スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年を振り返る(4)・・・憂国ニュース≪ゼロ金利と円高介入≫

大掃除の続きと買出しと宅配便などの受け取りで、
なかなかブログを書く時間が取れませんでした。
やはり、大晦日ですね。


今年の後半からずっともやもやしているのは、
このせいだと確信するにいたったわたくし。
9月の野田財務大臣の緊急会見を見たときの驚きは、
何といえばいいのか、ああ、自民党とぜんぜん変らないじゃないかと。
もっと惨くなっていると感じられた次第でした。

政権交代の意味がこれでなくなったわけです。

民主党は円高対策もやれないのかと支持勢力だったマスコミからまで批判され、
焦りを感じたのかどうかわからいけれど、
こうも簡単に財務官僚の進言に乗ってしまうとは。


為替介入1


財務省主導で政治決断がなされていたに違いない自公政権の経済政策同様、
民主党も財務官僚に言いくるめられてしまったようです。

藤井財務大臣が辞任された後釜に、
経済音痴の菅元財務大臣が横滑りで就任した直後から、
民主党もまたすっかり、亡国の財務官僚に取り込まれてしまったのだと、
そう感じられては参りましたが、
いまや、そのときの経済音痴の財務大臣が総理となり、
その後釜として昇進した、これまた経済通とは思えない野田が大臣となり、
すっかり財務官僚代弁の政治家に成り果てた感がします。

そもそも、国家戦略室を設置したのは、
独立国として当然の、国家的展望をもった経済政策をも、
実行するためではなかったのか。

政権担当能力の準備不足の未熟さ無能さもあるでしょうが、
結局、国家的な展望などもともと持っていないからこそ、
こうした介入に突入したのだでしょう。

このときの政府と日銀によるドル買いと円売りで、
円高を阻止すべく使われたお金は、
過去最大規模の2兆円以上に及びます。

このままでは70円台に突入するとマスコミによって叫ばれた円高も、
このときの介入で一度は85円くらいまで戻したものの、
その後の経過は皆様ご存知の通りです。

介入でただただ2兆円余の損を出しただけです。
この円高を阻止するために、いったいどのくらいのお金を、
政府はつぎ込む気なのかと驚愕したものでしたが、
野田大臣は、このときの会見で金額には言及せず、


為替介入2


ただ、必要な時には必要なだけつぎ込むと言われたので、
本当に、驚きました。

どこにそんなお金があるのかということよりも、
相場をコントロールするという統制経済のようなことを単独でやって、
いったいどれだけの効果が期待できるというのか。

市場への介入で一度に2兆円ものお金を注いで、
その後も何度介入してきていることか。
そもそも、この円高はアメリカのドル安に舵を切った政策のあおり。

失言、妄言、迷言で相当ラリっているに違いない仙石官房長官など、
円の防衛ラインは「83円」などと口にして、
多くを(アメリカ向けの輸出で利益を上げているだけの自動車産業界を中心に)
驚愕させたけれども、それもこれも、
民主党の経済政策の言行不一致のその落差の大きさに見られるように、
そもそもこの政権には、経済政策も景気対策も何もできないのだと、
改めて驚嘆させられたのはわたくしだけではないはず。
どこにも「腹案」なしなのだ。


アメリカへの輸出に大きく依存する産業構造では、
円高になるたびにダメージを受ける。だから、その構造を変え、
新しい産業を創出し日本経済を足腰の強い経済にするのだと、
選挙中、声高に言っていたのは菅直人総理でしたが、
そのために何をどうすべきかという具体的なビジョンはゼロ。
実はぜんぜん持ち合わせていなかった。

アメリカ自身が通貨のドル安を望んでいるときに、
なぜドル安を防ぐために市場に介入しなければならないのか。

わたくしのように経済の専門家でもない人間には、
どうしても不思議でならないわけです。
そんなことをしても効果など望めないのは素人でも分かる。
円高阻止といいながら、実は円のためにではなく、
ドル安政策の支援団そのものではないか。


日本の対米輸出額はすでに減少し、
かつてにように、円高=輸出産業の大企業に大ダメージ=日本経済の低迷
という図式はもうなくなってきているのではないのか。

大企業の下請けの中小零細企業のためと言う方もおられるけれど、
百歩譲ってそうなのだとしても成果がなければ、
その政策は間違っていると考えるのが正常なのではないか。

