スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月光院璋子が振り返る2012年・・・教育への眼差し

今年も凄惨ないじめで自殺した子供たちがいました。
学校でのいじめで我が子を亡くした親たちがいました。
クラスのいじめに気付かず子供に死なれた先生も、
自殺した子供の数だけいただろうと思います。

自殺に至るようないじめの内容のおそらくほとんどは、
暴行罪、恐喝罪、それらの強要罪などに相当するものながら、
その予備軍とも思われる子供たちのいじめ件数は、
全国で五千件以上も報告されました。

子供が亡くなる事件や事故が起こるたび開かれる会合や会議が、
今年も全国で数え切れないほど開かれたに違いなく、
そこで「問題」について話し合われ、「対策」が考えられたはず。
けれど、それらは、おそらく何の役にも立たないものだろうと思われます。

いじめをやめないやめられない子供やその保護者に、
校長や担任は登校停止処分を行うこともできず、
いじめで学校に居場所がなくなった子供とその保護者に、
学習する権利を保障せず転校の自由も教えず、
学校に行けなくなった子供とその保護者に、
進学のチャンスがあることを教えようとせず、
ウチのクラスは3名です、ウチのクラスは2名ですと、
不登校の児童生徒の数を報告するだけで、
そこで時計の針を止めたままの教師も学校も多いのに、
いじめ解消の指導が出来ない担任に、
無駄な相談を繰り返す親がなくならないのはどうしたことか。

子供がいつも通りに学校に行っていさえすれば安心で、
親はいつも通りに仕事に行き家事を行っている、としたら、
いじめによる自殺はなくなるはずがない。

文科省通達の数々も何の役にも立っておらず、
いじめで学校に居場所がなくなった子供やその保護者に、
学習する権利や転校の自由が教えられず、
いじめをやめないやめられない子供を指導できない教師は、
いじめる側とその保護者に登校停止処分の話もできない。
指導力不足の教員はかなり問題視されるようにはなったが、
教師の資質に欠ける教員は野放しのままだ。

教員の再教育だの免許更新制だのと対応策が出されたけれど、
いつの間にか立ち消えになったみたいで、教員採用の方法改善も検討され、
指導力不足の教員の訓練機関も整備されてはいるけれど、
採用時の不正や不祥事が大分で事件化したけれど、
全国に自治体にその教訓は生かされることなく、
あっという間に、元の黙阿弥状態になっているのではないか。

ストレスや精神的な病で休職している教師数が、
いまや何万もっともらしい解説はなされるけれども、
今後、うつ病や学校に行きたくないという不登校教師は増え続け、
いまのままでは増え続けることはあってもなくなるわけがない。
いかにもっともらしい原因を挙げ連ねてみようと、
いかにもっともらしい対策を講じてみても、おそらく効果などない。
なぜなら、その原因の究明もその対応策も間違えているからです。
適性として「公務員」には向いていても「先生」には向いていないのです。

子供たちのためばかりではなく本人のためにも、
向かない「先生」はやめてもらった方がよい。
教師の資質がないまま教職に就いていることの不幸と悲劇の人生を、
一日も早く見つめなおしてもらい、将来を再考してほしい。
他の「公務員」の仕事に移るか退職するか。

自治体は本人に選択してもらえるよう法的整備を急げと申し上げたい。
辞められても人材には困らないはずですから。
巷には「先生」になって欲しい青年や女性はたくさんいます。
たとえ給料が少なくとも「先生」になりたいという若者はいるのです。
だから、こうした教育現場に関わる「問題」を本当に改善したいなら、
教員の給与を思いっきり下げてみるしかない
驚かれかれるかもしれませんが、わたくしは真剣にそう考えるわけです。

学校の「先生」の生活に、それでもし支援が必要になったなら、
それは保護者や地域の住民が行えばよい。
食料支援もOK、物品や金品の支援もOKとすればよい。
ただし、「先生」へのお礼や支援は「学校」に届けるものとし、
その窓口は教頭に。電話番や接客しかやることがないのだから。

