スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津いじめ自殺事件の調査報告書の提出

昨日決定した13年度予算案について、
評価したい点を書こうと思っていたのですが・・・
その前に、毎日のように報道されているいじめや体罰のニュースに、
今日付加されたこの大津の中学で自殺した生徒の事件で、
その後立ち上げられた第三者調査委員会の報告書のニュースに触れ、
思う所を書かせていただくことにしました。

大津いじめ自殺事件 第三者調査委員会報告書

第三者委員会の調査を待たなければならなかったこと自体、
もう、大津市の教育委員会ならびに当該学校の責任者が、
無責任で無能だったということを、まず、きっちり認識したいと思います。

生徒の死が、いじめが直接的な要因になったとする最終報告書を、
なぜ、教育委員会と学校長がまとめられなかったのか。
第三者調査委員会の委員に言われずとも、
「いじめと自死との関係は、直接的な要因であった」
ということを、なぜ、教育長も学校長も認められなかったのか。
好調や教育長個人の資質や能力の問題もさることながら、
教育委員会や学校という組織に相当、問題があります。

第三者に指摘されるまで、学校での凄惨ないじめが、
男子生徒に「屈辱感や絶望感、無力感をもたらし、
自殺に追い込んだ」かもしれないという理解力、想像力、洞察力が、
なぜ、関係者には働かないのでしょう。

調査委員の言葉、
「いじめの可能性を複数の教員が指摘したのに、情報の共有を怠った。
子どもたちの声に耳を傾けていれば、いじめを発見し、自殺は防げた」

いかに、こうした言葉で教育委員会や学校の責任を批判し追及してみても、
自分の学校の生徒の死に、真摯に向き合うこともなく、
事件後にテレビで醜態をさらして恥じなかった教育長が、
大津市の教育行政のトップにいたということ、これを考えなければ、
どんなにいじめの報告を義務化しようと、
学校に法律感覚を持ち込む制度改変をしようと、
不登校対策で学校にカウンセラーを配置する、
地域内での転校を容易にするなどとした十数年前の対策同様、
おそらくは、効果を発揮しないに違いない。
わたくしにはそう思われてなりません。

保護者の意識変革が必要です。

報告書を受け取った市長が、いかに、
「真摯(しんし)に受け止め、そして早急に対応してまいります」
と語ろうと、同様の事件は今後も起こるのではないか。

十数年前に文科省から全国の教育委員会宛てに、
いじめ対策の通達がありました。
大津市では、それが生かされていなかったどころか、
それをまったく理解していなかったか軽視していたかのいずれかであり、
そうした意味では歴代の教育長を始めとして市教委の姿勢は、
多様に問われなければなりません。

十数年前、不登校やいじめ問題が注目を浴びた時、
国民から学校に対する不安や批判が沸き起こり、
その対策で道徳テキストが作成され全国の児童生徒家庭に配布されました。
億というお金がながら子供だましの枝葉末節な内容でしたが、
そうしたものが全国の児童生徒に配布されるに至った背景が、
ほとんど顧みられていなかったわけです。

おそらく、全国の多くの教育委員会でも同様なのでしょう。

亡くなった男子生徒の父親の以下の言葉、

「私は(学校が)見て見ぬふりをしていたとしか取れません。
いじめとは、常に死につながる危険な行為であること、犯罪であることを、
教師といじめを現在も行っている子どもたちは、認識してください」

これは、保護者にこそ語るべき言葉です。

いまや、教師も教師の出世である管理職たる教頭校長も、
ましてや、隠ぺい体質と事無かれ主義の役人体質の権化のような、
教育委員会という組織(ここは、お役所です)の人間に、
児童生徒の命を守るといった気構えが組織として欠如していることを、
いかに、「教育委員会にもいい人はいる」「一生懸命な人はいる」としても、
いかに、「いい先生はいる」「駄目な教師ばかりではない」としても、
免罪符にさせてはならないわけで、保護者は自覚した方がよろしいと思います。
自覚するべきだと思います。
皆さまもお子さんのおられるお知り合いの方がいらしたら、
そうお伝えください。

学校に子供を通わせている保護者は、発想を変え、
学校から無事に帰宅したならば、ラッキーと思い、
何かあってもそれは起こるべくして起こっている普通のことと受け止めるくらいに、
学校や教師に対する感覚も認識も変えるべきです。
そして、そのくらいのリスクを負って我が子を学校に行かせていることに、
我が子にそれだけのリスクを負わせていることに、
いい加減、気付いてほしい。

