スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の七夕(2010年)・・・・前夜祭の花火

         七夕 前夜祭


今夜は、当地の七夕祭りの前夜祭。
先ほど花火も終わり、やっと静かになりました。

花火って、打ち上げられるエリアに住んでいる者にとって、
積極的に花火を見物しようと思わない限り、
まさに爆撃音のような衝撃で始まるものなんですよね。
なので、この前夜祭の花火から逃れるべく、
あえてこの時期に旅行に出かけるという住人の方たちも、
実は、結構いらっしゃる・・・・
ある年など、ここのマンションのほとんどの住人がいなくなったことがあり、
屋上で花火見物したのは3世帯だけということもありました。

その花火大会・・・

今年はその花火さえ見ることなく見たいとも思わず、
家の中でかかってくる電話にも出ず、
ご近所のなじみのお店に飲みに出かけることもなく、
猫たちと過ごしたわたくし。
こういう七夕前夜祭は初めてでした。

フジテレビで当地のこの七夕祭りの前夜祭の様子を
ライブで放映すると聞いていたので、
7時過ぎにテレビをつけたところ、
・・・・・

浴衣姿の男女数人が、
聞きたくもないマニュアル的な話に終始し、
花火を見たくてもこられない視聴者のことなど
一顧だにしないような様子で、花火の方も
彼らの後方画面で小さくアリバイのように映しているという有様で、
心寂しくなるほど不愉快になりました。

本当に、震災後の当地を応援したいという趣旨の番組なら、
黙って花火を映してほしかった。
視聴者もそれを一番に望んでいたのではないかと。

「頑張ろう!宮城」だの
「負けないでいこう!仙台」だの、

こういった言葉(町中いたるところに貼られているのですけれど)を聞くと、
何だか、妙に、疲労感を感じるようになりました。

いきなりの爆裂音で始まった今年の花火大会。
その音を生後初めて聞くことになった我が家の子猫のキリコは、
目を大きく見開いたまま固まってしまい、
大丈夫よと声をかけるわたくしのそばから離れず、
花火が終わるまでわたくしのそばで横になったままでした。

我が家のオス猫のマルコは
爆音と同時に目をむいて家の中を走り回り、
何とお漏らしをしてしまいました。

そして、生後7年にもなる黒猫の桜子は、
震災後始まって、やっと治まりつつあった徘徊が、
再び始まってしまい抱っこしてやらないと
徘徊しきりです。

我が家の愛猫たちですら、
地震で受けダメージから回復しておらず、
他所でもペットたちの情緒不安定がいまだ語られており、
震災後、おかしくなったというペットたちのうわさには事欠きません。

住まいを失い、家族や友人や友達も亡くした子供たちや、
お年寄りの方たちやご病気の方たちにおかれては、
いかばかりでしょうか。

「頑張って」とか「頑張ってください」とか「頑張りましょう」など、
そういう言葉を他所から来た人たちに言われたら、
どう答えればいいといいのでしょう。

想像してほしい。
あなたの家族や恋人や友人が大切な人が、
事故や災害である日突然亡くなったとします。
その遺体もいまだに発見されない。
そういう想定外のことが起こって4ヶ月しか経っていないというのに、
「頑張って」「負けないで」「頑張ろう」と言われたら、
果たしてどんな思いになるでしょう。
国の復興支援の遅れに関しては、「もう4ヶ月経つのに」は正しい。

けれど、

家も町もなぎ倒されて失った人たちや、
愛する人や大切な人を亡くした人たちの心にとって、
「もう4ヶ月経つのに」というのはありえず、
「まだ4ヶ月しか経っていない」ということを、
たとえ、復興支援のつもりであろうと、
無事だった人や外から来られた方は
どうか肝に銘じていただければと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

万葉樹さん

おはようございます。

前夜祭のライブ放映での出演者の「お兄ちゃんお姉ちゃん」(←私の友人の言葉)の言葉が、なぜ、当地の人たちに不評だったのか・・・・考えてみましたが、それは、「マニュアル言葉」だったからだろうと思います。
支援の気持ちが本当なら、そして、被災された方たちに対して「添う」心があれば、ディレクターあたりに指示された「マニュアル言葉」ではなく、「自分の言葉」になりましょう。そうじゃないと、そこで口にされる言葉って、そぐわないものになるんですよね・・・

我が家の愛猫の写真、いつも見ていただいて有難うございます。(=^^=)
もっとたくさんご紹介して笑っていただけたり、微笑んでもらえるよう、心がけて参ります。
有難う・・・(=^^=)

励ましの功罪

何かを喪失した人間と、そうでない人間。あるいは過去に喪失したことがあるが、それを忘れ去ってしまえた人間。その間に励ましの言葉で理解を得ようとするのは容易ならざることかもしれませんね。しばしばよく言われることですが、相手に対する「がんばって」は、つまるところ、自分が楽になる言葉でしかないと。

猫のお写真を拝見して慰められる日々です。
ペットの不調というのは、赤子と同じで口が利けないだけになおさら不安を掻き立てられますね。先のコメントでは貴重なアドバイスを下さりありがとうございました。


ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。