FC2ブログ

今夜はサムライブルーで日本も一つになる!

もうちょっとで、
いよいよ対デンマーク戦です。

imagesCAANTY7L.jpg

DEN.jpg


決勝トーナメント進出を賭けたこの試合、
サッカーはやってみなければ分からないところがあるゆえ、
日本にとってどんな展開になっても、
選手たちには最後の最後まで諦めないでほしい!
直前になってその思いがいや増してきました。

前回のあの最後の最後まで失点1で押さえた忍耐力と集中力、
今度もねばってねばって絶対決めてもらいたい。
日本中が応援しているぞ、と。

先制点を取られたら取り返せ!
果敢に攻めて勝機を勝ち取れ。
岡田監督は選手たちを信じると明言しているので、
最後までチームの思いを一つにして戦って、
勝機をモノにしてほしい。

そんな選手たちの戦う姿を見せてもらえたら、
日本中が勇気をもらえ元気になる!

”運”も”ツキ”も

今夜のゲームで日本が呼び込む、そんなゲームになるよう
祈らずにはいられないです。

頑張れ、サムライブルー!

韓国のこの応援と祈りを見た時、
さすが民族主義の国だわ!と思いつつ、

パブリック・ビューイング会場で盛り上がる韓国のサポーター=23日、ソウル市内

ここまでしなくても・・・と思いつつ、(大汗)

パブリック・ビューイング会場で観戦した=23日未明、ソウル市庁舎前

一昨日の韓国戦のときの韓国のサポーターの方たち・・・
正直、こうした隣国のこうした愛国的現象には
ちょっとどころか、かなりおののくけれど、

ああ、これって、
日本に、
いま、
一番ないものだなァ・・・
そんな感慨が大きくなりました。

japan.jpg


今夜、パブリック・ビューイング会場じゃなくとも、
観戦している日本人が思いを一つにしたら、
その波動はきっとラステンバーグに届くはず。
そうなったら、必ず勝てる!


では、いまから観戦応援態勢に入りますね。
スポンサーサイト



テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

ワールドカップ観戦に必要なエネルギーを補填するために用意したいもの

CA4ENWG4.jpg

ワールドカップ観戦となると、
我が家では毎回用意するものがあります。
今回のワールドカップのテレビ観戦において作ったのが、これ。
大鍋で作っておくと重宝します。
ビールの肴にだってなるんです。
来客があっても困らない。

決勝トーナメントになれば、
それこそ、観戦にも力が入ります。
なんといっても負ければそこで終わり・・・
だから、悔いのない観戦と応援をしたいわたくし。
そのためには食べなくちゃ!

ということで、
こうしたどんぶりモノが多くなりますね。

昨日は、これ。
   ↓
6,23 025

かきあげ丼。


今夜は、これ。
   ↓
6,23 008

とても新鮮なウニをたくさんいただきましたので、
さっそく、うに丼!に。
海水に入れたままお届けいただいたので、
とっても美味しかったです。
無論、ビールも忘れずに。

えっ、深夜にそんなものを食したら太る!?
いいえ、心配無用です。
ワールドカップって観戦で摂取カロリーなど
全部消耗されてしまいますから。(=^^=)


★ワールドカップ観戦記は、「杜の都での暮らし」の「その他雑感」のカテに
分類しますので、 そちらをご覧いただければと思います。

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

公約という名の「約束」(2)・・・死語となった「マニフェスト」

参院選も公示日を迎え、
今日の午後、候補者の街宣車がやっと一台、
大音響で我が家に面した通りを通り過ぎて行きましたが、
何を言っているのかほとんど聞き取れないまま。
こうした選挙の街宣車が通り過ぎていくたび、
自己満足にしか過ぎない街宣車など、そろそろやめてはどうかと
つい思ってしまいました。(汗)
候補者の名前すら聞き取れなかったですからね。

さて、

選挙での公約。
マニフェストと言おうが公約と言おうが、
守られようが守られない選挙用作文だろうが、
これは、やはり「約束」です。

前ブログでお話したように、
ここでは語源を見ていくことにしますね。

語源辞典で「約束」という日本語をひもどくと、
おおよそどの語源辞典も次のように記してあります。


この「約」という文字は、

糸を引き締めて固く結び、目立たせた目印のことで、

忘れないように、
思い出すための目印をつけて
取り決めをする。


という意味だそうです。

そして、「束」の方は、

木を集めて紐をまわして締め付け縛ることで

動きが取れないように縛ること。
行動にゆるみやたるみが出ないように、
引き締める。


という意味。

ここで、はっとしたのは、
その「約束」の主体は誰かということ。

「〇〇を(口だけであっても)やりますと約束をする人」

を主体と考える場合の「約束」と、


「〇〇をするという約束を聞かされる側」
「その約束を実行に移させるる側」

を主体と考えるのとでは、
約束の意味、その実態がかなり違ってくるということでした。
してみると、「有権者」というのは、
投票する権利がある人たちという意味だけではなく、
公約という「約束」を聞かされた以上、
それを実行させる権利を持つ人たちともなるのではないか。

そのための≪担保≫こそ、
候補者が口にする「公約」だということ。

さすれば、
選挙後に「約束」を実行させようとしても
相手が実行しなかった(出来なかった)場合どうするか。
今度は、有権者の側が、
何らかの行動をしなければならない。
そういうことになるのでは?

こうしたことが、
語源から見えてきました。



テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・