スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発問題(23)・・・原発再稼動を急げと主張した読売新聞社の社説

9月7日付けの読売新聞の「エネルギー政策 展望なき「脱原発」と決別を」と題された社説を、
まだお読みになっていらっしゃらない方のために、
以下にご紹介し、終わりにこの社説を批判しておられるブログを一つご紹介します。

   ***   *****   ***


 ◆再稼働で電力不足の解消急げ◆

  電力をはじめとしたエネルギーの安定供給は、豊かな国民生活の維持に不可欠である。ところが、福島第一原子力発電所の事故に伴い定期検査で停止した原発の運転再開にメドが立たず、電力不足が長期化している。
野田首相は、電力を「経済の血液」と位置づけ、安全が確認された原発を再稼働する方針を示している。唐突に  「脱原発依存」を掲げた菅前首相とは一線を画す、現実的な対応は評価できる。首相は将来も原発を活用し続けるかどうか、考えを明らかにしていない。この際、前首相の安易な「脱原発」に決別すべきだ。

 ◆節電だけでは足りない◆

  東京電力と東北電力の管内で実施してきた15%の電力制限は、今週中にすべて解除される。企業や家庭の節電努力で夏の電力危機をひとまず乗り切ったが、先行きは綱渡りだ。
  全国54基の原発で動いているのは11基だ。再稼働できないと運転中の原発は年末には6基に減る。来春にはゼロになり、震災前の全発電量の3割が失われる。そうなれば、電力不足の割合は来年夏に全国平均で9%、原発依存の高い関西電力管内では19%にも達する。今年より厳しい電力制限の実施が不可避だろう。
  原発がなくなっても、節電さえすれば生活や産業に大きな影響はない、と考えるのは間違いだ。不足分を火力発電で補うために必要な燃料費は3兆円を超え、料金に転嫁すると家庭で約2割、産業では4割近く値上がりするとの試算もある。震災と超円高に苦しむ産業界には大打撃となろう。
  菅政権が再稼働の条件に導入したストレステスト(耐性検査)を着実に実施し、原発の運転再開を実現することが欠かせない。電力各社が行ったテスト結果を評価する原子力安全・保安院と、それを確認する原子力安全委員会の責任は重い。運転再開への最大の難関は、地元自治体の理解を得ることだ。原発の安全について国が責任を持ち、首相自ら説得にあたるなど、誠意ある対応が求められる。

 野田首相は就任記者会見で、原発新設を「現実的に困難」とし、寿命がきた原子炉は廃炉にすると述べた。これについて鉢呂経済産業相は、報道各社のインタビューで、将来は基本的に「原発ゼロ」になるとの見通しを示した。

 ◆「新設断念」は早過ぎる◆

  代替電源を確保する展望があるわけではないのに、原発新設の可能性を全否定するかのような見解を示すのは早すぎる。 首相は脱原発を示唆する一方、新興国などに原発の輸出を続け、原子力技術を蓄積する必要性を強調している。だが、原発の建設をやめた国から、原発を輸入する国があるとは思えない。
  政府は現行の「エネルギー基本計画」を見直し、将来の原発依存度を引き下げる方向だ。首相は、原発が減る分の電力を、太陽光など自然エネルギーと節電でまかなう考えを示している。国内自給できる自然エネルギーの拡大は望ましいが、水力を除けば全発電量の1%に過ぎない。現状では発電コストも高い。過大に期待するのは禁物である。原子力と火力を含むエネルギーのベストな組み合わせについて、現状を踏まえた論議が重要だ。
  日本が脱原発に向かうとすれば、原子力技術の衰退は避けられない。蓄積した高い技術と原発事故の教訓を、より安全な原子炉の開発などに活用していくことこそ、日本の責務と言えよう。

 ◆原子力技術の衰退防げ◆

  高性能で安全な原発を今後も新設していく、という選択肢を排除すべきではない。中国やインドなど新興国は原発の大幅な増設を計画している。日本が原発を輸出し、安全操業の技術も供与することは、原発事故のリスク低減に役立つはずだ。日本は原子力の平和利用を通じて核拡散防止条約(NPT)体制の強化に努め、核兵器の材料になり得るプルトニウムの利用が認められている。こうした現状が、外交的には、潜在的な核抑止力として機能していることも事実だ。
  首相は感情的な「脱原発」ムードに流されず、原子力をめぐる世界情勢を冷静に分析して、エネルギー政策を推進すべきだ。

  ***   *****   ***

上記の社説を読んでいるとき、これって朝日新聞みたいと思ったほど、”書き方”が一緒なので笑えました。普段は朝日の書き方のいやらしさを批判していながら同じなんですもの。特に焦ったときに陥る書き方というか、大上段に構えた目線は、世論から手厳しく反感を買うことのないように配慮する技術を報道の客観性と信じているセンスそのものであり、論理の粗さは地震のなさの裏返しであり、読者を教え諭すかのような社説ほど焦りや無知を披瀝してしまうことになる。内心かなり焦って書いたのでしょうか。情緒に訴えるような文脈の社説はまるで説得力がなく、読者のレベルを相当低く見ているのかもしれません。????となる部分は、素人のわたくしにも少なからずありましたので、原発問題を自分の頭で考えて勉強しておられる方にとっては、ツッコミどころ満載の社説だったのではないでしょうか。
なぜって、日本で一番の講読者数を誇っている大衆新聞が、
ついこんなことを書いてしまっているんですもの。


   核兵器の材料になり得るプルトニウムの利用が認められている。
   こうした現状が、外交的には、潜在的な核抑止力として機能していることも事実だ。


広島県や長崎県から読売に抗議文はこなかったのかしら。
こうした社説に対して、読売新聞の「原発推進」社説を批判するというブログ記事がとても勉強になりましたので、合わせてご紹介させていただきますね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。