スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 真如堂(6)・・・・三井家の菩提寺としての書院と随縁の庭

書院1


工事中のため、いったん外に出てから書院をぐるりと回って、
書院の中に案内されました。

最初に目に入るのが、
こちらの「随縁の庭」なる庭園です。
真新しいと思ったら、2010年に作られたばかり。
重森千青さんという方のデザインによる日本庭園だそうです。
東福寺の方丈の庭園を作庭された重森三玲氏のお孫さんだとか。

このお庭、実は、前方の仏堂が三井家のものであるということにちなんで、
デザインされたもの。
そう、ここは、三井家の菩提寺なんです。

レンズをフォーカスしてみると、


随縁の庭


確かに、三井家の家紋!


三井家の家紋


仏堂には、三井家の方たちのご位牌が並んでいるとのこと。
三井家は天台宗なのですね・・・
財閥系のことはあまり存じ上げないので、
正直、ちょっと驚きました。

というのも、三井家は商いをしてきた家系という認識だったので、
天台宗とはあまり縁がないイメージで、意外な印象でした。

まあ、それはそれとして、三井家の財を拝見する思いで、
書院を見ていくことに。


書院2-1


さすがにお金をかけた作りですね。
欄間にも家紋がデザインされていました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【京都通信(27)・・・・真如堂(三井家の菩提寺としての書院と随縁の庭)】

工事中のため、いったん外に出てから書院をぐるりと回って、書院の中に案内されました。最初に目に入るのが、こちらの「随縁の庭」なる庭園です。真新しいと思ったら、2010年に...

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。