スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中国を刺激しない方がいい」精神でアジア欧州会議を終えてきた総理の不見識

DSCN6813.jpg
(温家宝首相と廊下で立ち話ができたことがよほど嬉しかったのか。喜んでいるお馬鹿な菅総理)

アジア欧州会議に出席するため、
ブリュッセルくんだりまで出かけた菅総理ながら、
国連総会に続いてまたもやASEMという外交の場を生かさないまま、
役人主導の協議に任せてしまったようです。

高級事務レベルの協議で、
日本政府の当局者が尖閣諸島問題を盛り込むことを、
要求さえしなかったというのですから、
その不見識な外交に呆れ果てました。

首脳会議や個別会談でいくら日本の立場を説明しようと、
公式文書に記されないことはなかったことに等しいわけです。
今般の尖閣諸島問題で、
「尖閣諸島は日本固有の領土である。尖閣諸島に領土問題は存在しない」
といくら明言しようと、
ではなぜ日中関係が今般のような状態に至ったのかを
世界に理解してもらうことは出来ない。
世界に向けて自国の原則的な立場をしっかりアピールすること、
何が起こったのかを世界に知らしめること、
そうした為すべき主張を為した上で、
首脳会談で以下のような合意をすべきではなかったか。

日中両国の首脳会談を持てたこと、そこで今般の問題を協議できたことを否定するものではないが、この会談設定の前提として、ASEMの議長声明に尖閣問題を持ち込まないという裏交渉でもやったのだろうか。

両国は、日中の関係悪化について「好ましくない」という認識で一致。
悪化した日中関係を改善する方針で一致。
閣僚らによるハイレベル協議を適宜開催することで合意。
戦略的互恵関係を発展させるとの原点に戻ることも確認。
停滞している民間レベルの交流も復活させるべきだと提言。

ということらしいが、
中国を刺激してはまずいという日本人的な配慮、必要以上に刺激しないほうがいいという日本的気遣いで、ASEMの今回の公式文書に尖閣諸島問題を盛り込むことを要求さえしなかった日本と違って、温首相は尖閣諸島をめぐり、自国の領土であると中国の原則的な立場を強調。

DSCN6812.jpg
(廊下で立ち話の相手をしただけで喜んだ日本の総理に笑いが止まらない温家宝首相)
どちらのアピールが功を奏したか、言わずもがな。

これで、尖閣諸島に領土問題アリということが、
先の国連総会に続いて間違いなく世界に再度アピールされたわけです。

言うべきことを言う、発信すべきことは発信する。
その上で協議を模索し会談を実施するべく交渉を行うという世界の国々では当たり前のことが、
日本の政府外交担当者らには思いもよらないことのようです。
事前交渉を何の政治主導もないまま役人にゆだね、
相手の立場に配慮して気遣うという日本人精神に判断を任せているせいで、
いつもこうなる日本の外交・・・

そこで何らの指導もできず方針も示せない総理の不見識が、
この国ではほとんど問題にもされないままです。
菅総理自身が自画自賛している「相手を刺激しちゃマズイ」精神による「外交成果」の影で、
どれだけ危うくされたものがあるか。
ニューヨークでいらいらし「早く何とかしろ」などとのたまうような総理とはいえ、
ご自身が危ういだけではなく日本にとってこそ危うい総理です。


今日から始まる臨時国会では、
従来の「弱腰外交」だの「屈辱外交」だのといった手垢にまみれた言葉など用いずに、
こうした総理の不見識をぜひ国民の前で問題にしてもらいたいものです。


★写真を差し替えました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 憂国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

