スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家戦略担当相が統括する「国家戦略室」は「室」のまま

菅直人首相は昨日の夜、公邸で、
玄葉光一郎国家戦略担当相ら国家戦略室関係者と協議されたそうです。
そう、あの国家戦略室の今後のこと。

1、戦略室の人員を大幅に増やし拡充
2、重要政策の調整や企画立案に当たる部門と、
3、首相に提言するシンクタンク部門に分離する

ことで一致したというものの、
当面は現行法の枠内で体制を強化するというのですから、
国家戦略室は「室」のままなんですね。
ハナから何ら具体的な構想さえ持たれていなかったけれど、
内閣改造に当たっても、それは変わらないようです。

現在、国家戦略室スタッフは、金融機関や弁護士など民間人、
内閣府や財務省などの官僚約30人で構成とか。

DSCN5687.jpg

その存在に法的根拠が与えられていないままでは、
玄葉国家戦略担当相はどんな思いなのでしょうね。
総理に振り回されるだけの
総理の愚痴や怒りの聞き役の「お仕事」って
よくわからないですね。それでも大臣職なんですね。


そもそも、政権交代後、
鳴り物入りで設置されたこの国家戦略室。
人材がいないのか「室」はほとんど空室で、
その担当相だった首相はさんざん迷走を続け、
国民はこの部署に失望したはず。
やがて、主が財務省に行ってしまったため
名ばかりの部署に成り果てた。

総理自身、6月の就任後、ここを総理を支えるためのシンクタンク機能に特化すると語り、
その後、9月の改造内閣発足に伴ってそれを撤回し、
子飼いの玄葉氏を担当相に就任させた。

思えば、菅総理が国家戦略担当相だったとき、
あれほど大臣を支えて奔走されたこの、

古川元久

黒メガネをかけた古川議員、
どうなったのでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。