スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ大統領のイラク戦闘終結演説・・・新たな戦争宣言

DSCN5029.jpg

思えば、本当に長かったですね。
日本でもヨーロッパでもイラク戦争など、
もう忘れられているというのに。

この終了宣言が出るまでにどれだけの人間が殺されたのか。
アメリカ兵ばかりではなく、イラク兵、イラク市民、
そしてテロリストと称された人間も含め
どれだけの人間が死んでいったのかと思うとき、
それらの死は、どんな大義によって贖われるのかを、
どうしても考えてしまいます。

DSCN5030.jpg

イラクの人たちは、それを望んだのか。
彼らに「与えられた」未来は、どんな「未来」なのか。
アメリカはそれを語る責任があります。
が、この戦争に反対だったはずのオバマ大統領でさえ、
この場では語らなかった。
いや、語れなかった。

DSCN5031.jpg

アメリカの若者、と簡単に言うけれど、
その「大きな犠牲」は、誰のために払われたものだったのか。
息子を殺された母親たちはどう理解しているのでしょう。
戦争を情緒的に語るつもりはありませんが、
この戦争が果たしてアメリカの安全保障のためだったのか。
アメリカの国民はどう思っているのか。
聞いてみたいです。

DSCN5032.jpg

イラク軍の訓練などを主たる任務として残るのは、
およそ5万人。そのイラク駐留米軍も
「来年末までに撤退する」
と改めて語ったオバマ大統領ですが、
「米国の安全保障上、アルカイダとの戦い以上に重要なものはない」

対テロと名づけられたアメリカの戦争は終らない。
イラクから撤退させてもアフガニスタンでの戦争はさらに継続です。
3万人の増派完了で約10万人の兵が投入されたそうです。
現在、アフガン治安部隊(軍・警察)は約25万人。
NATO軍の計画では、来年10月末までに
30万5000人に増強するとのこと。凄い数です。
なのに、さらに14万人が必要になると言う大統領。

他国のこととはいえアメリカと日本は経済において運命共同体。
アメリカにはこんな戦争を続ける余裕があるのかと言いたくなります。
アメリカが進める戦争によって、
新しい通常兵器が今後もたくさん生産されるに違いない。
アメリカはますます軍需産業依存体質から脱却できない。

戦闘や戦争を始めるとき、
あるいは継続させる決断をするとき、
終結させるための計画もなければならない。
オバマ大統領はアフガンでの戦争を
計画通り終らせられるのか。

4年で任期を終えることになったとき、
それを果たして新たな大統領が、
この計画を受け継ぐのだろうか。

この「テロとの戦い」「アルカイダとの戦い」
と称される戦争が終るのは、
この戦争がアメリカの真の国益にならないと
判断されたときしかないのでしょう。

問題は、それを「誰が判断するのか」ですけれど、
こうしたところで日本が何の影響力も持たない国だということ、
持てない国だということが、わたくしにはとても、
空しく思われてならないです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。