スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本相撲協会の会見(2月2日)を振り返る・・・・公益法人資格をはく奪すべし。

大相撲の春場所(三月場所)の開催が中止となったそうです。
注目の名古屋市の市長選挙、愛知県知事選挙の結果について、
取り上げたいと思っていましたが、結果が予想どおりでしたので、
選挙後の動向にこそ関心が大きい私としては、
河村新党のことは後日改めて取り上げることとし、
今日は、先週半ばの日本相撲協会理事長の会見を、
振り返ってみたいと思いました。
というのも、詫びるべき相手が「相撲ファン」だけか?
会見を見ていてそう感じたことと、
この相撲協会の今後について深い関心を抱いている一人だからです。

相撲協会会見1

相撲協会kaikenn 2

そのメールというのが、こちら。

        sumou-9.jpg

携帯電話の便利さが安易さとなり、
残してはいけないメールを削除しないでいたせいで、
以前から疑惑の眼を向けられていたことがとうとう発覚してしまったというべきか。
こうした物証が出てきてしまったので、今度こそ、
日本相撲協会も事態を深刻に受け止めたようです。
放駒理事長の苦渋の表情はそれを物語っていたのかもしれません。

kaikenn4.jpg

kaikenn5.jpg

身内が身内を取り調べるのですから、確証を得るも何もない。
捜査が専門の警察でも物証がない以上、
たとえ黒だと確信しても黒とは言えないのですから、
日本相撲協会内部の聞き調査では端から限界があるというもの。

kaikenn6.jpg

kaikenn 7

厳重に対処されるのは、
日本相撲協会も同様なのではないか。

kaikenn8.jpg

発覚した力士14人のメールの内容の捜査には2か月はかかるとのこと。
それを待つことなく緊急会見から5日間で
春場所の興行中止を決定したことは当然でしょう。
日本相撲協会がそのくらいの緊張感で協会の運営と力士や親方たちの
教育指導にあたってきていたならば、
不祥事が繰り返されることもなかったのではないか。

国技だろうが伝統文化だろうが、
度重なる不祥事の再発を防止できないような日本相撲協会のようなところに、
税の優遇をする必要はない。公益法人の資格も末梢した方がよろしい。
民営化しても、力士が相撲をとてなくなるわけではない。
真剣勝負の取り組みの相撲なら、特別扱いしなくても
サッカー同様に十分やっていけるはずではないか。
大麻の後は、野球賭博がらみの捜査で八百長発覚とはあまりにも
力士たちの構えがゆるみ過ぎている。

仏の顔も三度までというではないか。
「一部の力士がやったことだから」「真面目な力士たちが気の毒だ」
というのは、もう通じないのではないか。
大麻も賭博も八百長もそういうことをしてもいいという空気がなければ、
そもそも起こらないはずだ。
  先輩も親方も皆やってきたことだから、俺たちも。
  皆やっていることだから、俺たちも。
つまりは、そういう伝統的な空気が流れているのだろう。
かくなる上は、日本相撲協会は自ら公益法人としての資格を返上し、
堂々と民営化して興行を打てばよい。
そして、これまで甘ったれてきた分を≪納税≫という形で、
贖罪をした方がずっと良い。

今回の八百長相撲(無気力相撲だの人情相撲だの表現はいろいろ)の件は、
文部科学省から日本相撲協会に知らされたとのこと。
日本相撲協会理事長の緊迫した会見から察するに、
監督官庁たる文部科学省は協会に対し、
公益法人取消という文言でも匂わせたのだろうか。
そうだとしたら、甘すぎるのではないか。

相撲を禁止するわけではないのだから、
自力再生のためにも日本相撲協会の公益法人資格を
今度ばかりは停止、もしくは剥奪した方が、
日本の相撲のためにも望ましいと思うわたくし。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ケロリンさん

こんばんわ。お久しぶりでした。
さて、コメントを拝見して驚きました。今般発覚したメールが、≪削除済み≫のメールを再生したものだったとのこと!メモリカードに残していたのか、あるいは携帯電話の本体から再生させたのかと。メモリカードをときどき初期化しているわたくしとしては、本体から再生させられたらプライバシーも何もないなあと今更ながら考えさせられました。
まあ、その技術力のお陰で犯罪が発覚するというのは好ましいことではありますが・・・・

>しかし、プロレスなどの興行と違い、相撲は本来神事であったはず、と、僕などはとらえているのですが
、(多分多くの相撲ファンはそうとらえているのでは)、


確かに、相撲は他のスポーツと違って日本の伝統文化としての神事という捉え方が為されてきましたし、ゆえに≪国技≫という位置づけがされてきました。タニマチという独特の伝統もそれに付随していると言えます。
けれど、日本国憲法とともに神事としての位置づけはなくなりました。そのはずです。そうでなければ、違憲扱いとなりますから。本来の神事に戻すには、憲法を変えなければならないですよね。

>(相撲を神事)そうとは思っていない力士がいる、ということは、教育が悪いのか?日本人の質が落ちてしまったのか?

