スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川りん二郎の猫(2)・・・「猫と毛糸」

長谷川諸燗??Y 「猫と毛糸」


平坦な筆致なのに、不思議な存在感をアピールする猫ですよね。

毛糸の質感が猫の毛ざわりを思い起こさせ、
やわらかくて暖かい空間の中で、
生後4ヶ月くらいの子猫がまったりしているのですけれど、
猫って、毛糸によくじゃらけますよね。
まったりと寝そべっていながら、
子猫の目は毛糸遊びを狙っているというか、
見ている側の「おい、毛糸で遊ばないのかい?」という思いを受けて、
思案中の様子が伝わってくるようです。

このあと、子猫はやおら起き出して、
間違いなく毛糸にタッチしそうです。

長谷川りん二郎の「猫と毛糸」という作品です。
(キャンバス:41×53cm)

1930年制作なので、
札幌から上京した頃のものでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。