無論、こうしたことだけではいまの教育の改善など無理で、
安倍自民党が選挙の折に上げていた633制という単線教育制度、
これを仮に複線制度にしたとしても、やはり無理だろうと、
わたくしは思います。その前に、あるいは、それと同時に、
以下のような国全体を挙げての制度改革でもしない限り、
数十年かけてここまで悪化退廃した日本の教育を、
たとえ数十年間かけようと無理で、早急に改善することなど到底無理だと。

社会のいわゆる「お正月休み」を松の内が明けるまでとし、
当然、学校は全部休みとする。役所も閉じる。
役所だけではなくその期間の商行為も禁じる。企業も営業休止。
「お正月」だけではなく、「お盆」期間の13日から16日も同様にする。
キリスト教に標準を合わせたい方のために、クリスマス週間を設けてもいいし、
イスラム教に合わせたものを作ってもいい。
世の中がまるで止まったかのような静かな、退屈な、
気が遠くなるような静かな時間を、家族や地域の中で新しい伝統習慣として、
子供たちに与えてみてはどうか。

何も、凧揚げや羽子板での羽根つきやベーゴマを復活せよと、
そんなことを意図しているわけではありません。そんなことではなく、
子供たちに以下のような体験をさせてはどうかということです。

せかされることなく、いつもと違う長い休みの時間の中で、
時間をどう過ごすか。何をして過ごすか。退屈なら退屈なりに、
ありあまる時間を、どう、つぶすか。こういう体験を、
子供たちに、彼らの子供時代に体験させてみてはどうかという提案です。
無論、大人にも、親にも、です。
こんなことは非現実的だ!ナンセンス!だと、そんなことをしなくても、
21世紀にマッチした教育改革が出来る筈だ!と、
このブログをお読み下さった方の多くは思われることでしょう。

では、さらに、以下のことも加えてみたい。
原則、離婚を禁じる。
子供がいるカップルの離婚は全面的に法的に禁じる。

そんなの、無理に決まってる!人権無視!自由の剥奪だ!
やれるわけがないじゃないか!と、ここで呆れてしまわれる方も多いしょう。
でも、わたくしはやってみる価値は大きいと思っているのです。

本当に、いじめで自殺する子供をなくしたいと思うなら。
本当に、学校や先生を信頼できるものにしたいなら。
本当に、家庭を子供たちにとって安心できるところにしたいなら。
本当に、子供たちに日本人としての矜持を持った成長を望むなら。

このくらいのことをやらない限り、もう、無理なんじゃないかと。
そして、上記のことは、何も子供のためばかりではありません。
わたくしたち大人にとっても悪い話ではないと思うわけです。
やってみれば、分かります。無論、大きな覚悟が求められますけれど。
教育への眼差しの延長線で、教育改革に求められることは、
この社会を構成している皆様の、いわば、
社会を暮らしを良くしていくための覚悟、自分たちが幸せになるために覚悟、
子供たちを責任を持って育てる覚悟、こういうことに尽きるのだろうと。

だから、こうした覚悟のないいかなる教育論も教育改革も、
全て無意味であり失敗に終わるということです。
スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

2012年12月の映画備忘録

自分のための備忘録ですので、
興味のない方はスルーしてくださいませ。

●ス―パ―チュ―ズディ
・・・かなり笑えた。こういう映画、日本ではなぜ作れないのか。

●あげまん
・・・実際以上にずいぶん古く感じた。

●スノーバディ―ズ、小さな5匹の大冒険
・・・小学低学年のお子様がおられるご家庭向き。

●カンパニー・メン
●バンバンクラブ、真実の戦場
●スカイフォール
・・・映画館で途中で眠ってしまったけれど、アデルの歌が良かった。

●コ―ドネ―ム カルロス
●君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」
・・・ドイツ文学のテイストが好きな人向き。

●ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
・・・小、中、高校のお子さんといっしょに見られる映画。
●ツリーオブライフ
●パ―フェクト・ホスト、悪夢の舞踏会
●スイミングプール(シャーロット・ランプリング主演)
・・・小説を読んでいるみたいな映画
●ザ・ワイルド

●レ・ミゼラブル
□映画館で観た映画他に数本
□他失念

思い出したら、付記。

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
ジャンル : 映画

母性愛

CA3J01310001.jpg

おっぱい呑んで寝ん寝ねして♪という歌詞通りに、
この一カ月近くというもの、母乳をたくさん飲んでよく眠り、
よく眠って目覚めてはおっぱいを求め、お腹一杯になっては、また眠り、

121227_2214~01

母猫に守られて一日何度も毛繕いもしてもらっているおかげで、
赤ちゃん猫たちはこのように健やかに育ちました。

121227_1705~01

そう、愛猫キリコの赤ちゃんなんです。(=^^=)

121227_1722~02

ここ数日で、母猫が箱から出ている間、
子猫同志でじゃらけるようになりました。
開いた目も見えるようになって、
箱を覗くと目が合うようになり、

目が合うと、

121227_2217~01

小さな爪を全開して箱からよじ登ろうとするまでになりました。
こうなると、もう「乳児」ではなく「幼児」です。

こんな子猫たちに数時間おきに授乳し、
授乳の前後と排泄のたびに、
子猫たちの毛繕いもしてやっている母猫は、
とても頑張っているわけです。

授乳のためには何をおいても自分が食べなければならず、
以前の一日2回だった食事は出産前には一日4回程になり、
出産後は一日5回でも足らないくらいで、
大変な食欲です。子猫たちのために頑張って食べているんです。

子猫は、おっぱいを飲んだら眠れるけれど、
母猫は、おっぱいを上げた後もやることがいっぱい。
赤ちゃんたちの様子に常に気を配りながら、
赤ちゃんに接するために自分の清潔さにも気を配り、
箱に入る前はいつも自分自身の毛繕いを怠りません。

出産後1週間後あたりだったでしょうか。
箱から出たキリコは倒れこむように爆睡し、
とてもとても疲れていることが分かりました。
気が張っていたのでしょう。
誰が教えたわけでもないのに、
命赤ちゃん猫の世話に余念がありませんでした。
一生懸命世話をするその様子は神々しくさえあり、
その懸命さはわたくしたちを沈黙させたほど。

けれど、今では、子猫たちが遊び始めると、

121227_1721~01

お気入りの場所でうつらうつら・・・
思わず、「キリコ」と名前を呼んで育児の労をねぎらおうとすると、
目を開けて甘えてきます。

121227_1722~01

どんなにりっぱに母親ぶりを発揮していようと、
どんなに献身的に奉仕する母猫になっていようと、
猫も人間の女性同様に、
誰かの子供であることに変りはなく、
以前どおりに甘えたい気持ちがなくなるわけではなく、

出産後10日位した頃だったか、
以前どおりの顔をして遊びたがりました。

CA3J01160001.jpg

こんな愛猫ですが、いまではすっかりママ業にも慣れたようで、
ゆとりさえ感じられる子育てをしています。
だから、

時には、一人になって眠りたくなるときや、
一人でゆっくり体を伸ばしたいときには、

121227_1758~01

このように一人で体を伸ばして眠ったり、
まったりと一人になることで休養するようになりました。

121227_1758~02

授乳中のお母さんや乳幼児の世話に明け暮れているお母さんには、
何よりも誰よりも休養が必要なのです。
けれど、どんなときでも赤ちゃんたちの様子に向けられたアンテナは、
猫の場合も休むことはありません。
赤ちゃんの泣き声をキャッチしようものなら、
パッと体を起こして即座に子猫たちのところに向かうのです。
母性愛に「休み」はないのです。

