スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉屋博古館・・・「きれい!かわいい!めでたい!吉祥の形」展

P3302065.jpg
P3302066.jpg

お花見を兼ねて、ひさしぶりに泉屋博古館(せんおくはくこかん)
に出かけてきました。
泉屋博古館は、住友家が
蒐集した「住友コレクション」と呼ばれる美術品を展示している美術館です。
野村美術館のように、なぜ、企業名を冠して住友美術館ではないのか
と思いたくなりますが、コレクションの重要品からの由来で、

江戸時代の住友家の屋号「泉屋」+
所蔵の中国青銅器の図録名「博古図録」(中国皇帝命で編集)
から、「泉屋博古館」となっています。
常設展の中国青銅器の展示は、それはみごとです。
日本古代史研究がささやかながら趣味なので、ここの展示品は、
いろいろと参考にさせていただいて参りました。

娘が、いずみやはくこかん」と呼んでいたので、
この機会に正しい読み方をご案内させていただきますね。

P3302118.jpg
(休憩室では飲料水が無料です。また、過去の企画展示会での図録も自由に手にとってご覧になれます)

中国の殷(商)、周時代の青銅器ばかりではなく、
古代の日本や中国のいろいろの銅鏡、仏像、
明と清時代の書画など、いつでもゆっくり見ることができますが、
いま、「きれい!かわいい!めでたい!吉祥の形」展が開催中です。

P3302117.jpg

春休みに、あるいは、五月の連休に京都観光をお考えの方、
哲学の道からすぐの鹿ケ谷にありますので、
お出かけになってみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

京都の桜(2)・・・・哲学の道「大豊神社」の枝垂れ桜と枝垂れ梅

大豊神社の桜1


(この写真、気にいっていたのですけれど、参拝しておられた方のお顔がはっきり映っておりましたので、
掲載しかねて切り取りさせていただきましたら、こんな写真になってしまいました!)

娘の都合ができるまで待っておりましたら、
見ごろの時期を数日外してしまったみたいでした。



大豊神社の桜2


この大豊神社の枝垂れ梅は、樹齢250年、
一方の枝垂れ桜は、樹齢40年とのこと。
二つの枝垂れる花が同時に開花するのは実に30年ぶりとのことで、
滅多に見ることができない現象だということです。




大豊神社の桜5


こうした現象は、2月、3月の寒暖差が激しい年に起こるとか。
大豊神社のことは、以前、ここのブログでご紹介しておりますので、
ご覧になってみてください。
その折に掲載できなかった写真を、神社までの道と鳥居を以下、
ご紹介させていただきますね。



P3302062.jpg


P3302063.jpg


P3302064.jpg


P3302111.jpg



哲学の道は、多くの花見の客が散策していましたが、
がやがやとにぎわっているというのではなく、
多くの参拝客の姿が見られたにも関わらず、
閑静な住宅地の中にある大豊神社も喧騒とは無縁な様子でした。
流石に、「哲学の道」という呼称は伊達ではないようで、
いまもここを散策する人たちをして思索深くさせるのか、
静かなお花見となっていました。

ちなみに、ここ大豊神社の参道には、
いろいろの紫陽花が植えられていて、梅雨時もまた、
桜の今頃とはまた違った情緒が感じられ、
個人的感想ながら、隠れた名所の一つかなと思っています。

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

京都の桜(1)・・・平安神宮の桜

平安神宮の桜1 2013-3-30

平安神宮前の桜2

平安神宮前の桜3

平安神宮前の桜4

平安神宮前の桜5

平安神宮前の桜6

平安神宮前の桜7


今日の京都は小雨。日本海側の雨が一日遅れでやってきたようです。
昨日、お花見してこれて良かった!
今年はどこのお花を見ようかしら・・・と思案。
京都に来て1年になるのに、人が多い所はいやという思いから、
桜の時期の哲学の道は歩いたことがありませんでしたので、
美術館での展示目当てのついでに出かけて参りました。
そして、その足で平安神宮に。
午後遅い時刻となり、空も曇り始めたせいで写真がイマイチ。
明るさが足らないものとなり、それが残念でした。

京都市内の桜となれば、御所の桜を始めとして丸山公園、清水寺と合わせ
多くの方がお花見を楽しむ”手頃な場所”がここ平安神宮。
琵琶湖疏水から流れ来るお堀は、皇居を思い起こさせますけれど、
違うのは、遠景の山々が見事な借景になっていることでしょうか。

