スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発問題(4)・・・京都党という地域政党の見解を問う

京都滞在中の写真を整理していたらこんな一枚が。

京都党

京都の「京都党」という地域政党のポスターです。
この京都党、京都府民に広がっている原発事故への不安に対し、
京都府内には原発が一つもないのに、
原発反対という動きはいかがなものか!?
と語っていると聞き、京都党のその見識を問いたいと思った次第。

その前に、この京都党という地域政党に対し、わたくしが、
いかに地域政党に対して関心を抱いている一人でも、
いかに、京都の歴史文化遺産と京都の和菓子のファンではあっても、
選挙権もない身ゆえ支持者でもなければ反対派でもありません。
そのことをまず、お断りしておきます。

さて、原発問題。反対か推進か、
いまだに考えあぐねている一人として、
この京都党の代表の方のような認識は、
どこからでてきているのか質したいと思います。

自分の住み暮らす都道府県に原発がない=安心

こういう認識の国民は、いま、
どのくらいいらっしゃるのでしょう。
福島の原発事故の影響を見れば、
いったん事故が起こって放射能が洩れるような事態になれば、
近隣の自治体も広く放射能で汚染されるということを、
わたくしたちは知ったはずなのですが・・・

以下の原発分布図を眺めてみると、

原発

たしかに、よくよく見れば京都府には原発はありません。
しかしながら、京都府と地続きの福井県の若狭湾沿岸は、原発の密集地帯です。
調べてみると、原発は14基もあり、
全国の原発54基の実に26%の原発が密集しているところです。

ここの原発で福島と同じような事故が起これば、
汚染地域とされる半径80キロとすると、
京都府はほぼ全域がそのエリアに入ってしまう。

さらに、案じられたのは、
そこに琵琶湖も入っていることでした。
観光名所として最も有名な一つ、
南禅寺の水路閣のことが思い起こされた次第です。

京都の人たちの飲料水は、
琵琶湖の水でまかなわれいるはずで、

そこで、改めて調べてみたところ、
京都市内には、
「蹴上浄水場」「松ヶ崎浄水場」「山ノ内浄水場」「新山科浄水場」
という4つの浄水場があり、
水道水源のほとんどが琵琶湖疏水の水です。

南禅寺の美しい水路閣は、
滋賀県の大津市の長等山というところをぶち抜いて、
最初のトンネルが作られてたそうですが、
こうしたトンネルを幾つもの山々をぶち抜いて作って、
琵琶湖から京都への水路を確保した大工事の産物です。
明治時代に国を挙げて取り組んだ一大巨大プロジェクトでした。

当時、地下水か川の水を利用するしかなかった京都の100年後を見据え、
近代的な機能を備えた都市として発展すべくこの水路の完成を推し進め、
そして、今、まさに世界の京都になってきたわけですが、
それを担保しているのは、琵琶湖の水だともいえます。

若狭湾の原発に事故が起こって放射能が放出された場合、
その琵琶湖の水は、もう飲料水として使えない。
その可能性を誰が否定できるのか。

京都には原発がないから大丈夫だという方たちは、
ぜひ、この可能性についてのお考えを聞かせていただきたいです。

京都のことは京都が決めるという党是なら、
国の原発政策に対して、地域政党なら、
他の未来図を示してもいいのではないか。

万一にも、ですよ、
大量の放射能が漏れてしまうような事故が
万一、若狭湾で起こったなら、
わたくしたちは、原発汚染だけでも大きな痛手を受けるだろうに、
京都をも失うということになるのではないかと。
この世に「絶対」はないゆえに、
ましてや、「想定外」のことばかりがこの国で起こっていることを思えば、
日本人の心を魅了してやまない京都を守るために、
京都の地域政党と京都の有権者の皆様には、
よくよく考えてもらいたいものです。



スポンサーサイト

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

記録的な大雨に見舞われた新潟の治水・・・・小千谷縮(おぢやちぢみ)と越後上布

またも記録的な大雨に襲われた
新潟県の三条市、魚沼市、

DSCN3365.jpg

DSCN3367.jpg

観測市場最大の雨量を記録したとされる加茂市、
その後、この集中豪雨は魚沼市に及んだという昨日の報道の後、
行方不明者や死者も出ているとのこと・・・

DSCN3372.jpg

DSCN3373.jpg

そして、福島県只見市では、31日午前零時を回っても、
全市民に避難指示や避難勧告が出され、
厳重な警戒が呼びかけられているとのこと

福島県只見町

世界中で異常気象が続いていますけれど、
日本はその最先端を走っているのではないか・・・と、
お見舞いの言葉さえ滞ってしまいます。


新潟県も福島県内陸部も東北沿岸部ほどの壊滅的被害を受けてはおらずとも、
今般の大地震の被害を受けた地域であり、
さらに福島の原発事故の影響も及んでいる地域のはず。