なぜ、それに気づかず防止できなかったのか!?
なぜ、我が子を守ってやれなかったのか!?
と悔いることのないように。

そして、

万一お子さんの身に何かあった場合は、と想定し、
親は、教師、学校、教育委員会を相手に、
戦う用意をしておくことです。

もっとも、責任感の強い優秀な生徒が自殺に追い込まれるほどの、
体罰という暴力で競技指導をしていたことが判明した学校で、
自治体の首長が生徒の安全のために受験を停止するとしたときに、
そこが名門校だからという理由で受験させよと語る保護者たちもおられるので、
そうなると、もう、学校同様に、保護者にも責任が発生するわけですから、
学校と教育委員会もそのことを広報したらいいでしょう。

つまり、命や健康を失うかもしれないことを承知しつつ、
その学校に行きたいと言う我が子の希望に沿い、
競技に置いて将来が開ける可能性に賭けるというリスク、
そうした指導を行う教師と学校に我が子を託した保護者の責任を、
学校や教育委員会も明示した方がよい。

そうすれば、保護者も目が覚めるかもしれない。


こうした事件が何度も何度も起こっているというのに、
なぜ、学校や教師を安易に信じるのか。
なぜ、校長に言えば何とかしてくれると信じるのか。
なぜ、教育委員会に訴えれば何とかしてくれると信じられるのか。
わたくしには、その他力本願的心性が理解できません。

どこかの自治体の住民である皆さまも、
こうした訴訟で自治体側が支払うことになる訴訟費用や、
敗訴した場合の損害賠償費用が皆さまの税金から支払われるということを、
しっかり認識していただきたいものです。
お子さんがいらっしゃらなくとも関係ない話ではないのですから。

保護者の皆さまには我が子を守る自衛意識をこそ持っていただきたい。
我が子がいつこうした犠牲者になってもおかしくないということを、
是非、心に銘じてもらいたい。
それは、決してモンスターペアレンツになることではなく、
(むしろ、そうした保護者の存在はいじめの原因になりやすい)
我が子をいまの日本の学校に通わせる以上、当たり前の「自衛意識」であり、
何よりそうした構えがなければ、どうやって我が子を守れましょう。

こうした気運が、なぜ親たちの間から生まれないのか、
わたくしは不思議でなりません。

このブログを読んでくれる若い人たちの中に、
そんなこと言ったって親になんか守ってもらえないよ、
という児童生徒が、もし、いたならば、ならば、
自分で自分を守る知恵や情報を見つけて身につけてほしい。
もし15歳を過ぎていたなら、半分大人なのだから。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

閑院宮邸跡

CA3J1755.jpg

京都御苑の、丸太通りの「間ノ町口」から入ると、
すぐ右側にあるのが、閑院宮邸跡(かんいんのみやあと)です。
丸太町交番のすぐそばの入り口と言えばいいでしょうか。
何だろうなあと思いつつ入ったことがありませんでした。

自転車の散策ついでに、入って見ることに。

CA3J1757.jpg

さすがに、この時期はほとんど見学者がいないみたいで、
その空間の分だけ寒さが身にしみてくるようで、
防寒対策が必要だと感じましたが、
入って右に進むと、すぐに展示室になっていて、
京都御苑の歴史を紹介する展示パネルが並び、第二展示室の次の間には、
この京都御苑の中の「自然の豊かさ」を示す多くの展示がありました。
丁寧にご覧になられたら、感動モノです。

京都御苑は、ただの公園ではないということを改めて知りました。
子供が小さかったなら毎週でも連れてきただろうと。
写真や展示品など、歴史や理科の宿題にも役立ちそうでしたよ。

でも、わたくしの興味関心は建物自体にありました。
この閑院宮家のことは良く分かりませんけれど、
伏見宮家、桂宮家、有栖川宮家と並ぶ四親王家と言われる一つなんですね。
その邸宅内部を拝見出来るのですから、ちょっとわくわく。

CA3J1759.jpg

こうした天井や使われている材木などを眺めていると、
やはり、その質の高さにうならされてしまいます。

けれど、

CA3J1760.jpg

全体にこじんまりとした邸宅跡の間取りを考えるに、
やはり、普通の邸宅ではないと思わされます。

CA3J1761.jpg

私邸であっても私邸ではなく、では公邸かといえば、公邸とも言えず、
という印象で、宮家の方の暮らしぶりが想像された次第です。

そう、寒い!!とにかく、寒い!!

