スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管総理、後継者候補がいない安堵感

世界がどのように動いていようが、
頭の中が国内での政局闘争や国会運営でいっぱいの我が国の総理は、
世界政治の舞台に立てることには胸を弾ませているらしい。
だとするなら、不思議でならない。
安全保障への対応の拙さから、
一気に支持率を失ったにも拘らず、
実績の広報不足を反省する感覚は不可解そのものだが、
日本の総理でありながらこの国をどのような国にしたいのか?
といったことに相当に関心が薄いのに、
世界の首脳が集まる舞台には関心が強いというのは、
実に不思議でならない。

やりたいことが分らなくなっても
別段困っておられないように見えるのは、
夢見る夢男のお坊ちゃんでも首相が務まったという
前総理への下卑た思いが底流にあるのだろう。

小心者な割には野心家という複雑系な性質は、
権力志向の高さゆえに、官僚による掌握と操作を受けながら、
官僚の知恵と体験を借りていると誤解することを自らに許し、
政策はいまや官僚にマル投げとなっているようだけれども、
厚生大臣しか体験したことがない総理なので仕方がない。

自分が何をしているのか分らないために、
目が宙を泳ぎ起きているのか眠っているのか分らないような有様を
国民の眼に曝したことを失念することも自らに許したようだ。

が、昨今、その目は起きているらしいと分かる程には
見開かれるようになったが、その理由が、
政局闘争だけしていれば後は官僚がやってくれるという安心感と、
俺以外に誰も総理を狙える奴は当分いないという安心感だとしたら、
この総理の野心は日本と国民にとって不安材料としかならない。

なのに、野党自民党の谷垣総裁では何とも覚束無い。
本当に解散に追い込むという気迫が感じられず、
その戦略も見えない。
これでは、自民党に倣ってアメリカに迎合することを決めた管政権の、
その総理の野心には追い付けないのではないか。
どっちもどっちなら混乱は避けたいということで安泰となる計算。

それにしても、政権交代の危機感を持たなくていい政党や、
後継者と目される政治家がいない首相や大統領というのは、
政治家としての力量もまた見劣りするものであるけれど、
先進国と称される国では、

ベルルスコー二首相

少女買春という疑惑を受けてさえ、
辞任に追い込まれることもなく延命しているベルルスコー二のような首相や、
彼を尊敬していると公言するフランスのサルコジのように、
離婚と結婚を繰り返し不倫騒動さえ起こしながらも、
それを厳しく問われもせず、
辞任に追い込まれる様子もない大統領もいるのだから、
我が国の総理が無能でも構わないのでもいうのだろうか。
そういうわけにはいかないのである。

上に挙げたフランスとイタリアの政治リーダーは、
いずれも褒められた政治家ではないが、
国際通貨体制に関してはドル基軸制からの転換を主張し、
国内政局で頭がいっぱいという我が国の総理とは相当異なる。
少女買春だろうがおバカ大統領であろうが、
そのような男を大統領にしていても大丈夫だというものが、
それらの国にはあるのだろう。
そうだとしたら、それは畏怖に値する。

しかしながら、
かつてのように無能な総理を抱いていても大丈夫だと言えない時代を、
日本は迎えているのではないのか。そのときに、
国家を担うにあたり迷走する政権と首相の脂質も能力もない男を、
首相の座から降ろせないことを、
わたくしたちはどう考えればいいのだろう。

kann.jpg


世界はいつになく不安定な時代を迎えています。
チュニジアばかりではありません。
治安が急激に悪化しているアルジェリア、アルバニアのように、
国民の暮らしの悪化や不満と政情不安がリンクし、
抗議デモや政権転覆で軍隊が出動するような国が多々あり、
日本の隣国にもその火種がくすぶっている。

好き嫌いや自己保身のために政治闘争する為政者や、
ただダボス会議で目立ちたいというだけの、
官僚に操られていることも分らないような甘い為政者では、
いまは、困るのです。

政情不安定となった国であろうと、
日本の利益のために孤軍奮闘している日本人たちがいる。
なのに、国内にいる政治家は平和ボケしたまま。
目先のことしか頭にない。

国内平和は決して恒久的なものではなく、
政治家の努力と国民の監視が停滞すれば、
いつだって壊れるものではなかったか。
なのに、理念なき無能な自己保身男を首相に据えているのは、
諦念からではなく、国民が平和に飽きたからなのではないか。

民主党政権になってからの総括をしていたら、
そんな思いが立ち込めてきてしまいました。
一年の計は元旦にあり、その元旦から忙しい日々が続き、
ろくでもないニュースばかり続いているせいか、
少なからず苛立ちを抱くようになっているわたくし。

漫然と流し観た映画のことなど、
次のブログでアップしようと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。