにしました。

ということで、


イタリアの対ニュージーランド戦。

初戦試合終了の瞬間 イタリアサイド 監督
(イタリア リッピ監督)

試合終了後のリッピ監督のコメント、
「修正したが、勝てなかった。運が悪かったし、いいプレーもなかった」
まさにそういいたくなるようなゲームでした。
先制点を取られ同点に追いついたものの、
選手たちはとにかく凄く動いていたのに、
輝きがなかったですね。シュートも全然決まらなかった。


この二日我が家に滞在した従妹と友人、
そこに昨日訪ねてきた弟が加わってサッカー談義やら何やら談笑しながら夕食を共にし、
零時近くに皆家路についた後、片付けやお洗濯をしながら観戦したこの試合。
確かに、イタリアに”運”がなかった。そう言うしかないゲームでした。
何度も何度も敵陣ゴールめがけて、
「シュート~~~ッ!!」しつつも、「ゴールゥ~~~!!」とはならず、
もはや”運”がないどころか、”運”に見放された感さえしたイタリア。
”運”が悪いといえば、イタリアはGKが前回の試合で戦線離脱。
イタリアは1次リーグ敗退が現実になるかも。
それとも、これは、対戦したニュージーランドの方にこそ、
注目すべきでしょうか。
本当に屈強な、凄い集中力でした。
あさって決勝進出をかけて戦う日本にとって、
ニュージーランドのこの姿は参考になりますね。

片付けを終えてから深夜メールを二日ぶりに確認し、
ブログを更新してから、今度はブラジル対コートジボワール戦を見るために
テレビ画面の前に陣取ったわたくし。
ああ、今夜も3時半からサッカー観戦という、
いつものワールドカップ三昧ライフに戻った次第。
(わたくしって、何て体力があるのかしら!?)

次のブログで、
その試合の感想をちょっとアップ。

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・