スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のデモ・・・「一人っ子政策」と「愛国主義的民族教育」の行き着く先

激しさを増しているようです。

DSCN7285.jpg

こうした中国の反日抗日デモが、
官製であれ民間の自発デモであれ、

このように暴徒化するのは、
今に始まったことではないので、
個人的にはさほどの感慨は持たないわたくしです。
暴徒化に対しては他の先進国と称される国でも同様ですから。

DSCN7332.jpg
DSCN7331.jpg

何といっても人口12億の国であり、
かつて、核攻撃されて3000万人死のうがまだまだ国民はいると
トップの為政者が口にしても失脚しないような国ですから、
ちょっとタガが外されただけで、
これだけの民衆が集まってしまう。

DSCN7328.jpg

中国各地の工場では、以前、反政府的なデモが、
2万人どころか20万人規模のデモまで頻発していたそうで、
そうしたデモが報道されないだけであちこちで行われているという国ですから、
デモに集まる人の多さは普通のことだろうと思われます。

DSCN7280.jpg

こうして日本車を倒すくらいはまだ温厚だと感じたほど。
かつて、日本車の輸入で対日貿易赤字が膨らんだ某国では、
「ジャップめ!」という罵詈雑言とともに
何台もの日本車を燃やして暴徒化した国民を放置した国がありましたから。

DSCN7283.jpg

こうした外国製品の非買運動を叫ぶことも
世界では珍しいことではありません。
こうしたものは賠償責任を問えば自然となくなります。

反日デモの問題は、こうしたデモの背景にある、
尖閣諸島以前からある、いわば反日感情です。

DSCN7322.jpg

こうした若い世代が多数派だということ。
彼らの「日本人嫌い」は、わたくしたちが思っている以上に、
今後の日中関係を考えるとき深刻な問題を惹起させます。

DSCN7334 (2)

よく言われるように、
冷戦が終わった直後から始められた中国の、
悪名高い国家的プロジェクトである愛国主義的民族教育。

歴史教育を通しての徹底した共産党の国民洗脳教育で、
特に、そうした教育を80年代後半から受けてきた生徒たちが、
いまの中国の20代から40代になっているわけです。
その結果、彼らの頭の中では、
日本人の悪が仮に10あるとすれば、
それは1億くらいの数え切れない悪行となり、
反対に、中国人の悪行が100あったとしても、
それは1にも数えられないという按配となる。
そう言えばいいでしょうか。
彼らの中で、通州事件などを知るものは、
おそらく皆無でしょう。

おまけに、
この世代は、中国の人口政策として始められた、
いわゆる一人っ子政策が始められた世代と重なります。

中国における地方政府の役人による贈収賄だの既得権益維持は、
この人口規制政策でも増長され、
経済成長の甘い果実を得る層とそうじゃない層との経済格差は、
ますます広がっているわけで、
一人っ子政策以降に生まれた子供たち世代がまさにそうなっている。

男女差によって出生届が左右されたり、
認知された子供と認知されない子供の未来はま逆。
出生届がなされなかった子供たちは国民として数に入っていないという風に、
出世時から身分格差が運命的に生じてしまっています。

出生を届けられた幸運な子供たちは、
恵まれた階級や身分で一人っ子として育ってきました。
両親とその祖父母、つまり6人の大人に支えられて生育したわけで、
その育ちゆえの問題が、各方面から指摘されるようになっている世代。

中国がいまのような経済成長を遂げる以前、
日本に留学してきた中国の若者たちのことが、
わたくしの記憶から消えてはいないけれど、
この十年で留学生もずいぶん様変わりしてきました。
経済軍事大国としてアメリカに並び称されるまでになった中国同様、
今後は以前の時代を知らない国民が日本にも大量に生まれ、
つまりは、双方の国にそうした層が生まれることになります。

