スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月の映画備忘録

今月見た映画の備忘録です。
いずれ映画ブログサイトを復活出来ましたら、
取り上げたいと思う作品がかなりありました。

●ジャイロ
●アイデンティティ
●とんび(邦画)
●遊星からの物体X
●ハーモニー(韓国映画)
●エンドール 伝説の父
●シャーロック・ホームズ第二弾
●キラー・インサイド・ミー
●ホームカミング(邦画)
●ほか

スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

湯葉料理一品のご紹介

P3184484.jpg

湯葉料理、
当地のお店では実にいろいろの湯葉料理が出ますけれど、
この湯葉もとても美味しかったです。

汲み上げ湯葉かなと思ったら、湯葉饅頭!
青豆の煮汁に入って出てきました。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

京都霊山護国神社・・・・.祭神

京都霊山護国神社

神社ですから、祭神として祭られている御霊(みたま)があります。
霊山官祭招魂社なので、日本という国家(その象徴としての帝、天皇)のために、
亡くなったとされる方たちの御霊がここで奉祀されているわけです。
その祭神、549柱。

敵味方に関係なく幕末明治維新という日本近代の幕開けの時代に、
国の行く末を思い、そのために行動し、そうして亡くなった日本人の御霊ながら、
ただ、当然のことながら、ここには新撰組などは祀られてはいません。

中山忠光卿、梁川星巌、梅田雲浜、頼三樹三郎、月照信海、来島又兵衛、
久坂玄瑞、寺島忠三郎、入江九市、坂本龍馬、中岡慎太郎、吉村寅太郎、
平野国臣、宮部鼎蔵、真木和泉守などなど。

天誅組を始めとして尊王攘夷の活動家たちがずらりと祭られているわけで、
さすがに幕府側にいて死闘を演じた新鮮組はありません。
竜馬は、ちょっと場違いな印象を受ける気もしますけれど、
幕末の志士一群ということで祀られているんですね。
ここは、何度行ってもいくたびに勉強させられます。

京都の東福寺、大雲院、泉涌寺の官祭招魂社などに合祀されている、
勤王の祭神数は1356柱ということも初めて知りました。

昭和の森
(本殿のある境内から山の方に登っていくと「昭和の社」があります)

その後、日清、日露戦争、満州、支那事変、大東亜戦争の各戦役で、
戦歿された英霊も合祀され現在ここ京都で祀られている祭神数は、
73011柱だそうです。


★時間が出来た時に写真を整理しているせいか、
だいぶ以前の写真が見つかり、時事性がないため追加(過去の日付)で、
アップさせていただいています。

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

京都霊山護国神社・・・・霊山歴史館

護国神社に向かって坂を上がっていく途中で、
幕末維新ミュージアム「霊山歴史館という看板が見えてきます。
その坂を上がりきったところに、護国神社に隣接してあります。
全国ではじめての、幕末・明治維新期の歴史博物館が、
ここ京都に設けられたのは当然ながら、他のところじゃなくて良かったと内心安堵。
とても見ごたえがありますから、京都にいらしたらお出かけになってみてください。

竜馬像

こんな竜馬像と出会えます。



★PCの中で厖大な数の未整理の写真が入ったフォルダの中を、
時間が出来た時に整理しているせいか、だいぶ以前の写真が見つかったりして、
ここのブログへの掲載はだいぶ時間が経ってからで、時事性がないので
過去の日付でアップさせていただいています。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

京都霊山護国神社・・・・竜馬と中岡の墓所

高知県招魂社

竜馬と中岡慎太郎の墓所

墓前

竜馬暗殺の犯人は誰だったのか。
この時代の歴史に関心のある方ばかりではなく、
歴史ファンにとって、これはいまなおミステリーの一つです。
中には、陸援隊説もあり、中岡慎太郎こそが、
対面する竜馬に最初の一刀を浴びせたとする説を読んだ時、
正直、ぎょっとさせられましたが・・・・
そうだったなら、その両者が並んで埋葬されていることになります。
死してこうして祀られている二人は、京都の街を眼下に見下ろしながら、
どんな対話をしているのでしょう。


★護国神社に詣でた折の写真が出てきたのが随分後になってから。
 この写真は、2012年3月18日のときのものですが、ブログに掲載したのは、
 年が明けてから。お越しいただきありがとうございました。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。