CA3J1758.jpg

この庭園、雪が積もってもいいでしょうが、
春になったらいいでしょうね。
ということで、春にまた来ようと思いました。

CA3J1756.jpg

拝観料を取るお寺と違って、ここは入館無料です。


★追記・・・・中途のままだった稲荷大社の記事をアップしました。
左のカテゴリーの中の「神社仏閣・史跡」の去年の5月の日付で記載しています。
興味をお持ちの方は、ぜひご覧になってみてください。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

京菓子処「鼓月」の華と猫親戚(ねこしんせき)

和菓子 華

子猫の貰い手さんから頂戴しました。
京都の和菓子処として多くの方から親しまれている「鼓月」のお菓子。
黄味餡(きみあん)の焼饅頭(やきまんじゅう)の「華」です。

あまりにも親しまれているお菓子ながら、
こうして改まっていただくとさらに嬉しいお菓子です。
このお饅頭もそうですけれど、鼓月のお菓子って、
京都の伝統的な和菓子のイメージとは異なるお味のもの、
この「華」や「千寿せんべい」などの方が有名になっている気がします。
贈答品でよく使われているほどで、いずれも美味しいですものね。

けれど、材料的には洋菓子のようにバターなどを用いているのに、
見た目も風味も「和風」に感じるお菓子って、
仙台にもありますけれど、ここ京都で生まれていることに、
あらためて「京都の奥行き」を感じてしまいます。
新しいものって、伝統を重んじる風土があるからこそ、
生まれるんですね。

京都=古都=歴史と伝統=良き古さ

というイメージだけで京都を捉えていると、
いろいろのことを見誤るなあと思う昨今です。


こちらも、子猫の貰い手さんからいただきました。
猫のカリカリではありません、念のため。

内藤さんから

ドロップの形をした紅茶です。
可愛らしいだけではなく、とても美味しい紅茶で、
ここの珈琲は初めてでしたが、とても美味しかったです。

貰い手さんの心をいっぱい感じた贈り物・・・・
健やかに育ってた子猫もいっしょに連れて見えたので、
ママキリコは、いなくなったはずの我が子を見て????

先日は、京都の冬のお漬物、りっぱな「すぐき」をお届けいただいて恐縮。
実は、「すぐき」の食べ方をいまだによく知らなかったので、
この機会に伺った次第でした。こうして、子猫がご縁になって、
お付き合いさせていただけるようになるって、僥倖ですよね!

子猫に関しては差し上げた以上、
こちらから何も申し上げることはありません。
ただただ子猫と貰い手さんの幸せを祈り感謝の思いだけです。
なので、こちらからは基本的に貰い手さんに対してご連絡はしません。
それがわたくしの基本的スタンスです。

けれど、

時折届く子猫たちの成長を写した写メールが届くたび、
安堵と感謝の思いでいっぱいになります。
先日は、去年の夏にもらっていただいた子猫の貰い手さんから、
それは嬉しい写真が届きました!
先住猫さんとのツーショットで、見事な信頼関係!
その写真を見た瞬間、いかに愛情深く育てていただいてきたか、
飼い主となられた貰い手さんの思い、そして愛猫になった子猫の幸せが、
染み入るように感じられました。
有難うございますという思いだけが生まれてきます。

こうした「猫親戚」付き合い、自然に育まれていけたなら、
本当に僥倖ですね。とても嬉しいものです。
折りを見て仙台や宮城の特産品を送りたいと思っていたわたくし。
いつも先を越されてしまって。

毎日のように、心が痛む、あるいは憤りを感じるような事件が起こっる
こんなせちがらい世の中にあって、こうしたささやかな幸せを、
今後も大事に大事にしていきたいと思うばかりです。

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

安倍総理の所信表明演説

安倍首相の所信表明演説

★ニコニコ動画でご覧いただけます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19939273

経済重視の姿勢と政策に関しては報道が多くなされたので、
ここでは、外交安全保障について。

抜本的な立て直しが急務。日米同盟の強化を世界に向けて発信。
普天間問題を解決し沖縄の負担軽減。
外交や安全保障は二国間だけの問題ではない。
アセアン諸国との関係の強化。戦略的な外交を行う。
民主主義・法の価値、基本的人権の価値を共有する国との提携関係強化。
拉致問題の解決に向けて尽力。意味するところは被害者の安全確保、即時帰国、究明。
そして、我が国の領土である離島の適正な管理。自国領土を守リ抜く決意。

