スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発問題(14)代替エネルギーというけれど・・・ドイツの試み(3)ビルの緑化

夏休み中のためブログはお休みしております。
以下の記事は予約投稿です。なので、
いただいたコメントには後日レスさせていただきます。


日本でも屋上の緑化が行われているビルをこの数年結構、
見かけるようになりました。随分多くなっているようですよ。
以前ここのブログでその様子を取り上げましたが、
難波空港で下りて大阪市内や京都に向かうとき電車を利用すると、
屋上が緑化されているビルが随分見られます。
大阪は東京より進んでいますね。

けれど、そうした緑化ビルに目に付くというのは、
まだまだ少ないということかもしれませんね。
屋上の緑化推進にあたって補助金を出したり、
税金面で優遇している自治体って、
いま、どのくらいあるのでしょう。

ドイツでは、この10年間で、
この「緑化」を相当に進めてきたようです。
詳しい数字はわかりませんが、
ビルの建つ敷地内の周囲への植樹は無論、
ビルの中にまでこうした緑化を進めているのは当たり前になっているようです。

ビルの緑化は義務

日本のビルの中は、せいぜい観葉植物を飾る程度というところが、
いまなお圧倒的に多いのではないでしょうか。

ビルは緑化の義務を負う

今、政府は増税路線まっしぐらですけれど、
いまこそ減税を考え一挙両得を考えてはどうか。

こうしたビルの緑化を推進した企業やビルの所有者に対して、
しっかりした減税路線で望めば随分と
都市部の屋上の緑化が進むのではないか。

一般家庭に対しても、
庭や屋根やベランダやテラスの緑化の面積の比率に応じて、
税金をその比率分減免するということにしてはどうかしら。

デフレのいま、そして震災復興でたいへんなになっているときに、
増税だなど誰が言い出したのせよ、
おそらく責任を問われない連中がやっきになって言い始めたのでしょう。
政治主導はどうした!と、ここで皆が声を上げないのはおかしいですね。

いずれにせよ、CO2削減と電力の需要を恒常的に下げていくには、
都市部全体の緑化を公共事業として推進していくのは有効なはず。
ヒートアイランド現象もだいぶ収まるのでは?

原発反対と思う人は、
せめてこのくらいのことは実現されるように、
いま自分たちが出来ることから実行しないと、
未来に対して何の責任も負わず協力もしないことになるのでは?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。