どうして追い討ちをかけるような天災が続くのか。
現在取る物も取らず避難しておられる住民の方たちも、
同じ思いなのではないでしょうか。

言葉もなく地図を眺めながら、
ある思いにとらわれてしまいました。


暑い夏に着たい「夏の着物」といえば、間違いなく、
越後上布と小千谷縮(おぢやちぢみ)の麻織物の着物。
いずれも、新潟県の伝統的な特産物。

小千谷ちぢみ 98000円

新潟県の小千谷(おぢや)市や十日町市で作られているのが、
平織の麻織物の小千谷縮です。
これで作った夏の着物や洋服は、触れて涼しく着て涼しく見て涼しく、
着心地も見栄えもすぐれた超高級品。

小千谷縮・最高級麻きもの unohanasomekoubou_t1290-1

また、女性の憬れる越後上布は、
男性にとっても「夏の着物」の極上品として、
趣味の良さとステイタスを現わすほどの高級品です。
日本人に生まれて良かったと思うに違いない逸品・・・
出来うることなら、
もっと安価に多くの日本人に提供されるようになってほしいし、
国を挙げてこうした逸品を輸出したいほどです。

こうした日本最古と言われるほどの越後上布を生産する地域、
南魚沼市も集中豪雨に遭っていると思われます。

土砂崩れ、ダムの放水による河川の決壊、川の氾濫、
低地の道路や住宅への浸水・・・

長年にわたって黙々と、そして地道に、
地域の特産を守り継承し、いまでは日本を代表する特産品の生産地が、
21世紀になってなお自然の猛威に対し避難するしかないことに、
あらためて悲痛な思いを抱かされてしまいました。

こうも自然の災害に弱くていいのかと。
こんなことで人命や財産を守れるはずもなく、
こんなことでは、いずれ、越後上布も小千谷縮も、
自然災害に負けて消えていくのではないか。


以前もここのブログで紹介しましたが、
この国にはちょっと雨量が多くなっただけで崩れるような土地に、
多くの施設や住宅があり、それを示す行政マップもあります。

なのに、

予算がないという理由で、
地盤を固める工事も出来ず、施設を移すこともせず、
民間だからという理由も加わって民間住宅も放置。
土砂崩れや地盤崩壊など事が起こってから、
補助金がばら撒かれる。
それも死者が相当数出て初めて、出される。
死者が出なければ、いかに地域の文化的被害が甚大でも補助金は出ない。


守るべきものを守れない国、


それって、
守るべきものを知らない考えないということと同じで、
守るべきものを持たない国ということ。

それは、
守るべきものを知らない考えない人たちの国と同じで、
守るべきものを持たない人間集団の国ということ。


大昔の日本人なら、
瑞穂の国のこうした氾濫は、川の神の怒りだと考え、
為政者は頭を垂れて人心が改まるよう身を慎しみ、
身命をかけて政に及んだのではないか・・・



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

菅政権の感覚を象徴する二人の副大臣(2)・・・大塚厚生労働副大臣

支持者の方がおられたら、拙ブログの以下の記事はご不快かと思います。
が、副大臣の発言に対して、思ったこと感じたことなので、
アップさせていただきます。他意はありませんので、ご理解の程を。

厚生副大臣

こちらの大塚厚生労働副大臣もまた、
番組冒頭の仙石演説の映像をご覧になられた後、
篠原副大臣と歩調を合わせるかのように、こんなことを言い出しました。

「民主主義っていうのは手続きを重視する政治なんです」
「みんなで一度決めたことは(たとえ自分は反対でも)ちゃんとやる」
「それが民主主義というものです」

というご高説のあと、

「それが(自分の所属する民主党では)そうならない」

ここで爆笑したくなりました。それって、自分の政党のこと。
しかも、その政党が政権を担っているのですから、
こんなことを口にするなら、のんびり構えておらずに副大臣を辞し、
党に対しても下野すべきだと進言すべきなのではないのか。

篠原副大臣が指摘しておられるのと同じで、
民主党は、いまや組織として機能不全を起こしている。
そもそもが組織としての体をなしていない政党だった。
といったことへの不満を他人事のように評論するのであれば、
その前にやるべき政治家としての決断と行動があるのではないのか。

