スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膠原病は治せる(4)・・・対症療法における薬漬け

難病と称される膠原病の中の病状には、
激烈な痛みを伴うものとまったく痛みがないものがあり、
強皮症や筋炎、慢性関節リウマチなどは、
想像を絶するほどの痛みを発する部類に属し、
日常生活もままならなくなります。

痛みのため動くこともできず、動くときは泣く泣く体を動かし、
動かなくても痛いので、寝たままでも痛みは変わらない。
お布団も痛いし、傍で人が動いても体が痛む・・・・
急性で発症し薬漬けになると寝たきりになるケースもあります。


発症後4年も経って、さかもと未明さんのように、
症状の痛みゆえにお風呂に入ろうと思っても服を脱ぐこともままならず、
バスタブもまたぐことができず、下着をつけるのも服を着るのも
体を曲げて靴下をはくことも大変で、
泣く泣く行うしかなく時間もかかるというのは、
慢性関節リウマチなどでは、皆さん同じです。

根本治療となる体質改良とは無縁の、
薬漬け治療を続ける限りそうした状態は、
残念ながら変わらないと思われます。

彼女のように入院しなくてもよいとされる症状でも、
痛みゆえに服の着脱さえままならず、
泣き泣き服を着たり脱いだりという状態は、
精神的に相当な絶望感を生じさせ、
飲めば痛みが消える薬はもはやなくてはならないものになる。
それが、現代の病院での”治療”の結果なのでしょう。
数十年前もそうでしたけれど、いまも変わらない。


けれど、患者サイドが死ぬ気になれば、
それらの症状が解消され健康を取り戻す道もあるのです。
そのためにも、いま行われている対症療法における
薬漬け治療というものを一度直視してみたい。



この日記は、留守のために予約投稿したものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。