お楽しみいただければ幸いです。


★お越しくださった皆様、1クリックいただけたら幸いです。
   ↓

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

金沢に行く(12)・・・・「石川護国神社」(3)ミレー島戦死者の慰霊碑

ミレー島戦士の碑

天国に一番近い島・・・は知っていても、
ミレー島を知らないという日本人はいまや多数派なのではないでしょうか。、
特に若い世代の多くは聞いたこともないのではないかと。
20歳になった娘も今回話して聞かせるまで知りませんでしたし、
平成生まれの娘の親世代であるわたくしの親世代も、
戦争での戦闘体験はありません。
わたくしのちょっと上の世代の50代、60代の世代でも
「戦争を知らない世代」と言われたほどですから、
せいぜいが「聞いたことがある(かも)」といった程度だろうと。

軍備=戦争というイメージで自衛隊に対しても反対を唱える方たち、
憲法9条の護憲派と言われる人たちですら、
その多くは、ミレー島を知らないのではないかと。

日本列島の藩背、太平洋の中部のマーシャル諸島にある島です。
太平洋戦争中、ここに5700人の日本軍将兵が送られ、
3100人が命を落とした島。
ミレー島(ミリ環礁)のクェゼリンでの凄惨な玉砕戦、
この陥落の後に島に補給が断たれた状態で取り残された日本の兵士たち、
彼らはなぜそこで死ななければならなかったのか。

この島で最も多くの犠牲者を出した部隊が、
この護国神社のある石川県金沢市で編成された
陸軍歩兵第107連隊だったことを、
金沢に訪れて改めて思い起した次第でした。

ミレー島戦死者の慰霊碑

補給の途絶えた島に残された陸軍と海軍の兵士たち。
飢えに直面した兵士たちの悲劇の責任は、
どこに、誰にあったのだろう。

兵站、補給という言葉は知っていても
その重要性を軽視していた中央官僚たちほど「戦略」という言葉が好きでした。
いまも、後方支援という言葉は知っていても、
人権という言葉は知っていたも、その意味を考えない日本人にとって、
ミレー島での戦争記憶は、私たち日本人に掘り起こして考えろ、
と声なき声で訴え続けているのかもしれない。
慰霊碑の前でそんな思いを抱かされました。
こうしたことも知らないで、また知ろうともしないで、
いかに戦争反対を叫んでも戦争を防ぐ力にはなリ得ません。

戦争は反対していれば起こらない、
平和を祈念してさえいれば起こらない、
憲法9条さえ守っていれば起こらないというものであれば、
戦死された方たちもどんなにか安心なことでしょう。


ご参考までに、NHKで放映された番組をご紹介しますね。
先の戦争関連番組となると、とかくその偏向性が指摘されるHNKですが、
戦争証言を特集している番組で取り上げられていましたので、
リンクを貼らせていただきました。
せっかくの週末ですから、ご参照ください。

★お越しくださった皆様、
ご記念に1クリックいただけたら嬉しいです。(=^^=)
金沢ミニ旅行の続きは、気が向いたときにでも、
また、アップさせていただきますね。
そのときは神社巡りでない記事ですので、お楽しみに。

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

甘える愛猫(2)

うっとり甘えるキリコ 2013-3-30

  ああっ~~~  よだれ垂らしてる!!

  えっ、あら、ホント!
  珍しいわね・・・

  こんなキリコ、久しぶりだねっ!

  そうね~うっとりしてる!
  久しぶりに心から甘えられて嬉しいのね。

  うん、マルコも桜もいないからかなあ・・・


娘とそんなことを話して笑っていましたら、
いつの間にか、空気を察してか、そばにやってきた黒猫の桜子。

  あなたも遊びたいの?


じゃらける愛猫 2013-3-30

  ん・・・?
  何か視線が別の方に行ってない?

  桜の視線?

  そう、「猫じゃらし」を見てないんじゃない?
 
じゃらけるキリコを見つめる桜子 2013-3-30

  あ、キリコを見てる!
  焼きもちやいてるのかな?

  やっぱり・・・
  きっと、涎を垂らすほど何が面白いのかって思って、
  観察してるんじゃない?

  そっか~

桜子の視線に気づいたキリコ

  お姉ちゃま、どうしてこっちを見てるのかなぁ・・・・

この後、キリコの涎(よだれ)を拭いてやり、
黒猫の桜も、おんぶして、だっこして、ぎゅっして、チューして、
愛してるからね~~と何度も何度も声掛けしてやりました。
キリコに示した愛情は、他の子にも示さないと・・・

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。