スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子供手当て」国の政策に反旗を翻した自治体への締め付けのための法改正か

このお正月も、気になったニュースがいくつもありました。
中国解放軍に対して中国政府のシビリアンコントロールが利いていないという報道は、
驚くべきことでしたが、ここでじたばたしても仕方がない。
年末以来、ブログを更新する時間が持てなくてきたことは、
残念ではありましたが、冷却時間ともなりました。

そんな中で、国内では政局報道ばかり。
なので、あまり取り上げられていないニュースの中から、
気になったものを眺めてみたいと思います。

まずは、去年のニュースを、
以下の画像で思い起こしてみていただければと思います。


子供手当て に反旗を翻す自治体

子供手当てに反旗を翻す自治体2

そんな財源があるなら最初からまわせ

このように、
地方分権にむけて能力もやる気もあるような主体的な自治体が、
まっさきに締め上げられそうな法改正が、
今度の通常国家で提出されそうです。

総務省は、
法令に違反した行為があるとみなされるこうした地方自治体に対して、
是正要求に従わない場合、提訴できるよう制度改正するとのこと。

鹿児島県阿久根市のようなトンでもない首長のケースはともかく、
この新制度では、上のような自治体に対し、
子供手当を現金で支給せよという国の是正要求を拒否し、
保育園の整備や待機待ち児童の解消のためにお金を使おうとすれば、
国からの訴訟の対象となるわけです。

住民の過半数以上が反対する法令であろうと、
国が決めたことには従えというかのようなこの改正への流れは、
民主党政権が長年主張してきた「地方分権」の、
「財源と権限をも自治体に委譲する」
「地方のことは地方が決める」
「脱中央主権&脱官僚主導政治」
などなどの流れとの整合性はどうなるのか。

政権運営の準備がまったく為されていなかった政党の
未熟と焦りと無責任さが執行部の感覚を狂わせ、
国民の側の希求するものとの乖離を拡大させている。
そうとしか思えないことが新年になっても
次から次と生じているように思われてなりませんが、

どうでもいいような政局報道にかまけていると、
こうした法改正が見落とされてしまいそうなので、
(こうした法律ほど、わたくしたちの暮らしに直結するので)、
チェックしながら国会審議を見守りたいものです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。