スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎元民主党代表 一審無罪判決

鴨川の桜
(賀茂川の河原の桜です)

今日の判決が出るまで、
我が国の法における「推定無罪」が「推定有罪」という
新しい基準に取って代わろうとしているかのような状況に、
どれだけの国民が危惧の念を抱いていたのか。

この裁判は、
小沢代議士と秘書の共謀罪や政治資金報告書における虚偽記載の有無、
主としてそれらが問われるものでしたが、
それ以上に、問題とすべきことが多々あったのではないか。
そういうものでもありました。

検察が代議士の秘書を連続して「逮捕」して、
いわば、「外堀」を埋めた後に、
前例のない形で本人の事情聴取を繰り返し行い、
強権発動での調査も行って取り調べたにも関わらず「起訴」を断念した。
つまり、起訴しても勝訴できないという判断があったものでした。
ところが、その後にタイミング良く市民グループなる団体が、
それは納得できない(有罪に違いない!)と検察審査会に訴えた。
けれども、その時点でも検察は「不起訴」を決定した。
それ自体、推定無罪を意味するものではなかったか。

ところが、それでもあきらめなかった市民グループは、
検察審査会での審議を続行させ、検察審議会では、
とうとう「起訴すべき」と議決するに至ったわけですが、

それは、同時に、「検察庁」は自分の責任から離れたところで、
この小沢代議士の裁判を見ていけばよい特等席に移行したということでもあり、
有罪となれば「やった!」と喜べるが、
無罪となった場合も自分たちには責任が及ばない。
そういう立場になったということでもあります。

ここで、初めて小沢代議士は「強制起訴」されることになり、
一般の国民には馴染みのない「裁判」となったわけです。
そうして、1年以上、小沢代議士は「被告」という立場に立たされることにより、
党内においては「党員資格停止」とされ、
ほぼ政治活動が出来ない状況になったのはご承知の通りです。

裁判という司法での案件と、
政治の問題を絡めることはしたくはありませんが、
この裁判は、冒頭に申し上げた通り、
推定無罪という法理念が推定有罪に変えられるかもしれないという、
別の問題を含んでいたことに注目したい。

被告が政治家の場合、
もし「推定無罪」という原則が押し曲げられたらどうなるか。
マスコミの「推定有罪」を煽っているかのような報道、
先入観をもっての「誘導報道」で視聴者を洗脳するかのような、
そういう報道がシャワーにように流し続けられた場合、
「推定有罪」という包囲網の中に立たされた政治家は、
結果的にいかに無罪判決を得ようと、
政治家としては葬られたに等しいダメージを受けます。

今日の「無罪判決」の後のTV局各社の報道も酷いものでした。
一審判決後でまだ確定していない状況であるにも関わらず、
無罪とはいえ「限りなくクロ」だという心証発言や、
無罪であっても「政治的道義的責任はある」という野党発言など、
一方の側の発言ばかりが報道されているかのような、
そういう印象が大でした。

これって、人権や自由を愛する国民にとって、
かなり危ない状況ではないでしょうか。

ここのブログで以前から何度も申し上げてきましたが、
わたくしは個人的に小沢支持者でもなく、
民主党支持者でもありませんが、この裁判に関しては、
かなり問題があるのではいかと憂えて参りました。


マスコミは小沢氏が大嫌いであるというよりは、
実は大好きなのかもしれません。
政局が動き出すこと、政局が大混乱になること、
そして、政治が機能停止状態になることを願うあまり、
そういう立役者の登板を待ち望んでいるきらいがある。
さんざん持ち上げて、さんざん叩く・・・
どれだけ叩いてもそう簡単には倒れない相手、
そんな安心して反発し叩ける存在感のある政治家が、大好きなのでしょう。
マスコミにとって小沢代議士はそんな一人のようですから、
一種のファザコン心理がマスコミ関係者にはあるのかも。
だから、ジャーナリズム精神を発揮できない。

