スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後初の外航船入港・・・仙台塩釜港

27日午後、仙台塩釜港に入港した「グローバル・スプレンダー」。パナマ船籍で、インドネシアで石炭約1万トンを積み、釧路港に寄港した後、到着した。

27日午後、仙台塩釜港に入港した「グローバル・スプレンダー」。
パナマ船籍船が、インドネシアで石炭約1万トンを積み、
釧路港に寄港した後、当地の港に寄港したというニュースに、
一人、複雑な思いをしつつも胸を熱くしたわたくし。
原発の放射能洩れに関する「風評」で、
これまで外国船が当地に寄港することを避けてきましたが、
そういう事態になった責任の多くは、
対応が二転三転し、かついまだに、
原発事故に対する対応が定まらない政府にあるのは自明です。

仏ドービルで開かれたG8は、
原発の安全性強化を図るとの首脳宣言を採択して閉幕しましたが、
首脳宣言では、今般の日本のように、
地震などの震災に直面するリスクのある地域における原発に関し、
現行よりも厳格な安全基準を策定するよう
国際原子力機関(IAEA)に要請しました。

来日中のIAEA調査団のマイク・ウェイトマン団長が言われたように、
「情報を収集して教訓を得ること。原子力の安全性向上を目指す」
という安全を一番に希求することは、G8でも当然だろうと思いますが、

福島第一原発の事故で、またも、
東電がデータを隠していたことがわかりました。
エダッテいる枝野官房長官がどのような会見を開こうと、
地震直後から今日までの原発周辺の放射線量について、
正確なデータが開示されなかったどころか、
政府も原子力委員会などの会見も、
あまりに、不信感を抱かざるを得ない以上、
こうした対外的な我が国の対応にどれだけ信頼を置けるものか。

http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210527017.html

このようなことを震災後2ヵ月半がたった今やろうとしているのです。
G8における各国の代表がいかに笑顔を振りまこうと、
震災当事国の総理が笑顔を振りまいていていいものか。

信じられない!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宮城県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。