そして、

稲わらが放射能に汚染されていたこと、
その汚染された稲わらを隔離貯蔵せずに野ざらしにしていた宮城県の農法のこと、
その稲わらを食べた牛の肉が市場に出回ってしまったこと、
出回った牛肉からセシウムが検出されたこと、
福島に限らず宮城県でも全頭検査が行なわれるに至ったこと、
汚染された牛を政府が買い取ることにいたったこと、
消費者の間に風評被害に加えて不信が広がっていること、

などに対する厚生労働省の対応に問題はなかったのか?
という司会者の質問に対する大塚副大臣の回答もまた、
他人事なのだろうという印象を強く抱かされたました。

司会者「汚染マップやスピーディなどで得られた情報が、
もっと早く(厚生労働省の担当者に)入っていたら、
チェック体制ももっと違っていたのではないのではないですか?」
同じ質問に対して、農林水産省の副大臣の方は、「そう思います」と
小声で答えていましたけれど、大塚副大臣は「いえ、そうとは限らないですね」

「そもそも、(現在の当該地域の放射線汚染数値は)チェルノブイリの10年後の数値になっているから、消費の段階で(汚染されていることが消費者に)分かっても問題ないという論理で、検査体制もすべて組み立てられているんですよね」


こう回答する感性の政治家って・・・
起こっている問題がいかに深刻だろうと、それで自分の責任が問われるようなことがあってはならないと構えているところがなきにしもあらずで、無意識にそう思っているのではないかと感じられてしまいました。だから「他人事」なのだと。

副大臣の無表情な姿勢を目にし、
ヒョウロンカみたいな言説を聞かされて、
そう思わないでいられるかでしょうか。

政治家としての資質を欠いたこういう議員、若手にずいぶん多くなりましたが、そのモデルになってきたリーダー議員が、民主党にあっては、前鳩山総理であり現総理の菅直人であったことを思うと、こうした副大臣が政権の資質の象徴となってしまうのも当然といえば自然のなりゆきなのかもしれません。

国難と言いながら、国難は他人事であり、国民の苦しみもまた
他人事という彼らの姿勢には、やはり笑えなくなりました。


★立ち去られる前に、以下の「拍手」に1クリックよろしくお願いします。

テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

菅政権の感覚を象徴する二人の副大臣(1)・・・篠原農林水産副大臣

ご紹介が二日遅れてしまいました。

放射能物質セシウムに汚染された牛肉が出回り、
我が県でも全頭検査を実施することに至った問題で、
BSの「プライムニュース」で所管する担当副大臣を迎え、
話を聞くという報道番組でしたが、

冒頭で、仙石副官房長官の広島県での演説が放映され、
その10分近い時間、いかなる感情を抑えるためか、
無表情を決め込んだかのような二人の副大臣のお顔が、
とても気になったわたくしでした。

すると、まずは、農林水産副大臣のこちら、
何を言い出すのかと思えば、

笑える官僚

「民主党には素晴らしい人たちがいると思っていました」と、過去形で始まったではありませんか。自分が官僚を辞めて政治の世界に立った動機を語りたかったのか、いきなり、政府の要職を占めている議員や民主党の執行部に対して、「偏った経歴の議員が多い」と、当選回数の多い議員を、「弁護士、労組の組合員、市民活動か、ジャーナリスト」といった元職を上げ、だから、

「組織体験がまるでない人たちなんですよ」

当選5回以上の元官僚出身の議員の名前も挙げ、

「官僚出身と言っても、たかだか数年くらい役所にいただけで」
「それで官僚の仕事に熟知しているかのような思いでいる」

思わず爆笑してしまったのは、
「自民党の官僚出身の議員は、重厚長大型なんです」という言葉。

民主党の官僚出身議員は、官僚としての体験や能力は未熟、と総括し、自分たちのように数十年も官僚の仕事をしてきた人間と違って、彼らは何の役にも立たないばかりか、党をミスリードしている、といわんばかりに分析批判が始まり、
「役人OBがいても、数年の役所体験しかないような人たちが、内閣を運営しているんです」

だから、うまくいくはずがないと言いたげでした。この篠原副大臣、いかにポーカーフェイスであろうと、不満が噴出すのを抑えられなかったのでしょう。テレビは怖いですね、その顔を見れば、本質が顕れる!

