スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢新党を論ずる前に

やはり、処分される前の離党宣言をやってしまった小沢元民主党代表。
会見を聞き損ねたので、「民主党離党にあたって」
というメッセージ、
今朝、読んでみて鼻白む思いを抱きました。
小沢氏は、思っていた以上に党内の反小沢グループの面々に対して、
感情をコントロールできなくなっていたのだなあと。
同時に、彼が率いる議員たちの離党に際して慰留しなかったとされる側も、
もうどうにもならないほど感情を抑制できなくなっていたことが分かり、
こういう輩が政権を運営していると思うと、
もう脱力感でいっぱいになります。

国民の暮らしを第一に考えるなら、
三党協議で先行させた消費税法案をいまさら覆すことが出来ない以上、
また、この法案に賛同できずに反対票を投じたにせよ、
税と社会保障の法案をどのように進めるつもりなのか、総理に、
そのための担保を求めるくらいのことはできたのではないか。
そして、民主党が挙げてきたはずの他の重要政策を、
国民の多くが期待したはずのそれらの一つで
成案させるよう働きかけることも可能だったはず。

民主党が策定して骨抜きにしたかのような天下り法の見直し。
議員定数の思い切った削減のための法案。
人事院の存在の是非も含めて国家公務員の給与削減の問題。
そして、地方分権を推し進めるための法案の策定も要求できたはず。
景気対策を強力に推し進めさせるための言質を取ることもできたはず。

そうしたことを実現させるために堪えがたきを堪え忍びがたきを忍び、
国民の暮らしのための政策断行を掲げてこそ、
国民から負託された国会議員というものではないのか。

もう、脱力感ばかりです。
民主党のこの3年間を振り返るために、
ネットでそれをわかりやすくまとめておられた方がいらっしゃるので、
その図を転載させていただくことにしました。

ブログに1 7,3

いかに忘れやすい国民と言われようと、
この3年の間にいかに大震災や原発事故があったにせよ、
それらへの対応がいかにひどいものだったかも含めて、
なぜ、それらへの対応がいまなお酷いままなのか、
上記のことを思い起こしてみれが分かるはず。

ブログに2 7,3

上記のことを踏まえれば、今後のことも推察できるというものです。
こうしたことを忘れるようでは、国民もまた同じことを繰り返すのではないか。
先の選挙でこの政党を勝たせてしまった人たちは、
はたして自分の投票行動をどのように反省をしているのか。
小沢新党の記事を書かれる前に、マスコミも含めて、
まず当時のことを思い起こし総括していただきたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

外国から見ると・・・

おはようございます。
左派系統の集団や組織というのは、どうしても感情的な対応が優先されるきらいがあるせいか、次から次と分裂していく傾向がありますね。民主党はさらに分裂していくのではないでしょうか。
こんな状況を作り上げてしまっている政府では、外国から足元を見られてどれほど国益を損じていくことになるか案じられます。今般のロシアの行動を見ればそう言わざるをえません。

それにしても、離党したはよいけれど、新党の名前さえ決まっていない小沢氏の新たな結党はお粗末すぎます。彼には戦略的発想というものがあるようでない。なにより、消費税増税反対という公約だけでは政党の体をなしません。

選挙後に政権に返り咲けるという小沢氏の目論見は、選挙後にどこの政党も過半数など取れないゆえに、そうなったときは連立にならざるを得ないということで、昔の反自民連立政権のようなことが起こるという読みなのでしょう。

「国民の生活が大事」は真赤なウソだったことへの重すぎる代償

 こんにちは。

 増税一直線の野田総理とこれに反発する小沢氏の対立で揺れた民主党、結局自分自身と自身を支持する議員を引き連れて離党すると言う「造反」を超す結果となったが、この3年間民主党政権がやってきたことがいかにしっちゃかめっちゃかでしたからねェ・・・。

 そもそも増税しないと言いながら突然増税を叫んだことが全ての始まりだったんじゃ・・・? 自分たちで身を削ると言いながら国民に負担を伴わせる政策を作る、矛盾とはこのことですよ。

 政権交代時に掲げた「国民の生活の大事」「脱官僚・政治主導」などと言ったマニフェストが真赤なウソだったのかと思います。結局自分の保身が大事かって思う。

 自民党もダメで民主党もダメだった、これじゃ国民が政治に進んで興味を示さなくなるし、期待すら持てなくなる。

 最大派閥を失う結果になりかねなかった野田総理、そろそろこの政権も末期症状も末期症状に入ったでしょうね。消費増税可決の代償は重いと言えます。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。