スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発問題(7)・・・福井県美浜原発を持つ美浜町長の思いと考え(1)

昨夜見ていたお笑い劇場(と娘が高校生だったときに命名)「報道ステーション」で、
いきなり番組の中で放映されたので、驚きました。
画面の右端に「わたしはこう思う」というタイトルがあるので、
シリーズ化されているものなのでしょうが、その説明もなく始まったので、
その日たまたま見た視聴者にとっては、まさに「いきなり」始まった美浜町長の意見の開陳。
そうした番組構成というのは如何なものかと。

個人的には、予断なく拝聴できましたが、
やはり、一方的な意見の拝聴という形ではなく、
そこに、インタビュアーのジャーナリスティックな切り口の質問というか、
そうしたものがあれば視聴者にはより参考になったのではないかと。

原発では全国区の福井県の美浜原発、
以下は、その原発を抱える美浜町長のお話です。

美浜町町長1

美浜町長2

美浜町長3

ここまでは、町長の思い、考え、原発に対するスタンスというものが分かり、
気持ちも波立たずに拝聴。
しかしながら、次のこの発言には背中がざわざわ・・・

美浜4

果たして、「お気の毒だと思う」という感覚や言葉は、
同じ原発を抱える自治体の長としていかがなものか。
美浜原発は、マグニチュード8だの9だのといった地震や震度6強や7に、
耐えられるのだろうか。あるいは、
原発では人為的なミスは絶対起こらないと確信できるような、
人事管理や労務管理上の何か絶対的な対策が、
三浜町と関西電力では講じられているのだろうか。

再稼動しても美浜原発は大丈夫だとする町長の判断の根拠は、
以下のように、

mihama 5

いわゆる原発の「専門家」たちの安全対策への信頼するということなら、
そこには、美浜原発の現場の技術者たちばかりではなく、
原子力委員会や保安院などの面々の指導や判断、
そして、経済産業省や文部科学省の大臣や官僚を信じ、
ストレステストで大丈夫となったら、安全を信じて従うということになる。

本当に、彼らを信じられるのか。


三浜町の財政は、原発関連の収入が35億円とのこと。

mihama6.jpg

確かに、大きな収入源でしょう。
しかしながら、美浜町のように原発に依存して豊かになった自治体は、
周辺の自治体にも少なくない経済効果を波及させているでしょうが、
いったん事故が起こった場合、それらは全部吹き飛んでしまう。

三浜町の町長は、原発の再稼動を希望しておられるけれども、
福井県は、来年で40年の稼動となる美浜原発に対して、
「高経年化対策」の新たな審査基準を国が示さなければ、
「40年超運転」は認めないという方針を固めたはず。

なのに、なぜ、三浜町の町長は、
美浜原発の再稼動を希望するのだろうと思い、
氏の発言を拝聴し続けた次第です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。