そして、ケネディ風のメッセージ。
これからこの国はどうなるか、ではなく、
国民一人一人がどうしたいのかということだと。
しかしながら、国民一人一人に向けて総理が言われた言葉は、
「自らの誇りと自信を取り戻そうではありませんか」

上記の演説の中で、気になったこと。

戦略的に外交を行うと言われたこと。そんなことは当たり前のこと。
それを、わざわざ表明しなければならないということに、
危うさを感じてしまいました。そして、演説から言えることは、
その戦略的外交というのは、価値観を同じにする国々との関係強化。
これは、危ない思想かもしれません。 
なぜなら、外交力が最も必要とされる相手国というのは、
国益が激しくぶつかり合う国であり、そうした国は往々にして、
文化や歴史も異なり、いわば、内的な価値観がすこぶる異なるからです。

最後に総理が言われた「取り戻そう」の中身。
取り戻そうという以上、その前提には、失ったという認識があるわけで、
その失われた「誇りとは何か。「自信」とは何かということ。
そして、その「誇り」はどうやって取り戻そうというのか。
一番肝心なところが、イマイチ、曖昧でした。

危機意識を持った演説であることは感じられましたが・・・・・
国民に向けられた言葉が「誇りと自信を取り戻す」という
抽象的な表現に留まったことがそこが気になりました。

デフレからの脱却、景気浮揚のための大型補正、復興予算の増額、
インフレターゲット政策、日銀に協調させた政治的構え、
これらがスピード感を持って実行されていこうとしています。
円安株高に対する海外からの批判や警戒感に対しても、
甘利大臣はじめ安倍内閣は渡り合う構えを見せています。
日本の経済再生に結び付けていく「三本の矢」政策に関し、
多くの国民が賛同しているようですので、
様子見ということになります。

ただ、案じられるのは、

安倍首相の所信表明演説が行われた衆院本会議(28日

同じ国会に議席を有する与野党議員の多くが、
果たして国家と国民に対し同じ危機感を有しているのか。
批判するならするで、その際には、同じ覚悟を持ってするのか。
そういうことが案じられました。

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

「竹邑庵太郎敦盛」の敦盛そば

CA3J1721.jpg

自転車で街探検に出かけた折り、「敦盛そば」という看板を目にし、
平家物語の敦盛がそばになっていると思い行ってみることに。
いかにも美味しそうな店構え!「そばはくすり」とありました。
それを見てさっそく入ってみることにしました。

一階の奥の間に通され、中華風の椅子とテーブルが並ぶ居間のような風情。
二階は、団体客が入れるよう和風のお部屋になっているようです。
注文して待つ間、店名「竹邑庵太郎敦盛」の「敦盛」は、
どうも平家物語とは関係ないのではと感じ始めたとき、

蕎麦湯とだし汁と梅干しと、刻み葱がたくさんもられたお椀が出てきて、
そこにだし汁をいれてくださいと。言われるままに、蕎麦をつける汁づくり。

あつもりそば たれの作り方0

わたくしは「敦盛そば」を頼みました。
運ばれてきたお蕎麦は、通常のざるそばと違って、何と蒸しそばでした。
失敗したかしら!?と思いつつ、刻み葱の入った汁をかきまぜたところ、
ワサビだけではなく卵も入っていまして、

あつもりそば

これが、蒸しそばにからめていただくと、
何ともイケるではありませんか。

あつもりそば 食べ方

あっという間にたいらげてしまいました。大盛だったのに!
また来ようと思ったのは言うまでもありません。(笑)

それにしても、京都には美味しいお蕎麦屋さんが少なくないですね。
特に、こうしてふらりと入ったお店には、≪外れ≫がない。

CA3J1740.jpg

お店は、楠小路(くすのこうじ)という路地にあり、
そこを出ると烏丸通りで、道路を挟んで京都御苑です。
すぐ近くに地下鉄丸太町駅がありましたので、
今度来店するときの目安になりそうです。

帰宅後ネットで検索したらありましたので、ご参考までに。

  ★竹邑庵太郎敦盛 (ちくゆうあんたろうあつもり)

     京都府京都市上京区椹木町通烏丸西入養安町242-12
     地下鉄烏丸線丸太町駅 2番出口を左へ徒歩1分
     電話:075-256-2665

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。