いま国民から総すかんを食らっている民主党への批判を前にして、
自分は、そういう批判されている無能な連中とは違うんだよ、
と言いたかった様子が、氏のシニカルな笑いの中に見た思いがします。

そして、セシウム汚染について、3月19日に、すでに農林水産省通達で行政指導を行なっていると繰り返し、司会者の問い、「汚染マップを利用しなかった農政水産省の通達に問題はなかったのか」には、「まさか、野ざらしにしていた稲わらを牛に食べさせるとは思ってもいなかった」と、想定外の出来事だった(から、責任はない)戸言わんばかりでした。しかも、まるで他人事の様子。

そういう農林水産省の指導のあり方に問題はないのか。司会者からの、「藁だけの問題ではないのではないか」という質問には、最後まで沈黙。

責任を問われるような回答を巧みに避けるところは、
まさしく、数十年の官僚体験の成果なのでしょう。

いかに農林水産政策の専門家であろうと、
政治家に求められる資質を著しく欠いているなあ・・・
そう思わざるを得ませんでした。

つまり、農林水産省副大臣の元官僚にとっても、
元農林水産省官僚の政治家にとっても、
放射能で汚染された牛肉が出回っている問題は、他人事なのであり、
そんな他人事の責任を、自分たちが問われるのは理不尽だと思っているのか、
最後まで笑みがこぼれていた副大臣でした。

この顔に、爆笑が減り、
しまいにはチャンネルを消したのは、わたくしだけでしょうか。

テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

海江田大臣の涕泣!・・・衆議院経済産業委員会で≪精神が折れてしまった≫海江田大臣の「政治家の顔」

今週の半ばに呆れ果てる余り、
爆笑せざるを得なかった2人の副大臣のお顔をアップしようとしていた矢先、
こちらの鮮度ある画像が飛び込んできてしまいました。

この場面で、のけぞってしまったわたくし。
何気なく昨夜の深夜ニュースを見ていたときのことでした。

思わず泣いちゃう大臣1

マスコミでべらべらしゃべる官僚を抱え、
おもしろくないという官僚たちも少なくないのでしょうが、
国民が望む仕事へのやる気を見せている官僚を窓際族にし、
それで官僚の意識改革などできるのかという問題でも批判に晒され、
原発問題でいっぱいいっぱいで進退問題に発展している今、

いまさら何が起こったのか。

と言うまでもなく、すでに限界が近いと思われていた大臣。
それだけに、ああ、とうとう・・・・
という思いが大きかったのですが、

昨日の衆議院での経済産業委員会で、
とうとう経済産業省をつかさどってきた海江田氏は、
落城寸前の城の主として泣くその姿を国民に見せてしまいました。

思わず泣いちゃう大臣2

★委員会後の海江田会見の模様
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110729/t10014555431000.html


それにしても・・・・
もう、我が国の政府は来るところまで来ているというしかない。
すでに、論じる対象ですらなくなっているとはいえ、
菅政権のこの有様は、酷いとすら言えます。

思わず泣いちゃう大臣3

子供のいじめの場合は、
たとえ、いじめられる側にも問題があっても、
いじめる側がとにかく悪いという教育になっている現代においても、

政治家において、そのような子供の教育は通用しない。
大臣が泣き出すまで追求する野党に品位の問題はあるとしても、
野党の政治家である以上問題点を追及するのは当然で、
それが悪いとするなら、国会での審議など出来はしない。

問題は、野党に突き上げられて泣く側にあり、
大臣としての資質に問題があると言わねばなりません。
個人的に、いかに良い人でも、また、
いかに誠実で嘘がつけないような人格者であっても、
審議の場で、担当大臣が追求されて思わず泣いちゃう!!ようでは、
もう、国民の負託にこたえることはできないでしょう。

泣きたいのは、
今後どうなるのかさえ国に示してもらえないまま、
放射の漏れの不安の中で避難生活を強いられている人たちであり、
放射能汚染で仕事や暮らしが窮地に追い込まれている生産者であり、
すでに「ただちに」健康被害を案じなければいけなくなった、
そんな状態になっておられる被爆された方たちではないのか。

政局三昧の政府の中で、いかに大臣が、
「俺は、こんなに一生懸命仕事をしているのに」
と思われようと、である。このような精神状態では、
いかに末期的と称されて久しい政権でも、
大臣職は無理というものである。

この一事をもってしても、
一日も早く大臣の職を辞することを、
お勧めしたいと思います。

テーマ : 痛いニュース
ジャンル : ニュース

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。