スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田総理の所信表明演説(3)・・・アリバイ的に挙げた歳出削減

その7

公務員の人件費見直しなど、
鳩山政権でも菅政権でも出来なかった。いや、しなかった。

官僚の天下りや渡りに対する法律は
いつの間にかおかしなものになり、
自公政権時代よりも後退してしまったことは記憶に新しい。
これには2年前大いに驚かされてしまったものだけれど、

野田政権がマニフェストを見直すと野党協議で決めたことを重んじるなら、
国家公務員2割削減というマニフェストの目玉政策も、
どさくさまぎれでなくなっていくに違いない。
文言に「など」という言葉が安直に入るとき、
たいていやる気が無いか他のことに利用されたりする。

見直す=削減するということではない。

それで煮え湯を飲まされた体験者は、
以下のように語るわけです。

DSCN4490.jpg

見直したが、そこで終わる。そういう公算も高い。
削減したところで財源不足は到底補えないと言えば、話はそこで終わる。
それが民主党のお家芸になりつつあるけれど、
その急先鋒は他でもないこの野田総理ではなかったか。
彼が財務副大臣財務大臣を努めてから、
民主党はそうなった。

不思議なのは、

この国民注視の所信表明で、歴史的国難という言葉を口にし、
この国の持てる力の全てを結集しようではありませんか。
全ての国民が心を合わせて、力を合わせて、
この危機に立ち向かおうではありませんか。
と熱く訴えるほどの国難だという認識にありながら、
歳出カットでは国会議員の定数を削減することを明言しないどころか、
触れることもなかった。

震災後に国会議員の歳費を半年間、3割(月額50万円)カットしたことで、
それで国難に対処する意志を示したことになるのでしょうか。
自らの歳費の更なるカットについて、総理は一言も言及なし。
政党助成金を国庫に「時限的に」返納するという方向性を示したら、
議場では総すかんを食らっても増税される国民には何かが伝わったかも。
なぜ言及しなかったのでしょう。

日本がいま、がけっぷちで歴史的国難の中にあると本当に認識しているなら、
ならば、それくらいの覚悟を所信表明でこそ示すべきだったのではないか。
国会議員が「垂範」として示すものを持たないで、
どうして国民に負担を強いる(頼む)ことなど出来ようか。

その8

時限措置という表現には笑えました。
増税を「時限的なもの」と思ってもらえるように言えば、
国民は「仕方がない」と受け入れると思っているのでしょうか。
耳に聞こえがよいものほど、守られた試しがない。

以下の表現には爆笑。

その9

聞いていらした多くの方は、???となられたことでしょう。
何だかよくわからないけれど、それって、増税の話?と頭をひねる。
本当にやりたいことははっきり言わず、
実際にはやれないと思っている政治項目はっきり言う。
それをアリバイ的と言わすになんというのか。
だからこそ、こうした台詞を出してくるのでしょう。

その10

ええっ、いいわけないじゃないか。
人のいい多くの日本国民は、
反射的にそう思わせられたはず。

そこで、次に出てきたのが以下。
前のブログでご紹介した言葉はこうした文脈で出てきたもの。

その11

デフレ下で増税などとんでもない!
歳入を増やすことこそが大事だという声が少なくないので、
まあ、アリバイ的に付加したのでしょう。

その12

TPP問題にしても党内どころか国内でも反対の声が上がっている中で、
どういう議論や審議を国会で展開し反対論者を論破し、
TPP加入が日本の国益にどうかなうと説得するのか。
財務省や経済界、経済産業省や外務省の意向は示されても、
総理の考えはよく見えないまま。


ところで、
こちらの演説には目が点に。

その13

普通、それを示す場が所信表明演説じゃないの?
日本再生の戦略というものなら、なおのこと。
エネルギー基本計画を白紙から見直すといった話をしながらも、
原発の稼動条件などじはきっちりと具体的にしていたように思いますが、
日本という国の再生戦略というものを所信表明で先送りする感覚は、
いかに出来上がっていないからとはいえ、
どうにもならないのではないか。

いかに、いま、頼りにしたい方々が第三次補正予算案のことで多忙でも、
政治家は示すべきビジョンを
示すべきときに示さないではどうにもならない。

それができないから、こう言われてしまう。

DSCN4491.jpg

DSCN4497.jpg

総理の所信表明演説に対して野党というのは常に批判的。
悪いところを探してでも言うものだから、
時にぜんぜん方向違いな批判に堕してしまったりするけれども、
官僚の作文らしさが随所に感じられる、
そういう演説内容ではありました。



★以下はご参考までに。

野田首相の所信表明演説全文(1)
野田首相の所信表明演説全文(2)
野田首相の所信表明演説全文(3)
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 野田内閣
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。