だからこそ、ゆっくり休養させてあげたい。
そのためには、自分が休んでいる間、
自分に代わって子猫たちのことを見守ってくれる存在が必要で、

121227_1708~01

我が家の愛猫の場合、飼い主である親代わりの存在もさることながら、
母猫となった妹猫であるキリコと子猫たちの様子から、
同じように目を離さないお姉ちゃま猫の桜子がおり、
いつもこのように見つめています。

母猫のキリコが箱から出て戻らない時には、
箱の傍を離れません。

121227_1739~02 (1)

見守っているのだと分かります。

この数日、母猫に代わって、
子猫たちを舐めてやるようにまでなりました。
そんな桜子を母猫キリコはどう思っているのかと反応を見ると、
安心して子育ての「息抜き」中でした。
いずれ、そうした写真もご紹介させていただきますね。

そんな母猫とその育児支援サポーターのお姉ちゃま猫がいる我が家。
子猫たちがお腹を空かせて泣きだすと、
母猫のキリコはどこにいても即座に箱の中に戻ってきます。

121227_1740~01

そうしたときのお姉ちゃま猫の様子が実に、いじらしい。
親子の様子を眺めつつ遠慮するんです。

でも、

121226_1748~01

こういう場面も見かけるようになりました。
箱の中に入って知らんぷりしているんですよ。

子猫たちへの興味、これも母性愛といっていいでしょうか。
桜子の母性愛のなせるわざのようで、
わたくしが声をかけると、
黙って箱を出るんです・・・・

くつろいでいるときの子猫と妹猫を見る桜子の風情と視線、
母性愛が溢れたものに見えます。

いずれ、箱からはい出してくる子猫たちが桜子の周りをも、
うろついてじゃらけるようになるのでしょう。
そういう光景が見られる頃に、
おそらくは子猫たちを手放すことになると思いますので、
母猫の気持ちのフォローもしないといけなくなりそうです。

母猫の食事作りと箱の中の敷物の洗濯を、
愛猫への育児支援という口実で、
いま楽しみながらやっていますけれど、
野良の母猫の場合、授乳の合間に、
食料の調達もしなければならいことを思うと、
飼い猫と野良猫の双方の寿命の開きが切なく思われてきます。


昔は、子供一人に大人3人(6人だったか)と言ったそうです。
乳幼児を育てるにあたって大人3人の手が必要だということ。
それだけ、乳幼児の世話は重労働なんですね。

それを、いかに核家族社会とは言え、
母親一人で担当しているようでは、
育児に支障が生まれるのも道理というものかもしれません。
母性愛と世間では簡単にいいますけれど。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

下野竜也氏の「第九」

下野竜也


年末に娘と一緒に「第九」のコンサートに行くようになって十年になるでしょうか。
去年は、仙台の家の片付けに時間がかかり、
コンサートに間に合うように京都に戻れず娘一人で出かける羽目に。
今年はその埋め合わせが十二分にできたように思います。

去る19日、京都コンサートホールで聴いた、
下野竜也氏の「第九」は、実に清新でした!
下野さんの評判は聞いてはいましたが、聴くのは初めて。
娘など「また、聴きに行きたい」と、その感動は相当なもので、
すっかりファンになってしまったようです。無論、わたくしも。
なので、ブログに書きとめておくことにしました。

素晴らしかったソリストの方たちは、以下の通り。

  ソプラノ:石橋栄実
  メゾソプラノ:福原寿美枝
  テノール:二塚直己
  バスバリトン:三原剛

  
  合唱:「京都第九をうたう会」


実は、この三日後に、
滋賀県のびわ湖ホールで大阪フィルの「第九」のコンサートがあり、
久しぶりに井上道義氏の「第九」を聴きたくて、
チケットのキャンセル待ちをしていました。
が、早々に完売となっていたごとく、
チケットを手放される方がいらっしゃらなくて、
こちらは諦めざるを得ませんでしたけれど、
今年は、下野竜也という指揮者と出会っただけで満足!


