スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党の党首選と内閣改造

senkyo_poster.jpg

どうして笑っていられるのか。実に不快なポスターでした。

古いポスターで恐縮ですが、個人的な感想として、
日本が直面している政治課題や問題、日本の置かれた状況を考えると、
政治家が歯を見せて笑っていられるのかと。

先の参議院選挙で惨敗しながら
その責任を誰もが取らずに続投した政権の代表と、
退陣した前政権で心中退陣させられた幹事長と、
どっちがいいかと言われても支持者はさぞかし困っただろうなあと思われたけれど、
そうでもなかったところにこの政党の異様さを見るわたくし。

マスコミが必死で盛り上げた民主党の党首選、
終ってみれば菅総理の続投となり、
内閣改造も行われたわけですが、
選挙中、妙な意見が随分聞こえてきましたので、
ちょっと振り返っておきたいと思います。

民主党のこの党首選は総理を選ぶ選挙だという声。
国民が総理を選ぶ選挙だという声。

与党の党首が総理になるのが憲政の常道とはいえ、
憲政の常道など、そのときそのときの政党や政治家の思惑で
どうにでもされてしまう事例が生まれて久しく、
国会の先行きは不透明でさえあります。

特に民主党政権においては、
社会主義的な革命思考が流れているせいか、
政権運営に未熟なせいかわかりませんが、
憲政の常道などご都合主義で扱われる公算が高い。

なので、党首にはなっても総理にはならない!
ということがあるかもなどと思ってはみたけれど、
いかに売国的勘違い談話を閣議決定してしまう総理であろうと、
そういうわけにはいきませんでした。

それにしても、
総理を選ぶ選挙という言葉は気になりました。

いかに民主党の国会議員が400名以上いようが、
民主党の地方議員2000名とサポーター34万人が
国民を代表しているわけではありません。

この選挙の有権者の実態を眺めてみれば分かります。

国会議員(411人)と
民主党の地方議員(およそ2400人)と
そのサポーター(およそ34万人)とを合わせて、
その国民の合計、34万2800人ちょっと。


彼らが日本の総理を選ぶとなれば、
この党首選、ちょっとおかしいことになる。
民主党のサポーターは日本国籍のない人たちも参加でき、
今回どれだけの外国籍の方が投票されたのか、
民主党は情報公開していないので分かりませんが、
外国籍の人たちに日本の総理を選ぶ選挙権はないので、
そのようなサポーターが投票した結果、菅直人氏が勝ったとすると、
そのような選挙は無効とされるはず。

だから、
この党首選はあくまでも党首選だったわけですよね。
与党ではありますけれど。

憲政の常道&過去において、
政権与党の政党もしくはその連立政党の党首が
国会で首班指名を受けて総理になったケースはありますが、
総理を選ぶ国会議員は国民によって選ばれているわけで、
外国籍の方にこの国の国政選挙の参政権はありません。

だから、この選挙は、
あくまで民主党の党首選だったのだと。
けれど、その勝者が総理になられたわけです。

どっちもどんな国家観があるのか不明ゆえに、
日本にとっては怖いリーダーだなあと思っていますけれど、
選択肢がないので仕方がない。


で、内閣改造。


菅改造内閣

こうした政権をどう評価したらいいのか。
大臣になられて嬉しい方たちも随分おられるようです。
毎日新聞が行った全国世論調査によれば、この菅改造内閣への支持率は、
8月の前回調査の48%から16ポイント増えて64%になったそうですが、
他のメディアも恐らくは同じような数字でしょう。

なぜって、
この政権は「総理がコロコロ変わるような日本でいいのか」という
マスコミのキャンペーンで作られたようなものだから、
マスコミが挙げたい数字が出て来るような、
そういう世論調査だったんだろうなあと。

なので、
この政権がどんな仕事をしいつまで持つのかもマスコミ次第。
最近は、マスコミではなくマスゴミというようのかしら。


だから、本当は、参議院選挙で民主党が惨敗したときに、
総選挙をやってもらいたかったけれど、
どの政党も準備不足ではやっても仕方がない。

かくして、
仕方がないという言葉を、
最近連発するようになっているわたくしですが、
この国の行く末を憂える気持ちは
じわじわと強くなるばかり。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

村石太仮面&あぶ刑事少年課真山薫さん

こんばんわ。初コメント有り難う御座いました。
以下のお言葉、その通りですね。
>他 みなさん 大事な仕事ですね。 

今回の内閣もまた、お一人の大臣が二つも三つもの大臣職を兼務しておられます。さぞかし大変だろうと思うのですが、そういう形で大臣を引き受けられた方はそうでもないようです。こちらが案じるほど大変じゃないということなのでしょう。

菅改造内閣の顔ぶれ

大臣の名前が 変わりましたね。小子化省というのがあったような記憶。国家公安 消費者 岡崎トミ子さん 警察の元締め 法律 いじめ 裁判 治安 生活 大事ですね。厚生労働 細川律夫さん 労働と生活 労働基準監督署 ハローワーク 年金 
文部科学 高木義明さん 学校教育 受験
いじめ 部活 
他 みなさん 大事な仕事ですね。 

本当に胸焼けのする思い

むね様、おはようございます。
ブログに加筆訂正している間にコメントをいただいたのですね。早々にコメントをいただき恐縮です。
おっしゃる通り、党首選から内閣改造までの様子を見てこられた方は、皆さん、語るべき言葉を失ってしまっているかのようです。本当に胸焼けのする政治の続行でございます。

むねやけの想い

私も大きな関心を持って見つめてきましたが、結局訳の変らない結果になりましたね。
選挙違反が問われない選挙。密室選挙でこの国の将来が決まるなんて我々国民は情けないです。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。