風雲急を告ぐ

こんにちは。

これから、急速に世情は抜き差しならないものとなると予想されます。

月光院さんのご意見、情報など頻繁にお伺いさせて頂くことになろうかと思います。

緊急用に、個人メールアドレスを記させて下さい。よろしくお願い致します。

aquarius314159@live.jp

prismさん

おはようございます。

>やっぱり内心、絶望感と焦燥感が膨れあがっていたのでしょう

いま、心ある日本人で政府に対して絶望感と焦燥感を抱かない国民はいないのではないでしょうか。

ご紹介のブログ、後ほど拝見させていただきますね。その後、再びこちらにレスさせていただきます。

>今年7月、中共は国防動員法なる法律を可決しています

中国の動きに関しては、わたくしなりにウォッチしておりますが、政府にはそれ以上の情報が集積されているはずと思います。・・・・ただ、いかに情報があろうとも、それをどう分析し理解し、国防の対策を講じるかは、政治家の判断。そこが危ういことになっていることを皆さん案じておられるわけです。

日中戦争というと、過去の日中戦争を彷彿させられますが、上海万博が終わり中共のリーダーが変わったあたりで解放軍が何らかの行動に出るということは以前から専門家の間から指摘され警鐘が鳴らされておりました。

>日中関係は、途轍もないほど切羽詰まっているのかもしれません

日本組し易し、という判断が今後も続けば、中共は行動を起こすでしょう。そうさせないことが、日本の政治家の仕事です。そして、そうした政治家を選ぶことがわたくしたちの仕事です。

日中戦争

月光院さま

迂闊なことを書いてすみません。
やっぱり内心、絶望感と焦燥感が膨れあがっていたのでしょう。

「ねずきちのひとりごと」http://nezu621.blog7.fc2.com/というブログに、【阻止しなければならないこと】と題した記事が書かれています。これによると、中国は日本占領に向けて、大量の中国人(留学生、旅行者、移民)を送り込んでいるのは確かなようです。中国人小学生が漏らした驚愕発言【来年1月か2月に中国は日本と戦争する】があります。是非お読みになってください。

さらに、今年7月、中共は国防動員法なる法律を可決しています。有事の際に「全国民が祖国を防衛し侵略に抵抗する」ため、金融機関、陸・海・空の交通輸送手段、港湾施設、報道やインターネット、郵便、建設、水利、民生用核関連施設、医療、食糧、貿易など各部門を管制下におき、これら物的・人的資源を徴用できるというものです。

日本に留学生・旅行者・移民を沢山送り込んでおいて、この法律を発動して、日本国内でも中国人によって内乱を起こさせ、外からは軍による攻撃を加えてくるつもりかもしれません。

日中関係は、途轍もないほど切羽詰まっているのかもしれません。

prismさん

prismさん、神の国発言はご慎重に。歴史を知らないまま育ってきた国民の多くは、日本の歴史を歪曲しようと血道をあげてきたマスコミに、いまなおころりと騙され誘導される危うさがありますから。それに、日本はいまや神の国どころか、うすっぺらな紙の国、男性が髪の毛ばかり気にする髪の国になろうとしていますから。

>こうした真の意味での保守派がどんどん出てくることが日本を救うことになります

田母神氏の考えや行動に賛同しない自民党議員がいかに多いかご存知でしょう。自民党は、もはや保守でも何でもありません。だから国民の支持を得られないのだということさえ分かっていないのです。

老人議員とお馬鹿なパフォーマンス議員ばかりが、「明治維新」を語る国になって久しいですね。若い人たちにこそ、歴史を真摯に学んでもらいたい。そして国家とは何かを学び考えてもらいたい。その上で理想を掲げてもらいたいもの。

>きっと、これから、明治維新の時のように、目覚めた若者が出てくることでしょう。

若者は育てるもので、育たなければ出てはきません。現在のように、出て来るのは学歴はあっても勉強していないどうしようもない者ばかりと言っては語弊がありましょうが、そうした輩を見れば、絶望的な思いになります。

ケロリンさん

>わらないようなのでおかしなやつだと思って調べたら、元社会党で日教組系の弁護士だったんですね。知らなかったのは僕だけ?道理で話が通じないし、日本人のスピリッツを感じないと思いました。