その後のこの日銀のゼロ金利政策決定にも、
同様に落胆せざるを得なかった。
ああ、自民党政権時代とまるでいっしょだと。


日銀本店で行われた金融政策決定会合 10月5日


そもそも、日銀は「ゼロ金利再導入」には反対の立場だったはず。
あの気の弱そうな白川総裁が、そんなことをしたら(金利をゼロにすると)
市場機能が阻害されると明言されていたはず。

それが年0.1%でも低すぎるのに0%から0.1%に後退し、
政策金利をもはやゼロ金利同然にしてしまったわけです。
インフレを起こさないことしか考えていないなら、
日銀総裁など誰でも務まる。

いったい日本の中央銀行として
どういう見通しがあってのことなのか。


それどころか、日銀はさらに5兆円を新たに拠出し、
「株価や不動産価格に連動する投資信託など」
を買い取るのだそうです。

そして、供給資金を増額し、
何のための基金か分からないような基金の、
35兆円作りと、これまたよく分からない「量的緩和政策」に踏み込む見通しだとか。

ネットで情報にアクセスしてみても、
日銀がゼロ金利を拒む姿勢の白川総裁に対し
それは「いかがなものか」とする姿勢に同調するものが圧倒的。
わたくしには、ゼロ金利を支持する話の方が良くわからない。

これらが報じられて以来、ずっともやもやしていたので、
経済、財政、金融にお詳しいある方にちょっとおたずねしたところ、

「株価指数連動型上場投資信託」のことを教わりました。

これって、かなり危ない投資なのではないか。
ない頭でこれらのことを考えるようになったら、
不安が増すばかりとなりその不安は的中。

先月のアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)は、ゼロ金利の維持を決め、
さらに、50兆円の追加金融緩和策を決定しました。
50兆円!!ですよ。(中国も凄かったけれども)

オバマ政権になってからいったいどれだけの公的資金が、
100年に一度の金融危機を防止するために投入されたことか。
もう誰も正確なところが分からなくなっているのではないか。

サブプライムローン、リーマンショックと続いたこの数年間、
滅茶苦茶なことをやってきたはずの金融機関に対して、
アメリカでどのくらいの公的資金が投入されてきたか、
その総額を言える方がおられたら教えていただきたいです。

75兆円という数字もありましたが、
結果は、名のあるアメリカの銀行や証券会社が次から次と倒産。
この金融安定化法に基づいて300以上の金融機関に対し
すでに17兆円以上の公的資金が注入。

これらの結果を見れば、いかに経済の専門家ならずとも、
公的資金の投入=焼け石に水状態=アメリカの経済の実情だと、
アメリカ経済はヤバイぞと、そう考えるのがまともなのではないか。

公的資金を投入してもらいながら、
何十億何百億という報酬を受け取っていた輩がいて、
オバマ大統領も不快感を隠さなかったけれど、
そのアメリカの国債を大量に買ったのは、中国と日本。

中国は、それを外交戦略として使う構えを時々見せるけれども、
日本は何十年間もアメリカの国債を買い続けてきた上に、
さまざまな形でアメリカにお金を注ぎ込まされてきたので、
何かが麻痺しているとしか思えない。

世界最大の大国アメリカは、日本に対しては債務国。
けれど、いったいその額はどのくらいなのか。
何百兆円、何千兆円どころではないとも言われていますけれど、
これって、償還されるのか。(されるはずがない。)
その保証ないが、あると考えている人たちに聞きたい。
その保証は何なのかと。

世の中には「借金踏み倒し」という手法もあり、
時として、債務者の方が強かったりするケースもある。
日本人の一人としては、不安にならない方がおかしい。

こうしたアメリカ支え=ドル防衛の支援を、
安全保障費の代わりだと言われる方、
相手国の財産を奪えるだけ奪ってその国が一文無しになったら、
血を流して守ってくれるほどアメリカはお馬鹿ではないですよ。
これだけは、言っておきたいわたくし。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2010年を振り返る(3)・・・憂国ニュース≪社会問題≫

今年も本当にいろいろな憂国ニュースがありました。
それらに対しての個人的な喜怒哀楽のこもごもの感情はともかくとして、

   本当にこれでいいのだろうか。
   いいはずがない。
   このままではまた同じことが繰り返され、
   いずれ大変なことになるのではないか。

と思えてならなかった憂国ニュースを、
今年最後の日となった今日、振り返って列挙してみたいと思います。
まずは、政治・経済、社会面で数多く報道されたもので、
拙ブログで取り上げた事案は、繰り返しを避け、

