スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14才の殺し屋

DSCN1748.jpg

  「事実は、小説より奇なり」

とはよく言いますが、現代風に申せば、

  「事実は、映画より奇なり」


メキシコでは、マスコミが連日大騒ぎしているそうです。
メキシコの連邦検察庁が、14歳の少年を麻薬密輸組織の殺し屋として雇われていた疑いがあるとして
拘束したことを発表し、その少年がテレビなどで放映されているとのこと。
少年法になじんでいる日本では考えられないですが、
その少年は麻薬カルテル「パシフィコ・スル」で働いて、
11歳の頃から命令を受けこれまで4人を殺害したとも供述。
拳銃を保持していらが、いずれも相手の喉をナイフで斯き切って目的を達成。
殺し屋稼業をクールでかっこいいと供述。

社会の貧富の格差、麻薬売買、教育制度の貧困など、
14歳の殺し屋を生んだ背景をもっともらしく解説してみたところで、むなしい。
善悪の判断が出来ないまま育ったことは、
この14歳の少年にとって不幸なことなのかどうか、
わたくしには分かりません。


メキシコといえば、
今朝のBBCニュースで、映画みたいな話が出ていましたっけ。
アメリカとメキシコの国境で地下トンネルが発見されたととのこと。
大人の男性がちょっと前傾姿勢で歩いて通れる大きさのトンネルで、
ずっと以前から掘られて使われていたようです。
これは、映画「大脱走」を思い起こさせる話ですが、現代の実話です。
そういえば、北朝鮮側から韓国領土に向かって
たくさんの地下トンネルが掘られているそうです。
こういうことになると、古今東西、人間の考えることって変わらないのですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 痛いニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。