仙石官房長官の正体をご存じない方は多いのではないかと思いますが、今度の件で多くの方がチェックし始めておられると思います。しかしながら、以前説ブログでご紹介した参議院の民主党を束ねておられる輿石議員同様、なぜか選挙で負けないんですよね・・・・それももうそろそろ限界かと思いたいわたくし。

仙石氏は、あの日韓併合100年でのトンでもない首相談話を仕掛けた張本人と言われていますが、わたくしもそう思います。
策を好むところが、菅総理と気脈を通じるゆえんかもしれませんが、なかなか食えない人物です。

自民党政権だった頃、密室政治をさんざん批判した民主党ですが、菅政権が自公政権よりあくどいのは、国家にとって大事なことを密室で決めて党にも諮ることなく勝手にやってしまうこと。
この「勝手に」というところ、「独断」に対して感性がまったく働かないこと、ここがこの政権の怖いところであり、同時に弱点なのですけれど。

そんなことも分からない愚かな菅総理にとって、いまや頼みとしているのが、この仙石氏と輿石氏。もうどうにもならないといった政治状況になる前に、茶番の臨時国会などやめて解散してもらいたいほど。
政治空白ができようが、総理が何人代わろうが、トンでもない事態になるよりはずっと賢明です。


田母神

お!僕も田母神さんの大ファンです。
こうした真の意味での保守派がどんどん出てくることが日本を救うことになります。
もちろん一般市民も、田母神さんの記事や映像で、真の近代史を勉強して、GHQ日教組などで洗脳された頭を解除していかなければなりません。

きっと、これから、明治維新の時のように、目覚めた若者が出てくることでしょう。

日本は神の国なので、神々の力も働きますよ、きっと^^

どうも、仙谷由人の日本語は伝わってこないし、こちらの言葉も伝わらないようなのでおかしなやつだと思って調べたら、元社会党で日教組系の弁護士だったんですね。知らなかったのは僕だけ?道理で話が通じないし、日本人のスピリッツを感じないと思いました。自国の歴史は全て悪、かのような言説の由来がわかりました。
民主党政権の評価は僕の中ではマイナス100点ですが、菅総理が直前であれマキアヴェッリを読んだというならプラス1点をあげよう。それが塩野七生のものであればプラス10点。

hokageさん

こんばんわ。
ブログで記事をあっぷした時点では分からなかったことが、昨日の国会での代表質問で分かったことがありました。

それは、日中「首脳会談」とマスコミで報じられた「会談」が、
まさしく「階段」のある廊下での立ち話だったということです。こうしたものを、本来「首脳会談」とは言いません。呆れ果てました。

拙ブログのタイトルを「廊下での立ち話を首脳会談と認識し報じる首脳とマスコミの国」とすべきでした。

>さて、菅総理の考えがさっぱり判りません。

無理もありません。
すでにマニフェストの政策は頓挫し
やる気もなくなりましたから、
政策は官僚と官僚上がりの議員に丸投げで、
しかも、国家観などありませんから、
想定外のことが起これば場当たり的に
ならざるを得ないのです。
今後ますます、訳の分からないことをやり始め、野党からばかりではなくいずれ党内批判にも曝されることでしょう。
保障された(シナリオのある)ケンカは嫌いではないようですが、現実のケンカにはめっぽう弱い男です。

このような人物に「戦略的互恵関係」の本当の意味とその厳しさは理解できないでしょう。
総理になる直前にマキュアベリを読むようでは、そもそも話しになりません。

関西人さん

>つくづく日本の政治家の不出来さを感じました。

世の中に課長が社長をやっている会社はないけれど、日本の政界では不可解なことにそれがまかり通っているわけです。課長が社長をやっていられるとしたら、そうしても会社がつぶれないと皆が思っているときだけでしょう。日本はまさにアメリカ依存でここまで思考停止になってしまっているわけです。