柳腰

甘受

こうした政治家の発言については、
言い尽くすことが出来ませんけれど、
総理がこうなのですから・・・

DSCN2023.jpg

・・・・

同様に、これを批判する政治家も側にも
以下のようにかなり問題があると思います。

なぜか笑みが・・・

なぜか笑みをこぼしての発言だったり、

こうは言っても野党の居心地はそう悪くないらしい

揶揄(やゆ)することに長けている程度の発言なのか。
このような覚悟でいいものか。

大きなため息が漏れるばかりですので、
拙ブログでは、同様のレベルの揶揄を避け、
この方たちの為政の現実問題を挙げて問題の所在をまとめ、
他は、印象に強く残ったものを順不同に書き留めさせていただこうと思います。
2年目を迎えた民主党政権の総括は、来春に、
別途、やろうと思っております。

●中国猟船に海保の巡視船が衝突された事件及びその後の政府の対応

公務執行妨害の現行犯で逮捕した中国人猟船の船長を拘留しながら
拘留期間中に釈放し本国への送還を決定したのが地検だったことで、
⇒法治国家として異様な判断と決断がなされたことで、法治国家としての建前が崩れた。
⇒(その整合性を取り繕う必要から)地検は外交判断で対応することが禁止されているわけではないという国会答弁を引き出してしまったことで、今後もこの手が使われる可能性が出てきたわけで、外交案件に対する政府の責任を放棄する理由にされ得るという前例を作ってしまった。
⇒外交問題となった案件に対して政府は関与していないと会見で答えたことはゆゆしきこと。
⇒その後の政府の摩訶不思議な対応によって、日本は中国の圧力に屈したというメッセージを世界に与えたこと。
⇒尖閣諸島の領有権を世界に向けて強力に発信した中国に対して、幾度も国際的な場に立った我が国の総理がそれを明確に否定するメッセージを発しなかったことで、尖閣諸島に領土問題があるという印象を世界に与えてしまったこと。

これらは、将来に禍根を残した対応でした。
現行法が未整備であるなら国会で改正案なりを策定していただくしかない。
地検が「外交について何を思い何を考えようと」自由だとしても、
外交の当事者になることを認めてはいけないと思いますので、
つじつま合わせの官僚答弁など出来なくするためにも、
法を整備してもらいたいもの。


●大阪地検特捜部のエリートたちの逮捕。

仙石官房長官の弁を忖度すれば、外交に配慮して超法規的判断を下すことを「了とする」とされるほど、
つまり、外務省並みの力を持つことになる地検で、そのエリートたちが逮捕されたこと。
厚生労働省の村木課長を「虚偽有印公文書作成及び同行使の疑い」で
逮捕し起訴した大阪地検特捜部のエリート集団とされる検察官が、
「証拠隠滅の疑い」で逮捕された事件ということではすまない事件でした。
証拠品改ざんと捏造、自白の強要に加え証拠隠滅までやるという、
前代未聞の検察の不祥事が国民の目の前に明らかにされつつありますが、
以前から、これらの問題点を指摘するジャーナリストたちがいても、
知らん振りを決め込んでいられた官尊民卑の検察体質が、
このようなことで改正改心されるとは到底思えない。

有罪確定率の高さが出世のポイントとなる検察組織の中でマスコミによってエリートと称されてきた面々が
推測や思い込みというパワーによる推進力で捜査権を行使できるという検察の恐ろしさは、
組織防衛のパワーと知恵で温存されるに違いない。
検察という異世界の恐ろしさが国民の前で明らかにされつつあるわけですが、
冤罪を防止することよりも出世が優先される組織なら、
この存続も含めた改定論議こそ必要なのではないでしょうか。
そういう意味でも、以下の事件は多くの方が銘記すべき冤罪事件でした。

oomisoka13.jpg

大変な恐怖を体験された村木さんですが、今月、
国と前田被告相手に3670万円の賠償を請求されました。
職場に復帰でき官庁で再び働くことが出来るようになった国家公務員が、
国を相手にこうした裁判を起こさなければならない国、日本。