このままでは、
愛国主義+民族主義+歴史洗脳教育+一人っ子育ちによる困った性格、
そこに、「過大な自尊心による自信」というものまで付加されていく。

この「自信」は、国内的には、
よりよい暮らしのための出世競争に行き着きますが、
出世できるのは一部の者となれば、多くは自と敗者となる。
おまけに彼女もできないという惨めな若者が大量に生まれる可能性もある。
なぜって、一人っ子政策のせいでいまや同世代の男女人口比では、
男子が圧倒的に多くなっているからです。

親たちに期待されて育った一人っ子の男の子が、
挫折を知らないままストレスを溜めたらどうなるか。

それが、国内的にではなく、
対外的に発散されたら、どうなるか。

以下のご意見、
わたくしも同感なのでご紹介します。

DSCN7346.jpg

DSCN7347.jpg

DSCN7348.jpg

DSCN7349.jpg

敗者も勝者もそれぞれにストレスを抱えつつ、
ほどなく社会の中枢を担うようになります。
そんな若者が大量生産されているのが隣国であるとすれば、
統治する当事国のリーダーばかりではなく、隣国も、
相当に頭を抱えることになるのは道理です。

武漢 10,18

日本が早急にやらねばならないのは、
こうした世代の洗脳をいかに解いていくかという事で、
それを日本の対中国の国家プロジェクトにするくらいの真剣さを持たないと、
将来彼らが社会の中枢世代となったとき、
大変なことになるのではないか。

わたくしの危惧は増すばかりです。
ポスト胡錦濤として新たしい次世代リーダーが決まった隣国ですが、
日本は、迫り来るこうした中国マターにどう対応するのか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【速報】日本終了 若者「経済成長?しなくていいでしょ」 完全に終わったわ 滅びるジャップ

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/07(月) 00:13:43.78 ID:hTkPqRGo0● ?PLT(12223) ポイント特典脱経済成長の幸せ 若者世代にも潮流2012年5月6日経済成長は本当に必要な

反日デモは民度の低さの表れ

中国、蘭州市と宝鶏市で反日デモ 若者ら数百~千人規模(共同通信) - goo ニュー...

コメントの投稿

非公開コメント

排外的となる愛国感情

>在米中、日系社会で、12月8日(真珠湾攻撃)と8月15日(敗戦)9月8日(サンフランシスコ講和条約)の三日間は、行動を慎重に、女性は車であっても夜間外出は控える。子供のいる家庭は、送り迎えはスクールバスでなく、親が車でするようにという申し伝えが内々でありました。普段は気が付かないことでしたが、他国に住んでいることをひしひしと感じました。

オーストラリア在住の友人も、同様のことを伝えてきました。おっしゃる通り、その国の国民感情民族感情は、歴史の記憶と共にいつでも排外的になるものです。

北東アジアがいまだにEUのようなわけにはいかないのは、中国においては、共産党一党独裁の正当性を担保しているのが、日本帝国主義打倒のために戦ったという抗日の歴史であり、
韓国においては、大韓民国の建立が韓国人によるものではなく、敗戦後も韓半島に駐留していた日本軍とアメリカ軍による委譲による国家の建立となったことがトラウマになっているのか、統治能力がなかった当時の韓半島を統治した日本を、建国記念日のたびに悪者にしないと治まらない。
北朝鮮においては、実は、戦前の日本の皇室や国家主義的な天皇制という戦時中の体制を模範としているところがあり、敗戦した日本への愛憎半ばする感情があったのかもしれませんね。

いずれも、独立国家の国民となって日が浅い民族の愛国の感情と民族としての誇りゆえで、それを歪曲した歴史に負っている限り、北東アジアでは、歴史の和解などは無理であると感じております。なので、民主党が推し進めようとしてきた「北東アジア安全保障体制」など、信じられないほど皮相浅薄なものだと申し上げるしかありません。
そんなことより、経済的な互恵主義でいく方が余程まともだなと。

>大陸からの留学生には、尾行が付いているようでした。(当時、香港人台湾人、と大陸人は交際がありませんでした)

今日の日本国内において、在日台湾人への監視を行っている在日中国人の方たちがおられることが思い起こされました。台湾からこられた方たちが、日本国内で開催されり国際交流イベントに参加しようとすると、屋台が破壊されたりイベントそのものが妨害されたりします。他所の国であろうと、こうした活動をするのですから、自国以外の国家主権などお構いなしの方たちがおられるんですね。

