スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都でのネギとろ丼

5,11 ブログ画像2

帯状疱疹、ご存知でしょうか。

自宅で薬を服用しながら安静療養しなければならなくなって、
実は一週間になります。病院に久々にかかりました。
蓄積疲労による帯状疱疹ということで、半日は眠っているのですが、
体を起こした状態にしていられるのはせいぜい3時間ほど。
みぞおちあたりからわき腹にかけて出来た赤い湿疹部分に、
時折走る痛みのためか呼吸が困難になり、まるで盲腸の手術をした直後のような
何とも情けない状態にありますけれど、
悪寒と発熱が収まった分楽になりました。

困るのは、お薬を服用するにあたっての食事の用意。
冷蔵庫の中にあるものが乏しくなっても買い物にも行けず、
保存食の缶詰やインスタント食品でしのいでおりました。
そんな中、娘が大学の帰りに開いていたスーパーを見つけ、
昨夜遅く買ってきてくれたのが写真のねぎとろ。
今朝、炊きたてのご飯でいただきました。

スーパーで売られている「ねぎとろ」、
グルメの方にはご不満かもしれませんが、
ネギも刻まれて付いているので炊いたご飯に載せるだけでいただけます。
お料理ができない身には、とても有難い食品です。

ところで、
京都に来て最初に困ったなあと思ったのは、
実は、美味しいお刺身がなかなかないことでした。

京都で新鮮な魚をいただくって、
案外難しいのだということをスーパーの品ぞろえを眺めて改めて認識。
観光で京都に来ていたときは、ホテルや旅館でお刺身や煮魚など普通にいただけるので、
あまり、感じないのですけれど・・・・

思えば、
新鮮な魚が捕れる地域から京都市内まで、
時間がかかるんですよね。日本海側であれ瀬戸内海側であれ、
昔だったら、数日はかかったことでしょう。
だから、昔からここは西京漬けなわけです。(笑)
魚といえば、鯖ずしで、みりん干しの種類が多いのも、
そうした地域事情があったからなのでしょう。

いまや、冷凍ものが市場に出回る時代、
冷凍でもイケるのですから、
ねぎとろ丼は、京都でこそお勧めの一品かもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 食べたもの
ジャンル : グルメ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【京都通信(4)・・・帯状疱疹とネギとろ丼】

帯状疱疹、ご存知でしょうか。自宅で薬を服用しながら安静療養しなければならなくなって、実は一週間になります。病院に久々にかかりました。蓄積疲労による帯状疱疹ということで、...

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。