FC2ブログ

ワールドカップ観戦・・・決勝進出を決めたブラジルの対コートジボワール戦、幻に終った後半10分の攻防

当然というか、なるべくして、あるいは、そうでなければ、というか、
王者ブラジルが3:1で決勝進出を決めた対コートジュボワール戦。

やっぱりブラジルは凄い!

何度そのプレイに目を見張ったことか。
ファビアーノ選手の2得点!さらにエラーノの追加点。
カカって、可愛い顔をしているのに、
ホント、わっと思うような絶妙の突破力とパス、凄いですね。
一瞬、ブラジルはさらに何点追加するのかと思ったわたくし。

けれど、

肩透かしを食らったような気分が残る試合終了でした。

後半30分を回ったところから、
コートジュボワールの奇跡の反撃!?
果敢に一人ドリブルで敵陣に攻め込んだ選手あり。
名をジェルビーニョという。これが突破力をチーム全体にもたらしたかのように、
コートジュボワールの動きが変わり、凄い攻防戦に(なりつつあった)。
わくわくドキドキ!し始めた次の瞬間、

6,20 コートジボワール ドログバのシュート(対ブラジル)

ブラジルの緩んだ隙をついて
まさかのヘディングで執念のゴールを決めたドログバ!

6,20 017

ブラジル相手に1点を返したドログバの鬼気迫る表情のせいか、
その後のコートジュボワール、スピードを増し、
ブラジル相手に互角の戦いぶりを見せ始めました。
その空気ゆえか、

6,20 010

6,20 009

6,20 021

コートジュボワールは怒濤の勢いとなり、
選手たちのプレイも攻撃的となり、
押されぎみとなったブラジルも繁劇し始め、
何と双方ファウルの続出。
そして、
カカのこの、無意識のような、
たまたま当たってしまったように見えた肘鉄に、


6,20 025

まさかのレッドカード!

6,20 029

そして、試合は半ば中断のようになり、
当然、コートジュボワールの、
波に乗っていた怒濤の攻撃が中断されたわけで、

6,20 028

試合が荒れてしまいました。

これって、こうした状況でのブラジルの本能!?
残り数分となり決勝進出が決まったも同然の試合で、
ファウルを連発する必死の相手プレイで怪我などしてもつまらないし、
ここは決勝進出が優先。
相手のために試合をするわけではないのだから。

ということで、試合を半ば強制終了したかったに違いない。
コートジュボワールにとっては
試合運びのリズムが壊されてしまったも同然になってしまったわけで

6,20 020

試合終了のホイッスルが鳴る最後の瞬間まで
サッカーを楽しませてもらいたかったわたくしとしては、
王者ブラジルのゆとりが仇となり、見たかった(期待した)試合終了間際の
双方の魅惑的な奇跡の攻防が忽然と消えてしまったようで、
何だか残念でした。

ワールドカップって、
だから、勝たなければ意味がない。
戦争と似ていると言われるゆえんですね。
勝つことが最優先される国家を背負った最高のヒノキ舞台。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・