スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党の倫理委員会なるところ・・・誰も見に来ない芝居小屋

どんな弁明だったのか。
小沢元民主党幹事長(民主党元党首)が党の倫理委員会で述べたという内容を、
テレビのニュースではなかなか知り得なかったので、
やっと時間ができた今朝、ネットで検索したところ、
産経配信のニュースに全文が掲載されていました。

stt11022211380005-p4.jpg


「倫理委員会の皆さんへ私の主張」(平成23年2月22日衆議院議員 小沢一郎)
と題された弁明は、以下の通り(**以下)です。
小沢一郎の支持者ではなくともこの検察審査会の議決の経過について
危ういものを感じる一人としてわたくしも政府与党の考えを聞きたいと思います。
以下、同感箇所を色文字にさせていただきました。

    わたくしは民主党の支持者でもなければ、
    小沢一郎という代議士の支持者でもありません。
    先ごろ拙ブログで「日本一新の会」という小沢系のグループの
    メルマガをご紹介させていただきましたが、
    党派を超えてこうしたメルマガを受け取っている一人です。
    気になることをここのブログで取り上げているというスタンスで、
    他意はありません。あしからず。


   ***  *****  ***

stt11022211380005-p2.jpg


党倫理委員会の皆様、このような機会をいただいたことに心から感謝申し上げます。
一昨年来、私の政治資金管理団体にかかわる件について、
国民の皆様、同志の皆様にご心配をおかけしていることを、
まずもってお詫び申し上げます。

 さて2月14日の民主党役員会、15日の常任幹事会において、
元秘書が逮捕・起訴された事実について、私に対し
検察審査会により起訴手続きがなされたことは「倫理規範に反する行為」に該当すると
判断したとのことですが、本日は倫理委員会の皆様に私の考えをお伝えし、
また委員の皆さんのご所見を伺いたく参りました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

一、検察審査会の起訴と、通常の検察による起訴との違いについて

役員会・常任幹事会は、私が、
収支報告書の虚偽記載につき共謀したという容疑が事実であるか否かにかかわらず、
単に起訴されたという事実をもって処分の根拠としていますが、
今回の検察審査会による起訴を通常の起訴と同視することはできないと考えます。

一連の問題に関し、一年余にわたる東京地検特捜部の徹底した捜査により、
多数の書類を押収され、秘書・元秘書は身柄を拘束された上で取り調べを受け、
私自身も四回にわたって事情聴取に応じてきました。結果、
私については不起訴処分、さらに、
一回目の検察審査会の起訴相当議決後の再捜査でも
再び不起訴処分となりました。

検察審査会の議決にある通り、検察審査会制度は
「国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度である」
とのことです。検察審査会の議決による起訴は、
検察の起訴のように有罪の確信があって行うのではなく、
法廷で「白黒」をつけるために行う、つまり迷ったから裁判の手続きに乗せようと、
当の検察審査会自身が述べているわけです。

また今回、検察官役を担われる指定弁護士も、記者会見において
「有罪だと確信したから起訴したのではない。議決があったから起訴した」
「私たちの職務は必ずしも有罪だと確信したから起訴するのではなく、
法令上、起訴しない条件がなかったから起訴した」と述べたと聞いており、
今回の起訴の性格を指定弁護士自身の発言が物語っております。

  わたくしが見た会見では、
  有罪を確信していると語った弁護士がいたぞ、
  そういう記憶にありますが・・・
 

この点について、倫理委員会の皆さんは、
検察審査会による起訴手続きと、検察による通常の起訴の違いについて、
どのようにお考えになっているのか、お伺いします。

  わたくしは、検察審査会という制度がある以上、
  こうした問いにはあまり意味はないと思っています。
  小沢代議士同様、わたくしも問題だと思うのは、
  次の色文字の箇所です。


二、検察審査会の起訴議決が有効であるか否かについて

役員会・常任幹事会は、今回の検察審査会の起訴議決に基づく起訴が
有効であることを前提に処分の判断を行っていますが、
そもそも検察審査会の起訴議決自体に手続違反があります。

