スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下鴨神社(2)・・・・足つけ神事

ブログ 下賀茂神社1

さあ、いよいよ足つけ神事の体験です。

ブログ 足つけ神事1

入場料は、灯明用のロウソク料。200円支払って中へ。

ブログ 足つけ神事2

転ばないようにという配慮からでしょうか。
階段状に下がっていく足元には布のようなものが敷かれていて、
苔のような感触でした。そして、日中の日よけの意味もあるのでしょう。
頭上には日よけのテントが張られていて、
ちょっと地下道に降りていくような雰囲気。
足元の緑色というのがイマイチだなどと思っているうちに、
輪橋を通り抜け、目の前がぱっと明るくなりました。

この水の中を歩いて行くのですが、荷物があると転びそうになります。

ブログ 足つけ神事3

慎重に歩いていかないと、膝までの水かさというのは結構危険だなと感じました。
それに、何より水が冷たくて・・・足の指がちぎれそうに感じられたほど!!
灯明を供える頃には痛く感じるほどで。本当に冷たい!!

足の指がちぎれそう~~~~でした!

足つけ神事5

手荷物でバランスを崩したりすると転んでしまいそうになりますから、
この足つけ神事にいかれる方は、ゆるめの服装なり、
短パン姿でタオル持参というのがベターですね。
途中で、御手洗池の横に数個所作られた小さな祠に、
ローソクの火が灯されていましたので、それで灯明用のローソクに灯をともし、

ブログ 足つけ神事5

それをこちらに供え厄払い祈願をします。
皆さまの分までお祈りして参りました。

灯明

そして、こちらの石段を上がったところのテントの中で、
濡れた足を拭き靴下をはくなどして身を整えてから、
神水をいただくよう促されるのですが、
猛暑の中を歩いた場合は有難いと思われるのではないでしょうか。

足つけ神事6

足をつけた水と同じ水源の水と聞き、さぞかし冷たいのだろうと思ったら、
手渡された茶碗のお水は温く感じられ、えっ!?という驚き。
すると、「同じ水なのに、冷たく感じませんか」と笑われてしまいました。
(逆でしょう・・・汗)

ブログ 足つけ神事8

わたくしの両足は水の冷たさで≪じんじん≫していたというのに・・・・
ちなみに、足を拭くタオルを持っていない参拝客のために、
ご神水をいただいた先では手ぬぐいなどが販売されていましたが、
タオルは持参された方がよろしいと思います。

それにしても、足を清らかな冷たい水に浸けるという行為は、
身体の中の毒を排出することにもつながりそうで、
なるほどなあと思われた「神事」でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。