スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風格を感じさせる横綱

この日記は、昨夜より来客が逗留中のため予約投稿です。

9,23

風格という言葉を、
いつしか思い起こされました。


イチローの10年連続200安打という記録も、
本当に本当に大変なものです。
日本から消えて久しい「名誉」と「誇り」というものを、
感じさせてくれるイチローにそうした場を与えてくれたのは、
日本の野球界ではなくアメリカの大リーグ。


白鳳の活躍も凄まじい。
こちらもまた、亡くなった祖母が遠い昔に応援していた力士の戦績に、
もうじきもうじき迫ろうとしています。
これも本当に本当に凄い。

このブログがアップされる時点では最後の取り組みは見ておりませんが、
このままいけばおそらく優勝でしょう。

日本から消えて久しい「風格」と「責任」というものを、
国技の相撲で感じさせてくれるのは、
日本人横綱ではなく外国人横綱なんですね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スポーツニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

金権相撲

おはようございます。後ほど、アジシオ次郎さんのブログにお邪魔させていただきますね。その前にいただいたコメントに対してレスさせていただきます。

>日本人が失いつつある「風格」と「責任」を国技・相撲で感じさせるのが外国人横綱というのは、ちょっと複雑な感じはします。

わたくしは複雑な感じというより、

>その二つは日本人力士が持つべきもの

を外国人力士の方たちが身につけてこられたことに驚きを感じています。

おっしゃる通り、日本人力士の多くが野球賭博問題で随分騒がれましたが、そうしたスキャンダルが決定打となったとも思えません。それ以前に、日本人力士が国技を担う「責任」を感じないまま力士をやってきたこれたことの背景が気になっておりました。

かつて若貴時代などと呼ばれた時期がありましたが、二世力士の兄弟横綱の誕生は実に安易でした。安易だった結果、長続きもしませんでした。引退後の彼らのどこに「風格」があったでしょうか。お金の問題で兄弟が相争うなど、恥以外の何物でもありませんでしたが、相撲協会はそうしたことを「恥」とも考えなかった。こうした人物が親方になってしまえるところに問題はすでにありました。稼ぐことを悪いとは思いませんが、力士になること=お金という意識が大きいようでは、もう「風格」も「責任」も望めないのではないでしょうか。
わたくしは、このままでは相撲もいずれプロレスのようになるだろうと思っております。

風格と誇り

 こんにちは

 4場所連続で全勝優勝を果たし、なおかつ自身が持つ連勝記録を62に伸ばした横綱・白鵬、ここまで来るとスゴイの一言につきます。

 この前10年連続シーズン200本安打を達成したイチローに続き、スポーツ界から明るい話題が続いてますが、風格と誇りを感じさせるものですね。

 日本人が失いつつある「風格」と「責任」を国技・相撲で感じさせるのが外国人横綱というのは、ちょっと複雑な感じはします。その二つは日本人力士が持つべきものなのに、近年では外国人力士の台頭もあってそれがなかなかないからねェ・・・? 野球賭博問題であれだけ騒がれたのが決定打となっているからか。

 全勝優勝を果たし来場所は連勝記録更新なるかに注目が集まる白鵬、見物です。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでぜひ見に来てくださいませ。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。