oomisoka14.jpg

新年の通常国会では、この方をぜひ国会にお呼びして、
日本の検察組織をどう立て直すのか、
ご意見をぜひ聞いていただきたいもの。


●菅家利和氏の無罪確定

足利事件(あしかがじけん)の犯人として逮捕され、
起訴されて実刑が確定し服役中だった菅家利和(すがやとしかず)氏の無罪が
再審によって確定されました。
この再審までの道を開いた日本テレビの報道は評価したい。
菅谷さんが刑務所で無罪を訴えながらも拘束され続けた月日を思いますと、
こころが凍りそうになります。冤罪の恐ろしさについて、
わたくしたちは鈍感すぎるのではないか。

いまも、冤罪を訴える人たちや支援者たちがおられるけれど、
ほとんどは個人やその支援団体の活動で、
財政的にも相当大変なことと思われます。
国民が注視できるような公的機関が作られてもいいのではないか。
法務省ではなく、国会内の法務委員会の別同組織を設置し、
冤罪の可能性がある事件について検討できるようにし、
再審への働きかけも出来るようにしてはどうでしょうか。

まずは、大きな社会問題となった中から、
やはり気になってならない問題を挙げてみました。
次に、経済事案の中から、やはり気になって仕方がない問題を、
取り上げたいと思います。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

2010年を振り返る(2)・・・≪亡国≫の民主党”菅・官”政権を憂える

午前中、年末大掃除を第一弾を済ませました。
そこで、気になった今年の出来事を振り返るブログを書こうと思い、
パソコンの前に座って多くの事柄を振り返っていたら、
突然、「母さん、僕のあの麦わら帽子、どうしたんでしょうね」という
詩句が口を衝いて出てきました。
正しくは、以下の詩句。

  母さん、僕のあの帽子、どうしたんでしょうね
  ええ、夏、碓氷から霧積へゆく道で
  谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ。

この西條八十の「ぼくの帽子」という詩篇の冒頭。
人間の証明という小説やドラマで使われて以来、
それなりに有名になりましたが、
民主党政権になって2年が過ぎようとしていると思った瞬間、
思わず、この詩篇を思い出してしまいました。
以下のことを思っていたからでしょうか。

   民主党議員の皆さん、
   川辺ダム八ッ場ダム(やんばダム)は
   どうなったんでしょうね。

今月、やっと結審した諫早(いさはや)湾の開拓(干拓)訴訟。
福岡高等裁判所は佐賀地裁の一審判決を支持し、
「5年間の潮受け堤防排水門開放」を国側に命じる判決を下しました。

この問題に対し、
野党時代から取り組んでいたことを思い出されたのか。
菅総理は、政治主導を示すべく、
農林水産省の反対を押し切って上告は断念すると表明。

これで、潮受堤防の閉め切りと漁業被害との間に、
やっと因果関係が認められたわけで、
防災上やむをえない場合を除いて、
今後、水門は開放されることになります。
その結果、今後多くの損害賠償訴訟が発生するのではないでしょうか。

すでに干拓地で営農しておられる住民の方々にとっては、
上告しないという国の姿勢は到底納得のいくものではないでしょう。
総理は、諫早湾の干拓地で農業を始めておられる住民に対して、
農家の方たちの暮らしが立ちゆかなくならないように、
農林水産担当大臣に対応を指示されたので、
有明海で漁業を営んでおられた猟師の方たちに対して、
600億円とも1千億円とも言われる賠償を行なうことになる。
だとするなら、漁業権を求めてこられた方たちに対しても、
干拓地で営農をすでに始めておられる方たちに対しても、
つまりは、双方に国が補償をするということになります。

どのような形であれ税金で支払われるわけですが、
そもそもこの諫早湾の干拓事業の責任は、
誰にあったのか。果たして、
その責任を国民に回すというのは正しいのか。


当時のことを思い出しますね。
諫早湾に漁船が数百艘集まって、
干拓事業を止めろ~~~と叫んでいた光景。
テレビのニュースで大々的に放映されたあのシュピレヒコール。
あれからおよそ10年経って、
堤防は開門と結審したわけです。

典型的な政官業による「税金を食い物にする」事業でした。
そして、今日に及ぶ天下り批判の理由ともなった、まさに、
天下りという官僚たちの既得権益構造を保持するための、
官僚主導による官僚のための官僚の事業だったことになる。