自尊心が肥大している日本のマスコミから、
幼児性が抜けないのも道理です。

推定無罪の原則を捨て去り、
意図的に推定有罪という姿勢で印象操作をし、
中途半端な情報だけを繰り返しまき散らす。

そのツケを支払わされるのは、マスコミではなく、
いつもわたくしたち国民ですよね。

本来、国民有権者から選挙で負託を受けた政治家には、
もとより、政治活動を全うする責任が発生するわけですけれど、
国民の側もその政治家にきっちり政治活動をさせなければならないはず。
そのためにも、わたくしたちはもっと政治家の人権に対して、
もう少し敏感にならなければならないのではないか。
そう痛感させられる裁判でもありました。

早くも、マスコミは騒ぎ始めています。
小沢無罪によって政局は、解散総選挙も睨んで、
消費税法案の行方が大荒れになると。

マスコミはそうなってほしいのかもしれませんが、
いったいそんなことをしているときなのかと、
憂慮されるわたくし。




東北では桜が満開とか。
桜を愛でる日本人の感性、散ってこそ、花・・・・って、
政治家に対しても同じなのだとしたら、
それ、改めていきたいものです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【小沢一郎元民主党代表 一審無罪判決】

今日の判決が出るまで、我が国の法における「推定無罪」が「推定有罪」という新しい基準に取って代わろうとしているかのような状況に、どれだけの国民が危惧の念を抱いていたのか。...

コメントの投稿

非公開コメント

アジシオ次郎さん

お久しぶりでした。長きにわたって無断での休載・・・お越しくださる皆様にはご心配もおかけして本当に失礼してしまいました。
やっとブログを更新するゆとりが持てましたので、また、よろしくお付き合いくださいませ。

さて、小沢一郎・・・この政治家は外から見ていると本当に何をしたい政治家なのか分からなくなるばかりか、ご本人が口にされるお考えと行動が本当にかみ合わないように見えますが、小沢氏に近しいところにおられる議員や政治家は、どうもそうした見方をしないらしい。尊敬するのとしないのと、頼りにするのとしないのと、好きか嫌いかといった二分法しかないみたいです。

今後の政局には関心が持てませんし、持っていないわたくしですが、今回の裁判で感じたことは、小沢氏と彼の秘書との関係は、検察の上司と部下との関係によく似ているなあ・・・と。

石川知裕氏の取り調べで虚偽の捜査報告書を作成し刑事告発された田代某という検事と、その取り調べの主任検事だった中村某という検事の上下関係って、そっくりですよ。

いい加減、こうした特殊な上司と部下との関係、それをなぞっているかのような政治家と秘書との関係について、そろそろ、いつまでそうした関係を構築しているんだと国民の側が声を挙げる時期にきているのではないでしょうか。映画で見るやくざ社会とも実によく似ています。

政局に波紋が、相変わらずのマスコミの姿勢

 どうもお久しぶりです。

 しばらく音沙汰がなかったから、どうしたのかと思ったんですけど、元気だったんですね。

 それより今回の無罪判決は正直言って政局を大きく揺るがす結果になるだろうと思います。
 増税一直線の野田総理に取って大きな壁が立ちはだかったと言えるし、民主党執行部からすれば復権かどうかで迷うし、さらに野党からすれば国会招致を要求する声が高まりそうだから、波紋と言うか混乱と言うか、どちらかを招きそうな感じです。

 ただでさえギリシャみたいに政局が混乱の真っただ中にある日本、まして震災復旧・復興も充分でない上に原発を稼働するかで揉めている中、これ以上の政局の混迷などだれも見たくないんですけどね。

 確かにマスコミの偏重報道も問題です、一方的なものしか目を通さず、そこにある真相を有耶無耶にするような姿勢は公正とは程遠い!! 記者クラブは偏った見方でしかものを見れないのか?
 だから一部で「マスゴミ」と叩かれて当然でもなかろうか。

小沢一郎の進退

ちなみに、わたくしの小沢一郎代議士への考えは、
こちらの御仁の御意見にかなり近いので、
ご紹介させていただきます。
  ↓
http://jinf.jp/articles/archives/7693

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。