日本相撲協会の在り方を改めるしかないのではないでしょうか。直截的に申せば、堕落の根源はお金です。14、15歳で相撲界に弟子入りし、社会を知らないまま、社会人としての生きていくための一般的な体験も踏まないまま、相撲界という世界しか知らずに成長していくわけですから、親方を始めとした指導者の在り様いかんでどうにでもなってしまう。稽古に励んで勝負に勝てば出世し金もついてくる。よほど教育指導に力を入れなければ、若い力士がそのお金に支配されるようになるのは時間の問題でしょう。芸能界で大麻などの薬物が常用されている実態がよく問題視されてきましたが、それと同じで、お金のあるところには、誘惑も多い・・・・先の不祥事を起こした歌舞伎界の若者も同じですね。相撲界のように先輩後輩の上下関係が伝統的に存続しているような世界では、先輩がやっていればそれを倣う。親方がやっていれば弟子も倣うというのは、自然の流れでしょうか。

日本人の多くが今回の相撲界の不祥事に衝撃を受けているので、わたくしは日本人には期待を寄せている一人です。なので、相撲界を再生するには、日本相撲協会自らが本来の国技としての精神を取り戻すべく、文部科学省などの監督下に甘んじることなく、公益法人ではなく宗教法人として神事としての相撲を行うというくらいの大変革が必要ではないかと考えています。

公益法人の資格なし

アジシオ次郎さんのブログを拝見。いま貴ブログから戻ってきたところです。
コメントを残させていただきましたが、おっしゃる通り、日本相撲協会はもう体質改善を自力でできるとも思えません。民営化して道を探るというのは一番再生への道としてベターだとわたくしも思います。

死者まで出した稽古の在り様、外国人力士への教育や指導に対する能力の欠如、社会人として身につけるべき規範を若い力士たちに指導もできない親方や協会。そもそもが引退した30歳そこらで大金を手にし弟子たちを取る親方になるという仕組みのありようも含めて、相撲協会の在り方には時代にそぐわなくなった問題がありすぎます。もはや国技としてのあり様、伝統文化を担う相撲の存在意義すら問われようとしています。

力士を辞めた後に社会に出て一人立ちできる人間になっていられるような、そういった社会人教育というものが求められているのは、相撲の世界も歌舞伎界も似ているように思われてなりません。

メールは削除済み

八百長力士のメールは削除済みだったそうです。もとはと言えば、野球賭博の捜査で押収した力士たちの携帯メールを解析中に、不審なメールに気付いた警視庁捜査官が、野球賭博事件が一段落するまでこの件は後回しにしていたそうです。

立件する前に警視庁から文化省に一報を入れ、証拠を示して文化省が納得、相撲協会に問いただす、という時系列だそうですね。

つまり、メールを削除したと思って安心していた力士たちも、まさかそれが復元できるとは思わずに、今回の仕儀に至った事で青くなったようです。
青くなったのは、ヤバいメールをやり取りしている人々(僕も含めて)、メールを削除したくらいでは安心できん、という事が発覚した訳です。

しかし、プロレスなどの興行と違い、相撲は本来神事であったはず、と、僕などはとらえているのですが
(多分多くの相撲ファンはそうとらえているのでは)、そうとは思っていない力士がいる、ということは、教育が悪いのか?日本人の質が落ちてしまったのか?

日本人のスピリッツを持っている、と確信できる白鳳を見るにつけ考えさせられます。

ファンを欺いた罰

 こんにちは。

 またも相撲界を震撼させた大相撲八百長問題、そのツケは来月の春場所中止という結果となりましたが、私が思うに「今までファンを欺いた報い」だと思います。

 八百長を匂わせるメールのやり取りや、仲介役力士の存在、これだけでも悪質なのにそれを見てなかった日本相撲協会にも問題はあります。

 4年前の時津風部屋での序の口力士暴行死事件、3年前のロシア人力士の大麻所持、昨年の野球賭博問題、そして今回の八百長問題。と不祥事続きで相撲全体に対する世間からの信用を著しく低下させた原因は相撲協会ではないでしょうか? 正直自浄能力の欠如も甚だしいったらありゃしない!

 文部科学省は相撲協会に対して、公益法人を剥奪するという「お灸」を据えるべきです。民営化して体質そのものを変えない限り相撲界の未来はグチャグチャです!! どこまでファンを欺き裏切れば気が済むのだろうかね? 相撲協会は。

 八百長で無気力相撲を露呈してることについて、競争意識がまるでないとしか言えません。プロスポーツなんだから競争意識を持って当然でしょうが!? これ以上ファンを欺くな!! 相撲界は。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでぜひ見に来てくださいませ。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。