年末のコンサートの定番となっている「第九」、
日本各地のコンサートホールで12月に演奏されているはずで、
それを思うたび、この年末のコンサートのために、
ベートーヴェンの「第九」の合唱を練習する市民というのは、
いったいどれだけいらっしゃるのだろうと。
相当な人数ですよね。わたくしの義妹や姪たちも仙台で歌っていますもの。
もはや国民的行事だと言えるのではないかと。
けれど、「第九」のコンサートが年末の定番となっているのは、
「それって、日本だけだよ」と聞いています。

これって、もったいないですよね。


テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

B.Bキングを聴きたがらなかった男

BBキング

昨夜食事を終えての帰り、
娘が、おごってくれるというので、
京都で馴染みになったバーに立ち寄りましたところ、
カウンターで隣り合わせになった方から、
いきなり声をかけられました。
むむ、トラになりかけ?(汗)

ほどなくして、その客は、
店のマスターに、音楽をいい加減変えないかと言い出しました。
流れていたのは、B.Bキング。
「メサイア」のコンサート帰りであることを知って、
どうもわたくしたち母娘を気遣ってのことのようでもあり、
クリスマス・イヴにブルースもいいなあと思った矢先でしたので、
「ブルースもいいですね」と。

そのお客は音楽関係の方とのことで、
二言三言、ブルースの話をしたあとに、一瞬沈黙されて、
「こういうの(B・Bキングのこと)、好きですか」と。
「ジャズが好きですけど、ブルースもいいなあと」
昔、のめりこむように聴いていた時期があり、
いまも時折、無性に聴きたくなります。

ちょうど、娘と同じ年頃でした。
そこで、娘に、ジャスやブルースを聴くようになったのは、
サラ・ヴォーンが最初だったのよと話をしたところ、

「(ジャズやブルースが好きだと言うが)誰が好きか」

と突然話しかけられ、思わず(意図せず)口をついて出てきたのが、
クリフォード・ブラウン。
その客は、目を見開いたまま、絶句状態に。
「ご存知どすか?」とわたくし。
「もちろん、です」とお客。

お好きな方には説明を要しませんけれど、
クリフォード・ブラウンは古い古い時代ともいえる50年代の、
ジャズトランぺット奏者です。すごいいいんですよ~

なぜ、彼の名前がいきなり口をついてでてきたのか、
自分でも驚きましたが、おそらくサラ・ヴォーンの話の後に、
ヘレン・メリルの話へと脳内で娘との会話が勝手に進んでいたのでしょう。
B・Bキングのギターもいいけれど・・・
ヘレン・メリルからの連なりで、脳内で勝手に
クリフォードのトランペットが聴きたくなったということらしい。
頭の中にクリフォード ブラウンのアルバムの映像が、
これまた勝手に映し出されていました。
(時間の感覚がどんどん先行するようになったのは、歳のせい?)
「クリフォード・ブラウン、いいねえ」

そう言ったきりその客は沈黙し、そして、
「B・Bキングはもういい」と言うなり、いきなり、
ビールを飲み干して帰ってしまいました。

なにか、お気に障ってしまったかと思ったら、
マスターいわく、
「B・Bキングが聴きたくなかったんでしょう」と。

B・Bキングに何かこだわりをお持ちのようにも感じられたので、
ギタリストの名前ではなくトランペット奏者の名前が口をついて出たのは、
正解だったのかどうかは不明ながら、わたくしの脳裏には今度はいきなり、
オーティス・ラッシュのアルバムが浮かんできたとき、

「彼、ギタリストなんですよ」

その瞬間、このマスターの言葉は、わたくしの脳裏に、
B・Bキングを聴きたがらなかった男として、
そのギタリストの印象が固定されてしまいました。
ぜひ演奏を聴いてみたいという思いと共に。

天才?

テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。