この干拓授業を受注したゼネコンは30数社に及び、
農水省(農林水産省)を退官した農業土木技官たちを始めとして、
九州の農政局だの水資源開発公団だの緑資源公団だのの官僚OBたちが
天下りルートが確保される事業でもあり、
さらに干拓工事に関わった関連各社、
コンサルタント会社だの設計や測量会社だのにも天下りは及び、
まさに天下り利権官僚帝国による利己的事業だったことになる。

国の名の下に、湯水のように税金にたかって進められた事業。
当事者は、以下のように作文しますけれど。
★http://www.maff.go.jp/kyusyu/nn/isahayaindex.html

なぜ、このようなことになったのか。
この事業の推進理由として、
「住民からの要望」「農業振興のため」「農地整備のため」などなど、
なるほどと思えるような理由があり、
反対する方たちも「公益」に従わざるを得ないのではないかと、
当初多くの国民は思ったはず。

与党の国会議員たちからもそうしたもっともらしい理由が挙げられ、
そのアリバイとして推進する側の農業従事者たちの発言も、
テレビでは放映されていました。
その一方で、この諫早湾の干拓事業は、
まさに天下りも含めた官僚主導の事業でした。

この事業が全国的に知られるようになった時点で、
住民による反対集会も事業を阻止するための反対運動も
漁業の方たちの私的な理由によるものとして指弾され、
そこに野党の国会議員たちが付くという構図になり、
当時野党だった民主党の菅直人議員は一方の象徴的な存在でしたし、
官主導のこうした国家事業の洗い直しが始められ、
公共事業の多くは、国政における与野党の対立抗争の象徴的なテーマとなり、

  政官財の利権構造の公共事業VS自然との共生事業

というように、いまの民主党の「コンクリートから人へ」という政策に
直線で繋がってきたわけです。
官主導の公共事業は政治家の側にとっても
実は大きな利権となっていた背景が公開されるようになった。

工事を受注したゼネコン各社とその関連会社から、
当時の政権党だった自民党の一地方支部に過ぎない長崎県連支部に対し、
総額10数億円とも言われた突出した政治献金が、
干拓事業開始とともに開始されていたと記憶します。

だから、「コンクリートから人へ」

だったはずなのですけれど、
政権を取って早2年。

鳩山さん、菅さん、前原さん、そして他の民主党の議員の皆さん、
この諫早湾の開拓大規模事業と同様と称されたダム工事、
川辺川のダムと八ツ場(やんば)ダムの工事、
どうなったんでしょうね。
ええ、あの政権交代と騒がれた選挙で、
皆さんが誇らしげに確信的に必ず実行すると挙げて戦ったときの
あのマニフェストの目玉公約ですよ。





晦日の記事が、期せずして、民主党政権の目玉公約の一つだった
大規模公共事業の見直し、あの”コンクリートから人へ”という政策を
問うような記事になりました。それ以上に、
国民の国防意識を覚醒させてくれたとも言える尖閣問題は、
愛国心の欠如したマスコミでさえも、
その問題を取り上げているので、拙ブログでは別の切り口で、
後ほど取り上げたいと思います。

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

活きている貝柱を見つめる愛猫(2)

DSCN8668.jpg

子猫のキリコが、
「お姉ちゃん、何を見ているのかな」
とそばにやってきました。黒猫の桜子は
そんなキリコにお構なく視線は、外に釘付けです。

DSCN8666.jpg

しばらくお姉ちゃん猫の桜の様子を眺めていたキリコ。
桜子の視線の先に気が付きました。

DSCN8665.jpg

いつしか、二匹はすっかりホタテに夢中に。

こんなふうに、
何でもないホタテの動き、生命の神秘、自然の営みに、
全神経を集中させて見入るというようなことって、
めっきり少なくなりました。
子供のころ、ミラクルールドの住人だった時代には、
それが日常だったのに・・・・

二匹の様子を眺めながら、
そんなことが思い起こされたわたくし。

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

活きている貝柱を見つめる愛猫(1)

DSCN8667.jpg

「あれ、何かしら? あ、また、動いたわ」

昨日、お歳暮でいただいた貝柱、
お友達におすそ分けし、
冷凍庫に入りきらない分を≪冷蔵庫より冷えている≫テラスに置いていたところ、
朝から熱心にそれを観察して余念がない桜子でした。

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。