>尊敬の無いところ、真の外交無し。「外交手腕」以前の問題だと思います。

同盟国からさえないがしろにされている国ですから、尊敬されるわけがない。
夢うつつのそんな政治を許したきた国民の方が、駄目政治家の目覚めを待たずに目覚めなければいけない。

>自論を押し付けるのと、自論をアピールするのは違います

おっしゃる通りです。日本の政治家に限らず、日本人のナイーブさは、それを混同しています。

>管総理は、去年からずっと目が死んでるように感じるのですが。。。。

鳩山前総理の不見識といい、菅総理の甘さといいい、批判したり攻撃したりするだけで良かった政治体験しかない上に、周囲にいるのも同様の議員ばかり。権力志向のクセにお仲間で政治ごっこしかやってこなかったのですから無理もありません。
何より高杉晋作を尊敬しているといいながら命を懸ける粋さもなければ、同郷の政治家、木戸孝允のことは歯牙にもかけない政治音痴ぶりですから、その内、政権にしがみつくだけの醜態を曝した後に政権も投げ出すでしょう。

>月光院さまは、どうしたら、有能な政治家を輩出できるとお思いになりますか?松下政経塾もダメでしたね。。。

難しいご質問ですが、体験から申し上げられることは、政治家を志す人たちといっしょに勉強をしそれを続けること。そこから始める。そして、議員として立つ時には出来る形でいいのできっちりと支え応援し、バッジをつけるようになった暁には、たかが党内事情であくせくすることがないように支える。無論、勉強会はその後も続ける・・・
かなり有効だと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

戸部さん

多くの日本人が、今般の尖閣諸島問題でいろいろのことを自ら考え始めたことは歓迎すべきことです。

>CNNでは取り上げられたようなのですが、
日本の主要メディアではどこも取り上げられておりません。

日本の多くのメディア は、国内では記者クラブからの垂れ流し記事とぶら下り記事の垂れ流しを流すだけで、他は共同通信から記事を貰い受けて垂れ流しているだけなので、自ら取材して生地を書くという「記者魂」とは無縁の「会社員」の記事ですから。

>毎日のようにニュースで流れるこの尖閣諸島問題について、情報統制が引かれてしまっているようです。

統制というよりは、自分たちで政権交代させた政権あんおで、自主規制していると言った方が正確かもしれませんね・・・

>憤りを超越して、自国でこんなことが起こっている現状が何だかとても悲しいです。

そこからスタートです。始めることができれば、何とか道は開ける。
現実の政治があまりにもだらしなくて緊張感も何もなく、軍事では手かせ足かせがはめられて税金だけは使われているという思考停止状態だったからこそ、アニメで政治や軍事が描かれてきたのではないかと。アニメこそ、いま日本が日本の子供たちにめっせーじを発し世界にもメッセージを発することのできる日本文化ですから。

>月光院様はこの件につきましてどう思われるかしらと思い

昨日、拙宅に「街頭デモ」をやってくださいという方が見えました。普通の一般市民のお母様方です。しかしながら、「やってください」では、まだまだ駄目なんです。

prismさん

こんばんわ。やはりprismさんも憤りを感じておられたのですね。
普段政治に関心を持たない方たちも、「高貴さ」「尊厳」「公正さ」「責任感」といった公的精神や内的倫理観をお持ちの方なら、皆今般の菅政権の対応や政府の対応に憤りを感じておられるはずです。
なぜなら、そこにあるのは、
場当たり的に対応する能力のなさを糊塗する
卑猥さ、「責任から逃げる」というきわどい無責任さや卑劣さがあるからです。