東京第五検察審査会の二度目の議決には、
不起訴になった事実以外も議決の対象になっております。
つまり一回目の議決と二回目の議決の内容が異なっているのです。
被疑事実でもないことについて審査の対象になるのであれば、
いかなる無辜の民であっても審査の対象となり、
いわれなき容疑によって強制的に起訴されることとなりかねません。

公人中の公人であり公選による衆議院議員によっては尚更であり、
到底認められません。

私は、検察審査会の議決の有効性についても行政訴訟によって争ってまいりました。
この点につき、最高裁は、「刑事裁判の中で主張しうる」との判断を示しており、
今後の刑事裁判の中で起訴議決の有効性自体についても争ってゆくこととなります。

さらに、起訴議決に至った最大の証拠である石川議員の供述調書についても、
再捜査の取り調べの際に担当検事の誘導等があったことを示す録音が存在しており、
この供述調書の任意性、信用性が否定されれば
公訴取り消しも十分にあり得ます。


  公訴が取り消されるということ自体、
  ままあることですが、その場合、
  検察は何をしていたのか!!ということになり、
  この起訴に恣意的な政治的意図が感じられ、
  それって、相手がいかに政治的にスタンスが異なろうと、
  検察に対して暴挙に近いものを感じるわたくし。
  その取り調べの実態を報じたジャーナリストの上杉隆氏の記事を、
  過日ここのブログでご紹介したのもそのためです。
  
  

また検察審査会自体、議事録も公開されておらず
第一回目の議決の際と第二回目の議決の際の構成委員の平均年齢が、
本来入れ替わっているはずであるにもかかわらず34・55歳と同じであって

そもそも1000万人都民の中から無作為抽出によって委員を選任した場合に、
平均年齢が34・55歳となる確率はほとんどゼロであることに加え、
二度の審査委員会委員の平均年齢が同じになることなど、
偶然にしてもあり得るはずもないこと、

審査補助員の弁護士に支払われた旅費の日付が、
報道による審査補助員就任時期以前のものまで含まれており、
ルールに則った審査が行われたかどうか疑わしいこと、
議決前には担当検事による不起訴理由の説明が必要ですが、
ほんとうに担当検事が議決前に検察審査会に出席したかどうか
定かではないことなど、その経過も内容もまったく公開されておらず、
全て秘密のベールにつつまれております。


1000万人都民のなかから無作為で選ばれたとされる
11人の検察審査会委員の素性はもちろん、
審査の過程も明らかにされていないのであります。
果たして検察審査会による議決が、
「国民の責任」といえるだけの正当性を有しているのか、

はなはだ疑問であります。

倫理委員会の皆様は、検察審査会の起訴議決の有効性について、
どのように判断されているのか、お伺いします。

  ***  *****  ***

政権が末期的な状態になっているとはいえ、
民主党は仮にも政権与党です。
普段、人権人権と声高に叫んでいる議員が多い政党なので、
わたくしとしては、この党の倫理委員会の見解をぜひ知りたい。

stt11022211380005-p3.jpg

党倫理委員会の委員長は、この御仁。渡部恒三最高顧問です。
晩節を汚す政治家は少なくありませんけれど、
この人物もまた、辞め時を知らないお一人のように見受けられます。

政治家の晩節には「名誉欲」「自己存在アピール欲」「若返り欲」など、
いろいろな欲が生じるのか・・・なかなか難しいものがありそうですね。
これって、政治に携わってきた老人特有のものなのか。

それにしても、民主党の倫理委員会なるところ、
過去の例からしても運用がかなりめちゃくちゃなところ。
そういう印象を持っているわたくしですが、
そうしたところに小沢一郎がなぜ、
ここまでへりくだって付き合うのか。
まさにここはいかに権威付けようとしたところで、
誰も見に来ない芝居小屋のようなところ。

小沢の言い分に共感するところがある分、
正直、よくわからないですね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。