FC2ブログ

葉桜の哲学の道を友人と歩く

銀閣寺を参観してから、
葉桜の疏水脇の道を南禅寺まで下ることに。

過日、十数年ぶりに再会した旧友と歩いた桜満開の哲学の道を、
今度は、杜の都から訪ねてきてくれた友人達と歩くことに。


P4196714.jpg


桜のトンネルの下を歩くのも素晴らしいひと時でしたけれど、
葉桜の中を友人達と歩くというのも素敵なひと時でした。

「こうして京都でいっしょに過ごせるなんて、夢のようだわ」

そう語った友人たちの言葉が心に響きました。
本当に。忙しいだろうに、よく来てくれたと胸が熱くなりました。


P4196717.jpg


P4196779.jpg


P4196765.jpg


P4196771.jpg


P4196781.jpg


P4196783.jpg


P4196796.jpg


P4196797.jpg


ここで、友人が「あれは何かしら」と。
わたくしも以前、何だろうと思ったものだから、ここでカメラのレンズをフォーカス。


P4196799.jpg


宮内庁という文字だけは哲学の道から見えるので、
これまで、皇族の誰かのお墓だろうという程度の関心でしたけれど、



P4196798 1


レンズを拡大したら、


P4196798.jpg


とありました。宗諄女王、皇族の系類に詳しくないわたくしとしては、
後で、調べて見ようと思い帰宅後、検索したところ、

「伏見宮貞敬親王の皇女。文政2年光格上皇の養女となり、6年霊鑑寺にはいり出家。5代門跡となる」
とありました。さらに、新政府の大教宣布運動に協力して中教正、権大教正をつとめたとも。
霊鑑寺というのは、上の写真の中にある「谷の御所」と呼ばれた門跡寺院です。

哲学の道にある皇族のお墓といえば、こちら。


P4196800.jpg


以前、光雲寺に参拝した折り、訪ねてみたことがありましたが、
後水尾天皇と東福門院の間に生まれた皇女、昭子内親王のお墓です。
東福門院というのは、徳川二代将軍秀忠とあのお江与の娘です。家康の孫娘。
皇族の系類に詳しくないわたくしでも、こちらは分かります。


哲学の道は、同時に「歴史の道」でもあるんですよね。
友人達と、「もう少し、日本の歴史について勉強しなきゃね」
そうしたら「もっと京都の散策が面白くなるはず。知らないでいるのはもったいない!」
ということに。

けれど、この道では他にも楽しみが待っています。
愛猫家にとっては、こちら。



P4196801.jpg


今回も出会いました。お天気が良くてよかった・・・・


P4196802 1


それにしても、いつも思うのですが、哲学の道にいる猫たちの顔は、
どきりとするほど、味わい深い表情をしてますよね。


P4196802.jpg


皇女の方たちの墓守をしているのかもしれないなあと。
猫は、霊性が高くなるとテレパシーで霊と会話ができる唯一の生きものだから。



P4196804.jpg


大豊神社と若王子神社を過ぎたとき、
これから哲学の道を歩く観光客たちとすれ違い、


P4196805.jpg


ちょっと冷えてきたので、体を温めるためお茶しようということになり、入ったカフェ。


P4196778.jpg


ドライフラワーがたくさん壁に掛けてあり、家庭的なカフェで、
皆、愛煙家なので、煙草がOKというカフェで嬉しかったです。
美味しいホットミルクとココアで温まってから、南禅寺へ向かいました。
スポンサーサイト



テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

孫猫(2)

孫猫がわが家に来て二日目。
名前を呼んで部屋に入っても近づかない限り、このままです。

この時点で大事なことは、決して無理強いしないこと。
相手が動くまで、こちらも強いて動かないという感じですね。


P4176413 2


この日、来客が続いたせいもあって、孫猫は部屋から出ようとはせず、
わたくしたちがいる部屋には入ってこようとせず、
最初に入った部屋にお籠り状態。

愛用のクッションに座って憮然としたまま、何やら考えている様子。


P4176416.jpg


二日目からは、どの部屋のドアや戸も開け放したままに。
お互いに、自由に出入りする自由を確保。

その自由を一番最初に行使したのは、ママ猫のキリコ。
もっとも、マルコは特に関心も持たないでいる自由をエンジョイしていたのかも。

ママ猫キリコは、いつの間にか娘猫と同じ部屋にいて、
部屋の隅に座ったまま、つかず離れず娘猫を見守っているように見えました。
気になるのでしょう。普段のクールなキリコには珍しいこと。


P4176415 2


朝ご飯も食べないで、お籠り状態は続きました。状況把握と状況理解の時間のようです。
この日もちゃんとトイレをしましたので、大丈夫。

トイレをきれいにしてやり、水と食事の新たに用意し置いておきましたところ、
突然、ぎゃわわにゃんの声とダダダダという猫の駆ける音。
もう一匹のオス猫のマルコは、まったくのマイペースながら、
いつの間にか、孫猫の部屋に入って、ちゃっかり、孫猫に用意したご飯を食べちゃったようです。
孫娘猫は、階段を駆け上がって二階の部屋に駆け込んだのでした。

当然、呼んでも来ません。声が消しながら二階に行くと、
机の下で固まっていました。

いよいよ、です。一人っ子ではない状態にあるので。(笑)
でも、大丈夫。


P4176425.jpg


こうしてキリコが落ち着いて見守っています。


P4176423.jpg
(いよいよ、部屋から出た孫猫であります)


二階の部屋から下りてこようとしなかったのが、夜になって、階段の上に。

名前を呼んで顔を合わせ、こちらが動きを見せると、一目散に二階に駆け上がっていきます。
そのまま二階のテーブルの下にいるので、この夜の食事は二階に置きました。

マルコは、深夜にパトロールに出掛けさせたので、この夜、
家にいるのは距離を保ったままのキリコだけ。
教の所は、まずは、これで安心ということで、わたくしもそのままにして就寝。

翌朝には、一階のトイレにちゃんとトイレをしており、
お皿の中の食事もきれいになくなっていました。

この続きは、また明日。


★このブログ記事は、予約投稿記事です。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・