>菅および民主党政権には反吐が出そうに腹が立っています。こやつらに任せていたら、
日本が沈没します。

おっしゃる通りで、同感です。
支持政党に関係なく、こんな駄目政党に任せていたら、今後日本はどうなっていくか・・・・
日本解体政権となるかもしれません。

>マスコミがちゃんと真実を報道しないのも
ありますが

マスコミは、いまでは、マスゴミというそうです。
昨夜のテレビ各局もノーベル賞のことが中心でした。国会の代表質問が始まったのですから、スポーツ報道をやめて報道すべきことがあったはずだとため息ばかり漏れてきました。日本のマスコミにジャーナリズムを期待しても無駄だということを国民は感じ始めているはず。せめて、抗議の電話やファックスくらい送りたいものです。

表でハッキリ、影でコソコソ

仙石官房長官が、魚制監視船が「又、いらっしゃいました」とコメントしています。
好んでも無い人が、いらっしゃったとかの言い方。
中国は友好親善ではなくなったとだれもが見た瞬間です。つまり、戦略的互恵関係ですね。
フランスのサルコジ大統領がチベット人権問題でクレームを付けて地価鉄工事は締め出されたけど、今回高速鉄道でタッグを組んでますが、これが戦略的互恵関係でしょう。
さて、菅総理の考えがさっぱり判りません。前回の国連でも、厚生大臣時代のC型肝炎の経験から途上国の医療の支援をする。また、日本は最低不幸社会とかを目指す話してましたが、市民運動化の域を脱していないです。
積極財政なのか、緊縮かもハッキリしない。消費税も財務大臣になってから言いだすし、その前の国家戦略室と副大臣は音沙汰がなかった。
会社、国でも国家戦略が企業戦略が主力なのに、その意識もないというか自分の考えが無い。
逆にアメリカも中国も最小不幸さえ起こさなかったら可とするみたいな人と見えます。
少なくても、3年後か、5年後の希望の姿。10年後は日本はこうあってほしいと言う人がいいです。

能力有る政治家を作るのが急務

何度も失礼します。

最近の国内問題と、外交問題を見、東西ドイツ統合20周年を見て、つくづく日本の政治家の不出来さを感じました。

月光院さまは、どうしたら、有能な政治家を輩出できるとお思いになりますか?松下政経塾もダメでしたね。。。

外交手腕以前の問題

金丸氏の「土下座外交」小沢氏の「朝貢外交」、特に共産国(独裁国)への対応を見ると、血圧が上ります。。。。尊敬の無いところ、真の外交無し。「外交手腕」以前の問題だと思います。

自論を押し付けるのと、自論をアピールするのは違います。自分の意見を堂々と発表する他国人に対して、日本人学生は、政治や経済を述べることができず、なぁなぁ主義で馬鹿にされています。私が、湾岸戦争について「日本人はずるい」と言われた時に、反論したら、「本当に日本人か?」と言われて驚きました。

管総理は、去年からずっと目が死んでるように感じるのですが。。。。

先日はコメントありがとうございました。政俊です。

私もまとめサイトで知ったことではありますが、
今回の尖閣諸島問題について先週渋谷でデモが起こったそうです。

http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/10/02/japan.anti.china.protest/index.html

CNNでは取り上げられたようなのですが、
日本の主要メディアではどこも取り上げられておりません。
毎日のようにニュースで流れるこの尖閣諸島問題について、情報統制が引かれてしまっているようです。
憤りを超越して、自国でこんなことが起こっている現状が何だかとても悲しいです。
月光院様はこの件につきましてどう思われるかしらと思い、コメントさせていただきました。

ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1550289.html
(↑2chまとめサイトです…すみません;)

大和魂

お久しぶりです。

尖閣諸島の件もそうですが、菅および民主党政権には反吐が出そうに腹が立っています。こやつらに任せていたら、日本が沈没します。

マスコミがちゃんと真実を報道しないのもありますが、一般市民がもっと立ち上がって、大和魂を覚醒しなければいけない時だと思います。

いまだかつてないくらい腸が煮えくりかえるくらい怒っています。

日本人の魂を呼び覚まし、国を守っていきましょう!

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。