スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ドゥームスデイ」

忘れた頃に観る映画の1本で、これが何度目になるか。
以前、拙ブログの映画日記で取り上げておりますので、
内容に関してはそちらをご覧ください。ここでは、
そこで書かなかったことを付加えたいと思います。

本作は「マッド・マックス」ばりの未来SFアクション映画ですが、
プラス、スプラッターとサスペンスも加わっている映画です。
ニール・マーシャル監督というのは、
70年代のジョージ・ミラー監督・メル・ギブソン主演のその
「マッド・マックス」を見て育った世代かなと思われ、
チェックしたことがありましたが、
デビュー作?の映画「ディセント」は、
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を製作したクリスチャン・コルソンが、
製作者。どうりでテイストが似ているわけです。

DSCN9258.jpg

本作の主演のローラ・ミトラの雰囲気やシェイプアップされた筋肉質の肢体といい、
未来都市からいきなり中世にタイムトラベルさせられたかのような中で、
狂気の統治者として現れるマルコム・マクダウェルのキャスティングといい、
総じて、出演の役者のイメージに手垢が付いていないというか、
手垢のついていない役者を主演させていることもあって、
何度見ても新鮮さがあります。

カーアクションの切れもアクション同様にすこぶるいいので、
ヴァイオレンスアクション映画としても楽しめますが、
人肉食というか人肉を料理して狂喜する無法集団の場面や、
兄妹愛や親子の愛ゼロの殺し合いの場面も出てくるので、
スプラッター映画が苦手な方は、残念ですが、
ご覧にならない方がよろしいかもしれませんね。

わたくしは、ラストのローラ・ミトラには、拍手!で、
そのタフネスぶりに、毎回スカッとします。
「ディセント」にも出演しているノラ=ジェーン・ヌーンが、
本作にも出ていますが、ローラ・ミトラと好対照でなかなか良かった。


ちなみに、ドゥームスデイというのは、
映画日記では最後の審判と説明したように思いますが、
キリスト教文化圏じゃないわたくしたちには、
よくわからない言葉です。
俗世での行いの善悪に応じて神がわれわれ人間の運命に判決を下す
ハルマゲドンに続く時間の終わりの日という意味。
2012年にそれを期待しておられる方は、
こうしたSF映画で我慢していただきたいわたくし。

いやなニュースに接した時や
どうにもならない気分にさせられるニュースが続いたときに、
こういう映画を見ると癒されるわたくし。
ただ、繰り返しますが、スプラッター映画が駄目という方や、
残虐なシーンがある映画は駄目という方は、
ご覧にならないでください。

☆ご参考までに。
★http://blog.goo.ne.jp/ms-gekkouinn/e/36953fe5ccfa470acf236336f13da80c
★http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330109
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。