孔子学園

関西人さん、

>中国は、「孔子学院」を世界的に展開していますが、彼我の違いを知り、共通を認めるため、日本もアニメと共に日本語と文化を普及していくべきだと思います。

まったく同感です。以前、文科省関係者と外務省関係者に、孔子学園を利用しての中国の戦略的な世界外交への注意を促し、日本も日本版孔子学園のような文化発信基地を、と申し上げたことがございましたが、親中議員らによって無視されなしの礫で終わりました。壁は相当に厚いなあと。
けれど、アニメを絡めてのものなら、何とかなるかもしれませんね。貴重なご意見でした!

通州事件

関西人さんもご存知なくていらっしゃったのですね。無理もありません、日本の歴史の授業でさえ教えていないのですから。
わたくしは、日本が歴史問題で謝罪外交を始めるようになった頃、日本の近代史を洗い直してみようということで私的勉強会を主催するようになりました。
そのときに、「大東亜戦争への道」(中村粲あきら著)他の労作と出会い通州事件のことを知りました。
当時の新聞報道を丁寧に辿り、当時の資料をも丹念に照会して事実を時系列に書き進めた大変な労作の一冊です。

信じがたいことですが、集団暴徒と化した中国人による邦人の残忍きわまる異常な虐殺(残酷極まりない皆殺しに近い殺戮でした。資料を読んだとき、手が震えたものでございます)が行われたのが、通州事件です。「事件」ではなく、「大虐殺」と言うべきでしょう。

この殺戮をマスコミが報じるや、国民の世論が沸騰。日本政府は、邦人保護を訴える国民世論によって、またシナへの派遣を渋っていた軍部も「何のための軍隊なのか」という世論に押され軍隊を上海に送ることになったわけです。
満州事変以後の戦線拡大を、わが国ももう一度しっかり検証する必要があります。

中国が南京事件を「大虐殺」という戦後プロパガンダを拡大して日本との歴史カードにするようになった当時、残念ながら、宮沢内閣ではこうした史実を検討する発想も、それ以前に、そうした歴史の知識もなかったのです。

民主党政権も同様で、何せ、全共闘世代(学生時代に歴史の勉強をまるでしなかった最初の世代)がトップとなっている現在、いかんともしがたいものがあります。なので、まずは、一人でも多くの国会議員にこうした史実を啓発しなければならないわけです。

関西人さんも地元選出の国会議員に、こうした歴史を知ってもらうべく、機会を見てお話していただきたいと思います。話を聞かなければ、投票しないぞ!落選運動をするぞ!と。(=^^=)

知らなかった通州事件!尼港事件!

この記事を拝見してから、
週末いろいろ調べたのですが驚いています!
南京事件ばかり喧伝されているので。

わたしは、学業、行動共に素晴らしかった第一次中国留学生を知っている世代ですが、最近の大陸からの留学生の、勉強態度とマナーはひどいものです。或る大学の近所に住んでいたころ、近所のひんしゅくをかっていました。注意すると怒鳴られるし。中国大好きだったわたしも、ちょっと。。。。。

日本も管総理や仙石官房長官のように、臆面もなく媚びへつらうだけでなく、もっと根本的な相互理解を計り、外交手腕を磨いてもらいたいものです。

中国は、「孔子学院」を世界的に展開していますが、彼我の違いを知り、共通を認めるため、日本もアニメと共に日本語と文化を普及していくべきだと思います。

在米中、日系社会で、12月8日(真珠湾攻撃)と8月15日(敗戦)9月8日(サンフランシスコ講和条約)の三日間は、行動を慎重に、女性は車であっても夜間外出は控える。子供のいる家庭は、送り迎えはスクールバスでなく、親が車でするようにという申し伝えが内々でありました。普段は気が付かないことでしたが、他国に住んでいることをひしひしと感じました。

大陸からの留学生には、尾行が付いているようでした。(当時、香港人台湾人、と大陸人は交際がありませんでした)

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。