スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下鴨神社(3)・・・・御手洗祭とみたらし団子

ブログ 足つけ神事9

ということで、
下鴨神社のみたらし祭で足つけ神事を初体験して参りました。
朝の7時を過ぎた頃から参拝客もぼちぼちという感じ増えて参りました。

ブログ 足つけ神事10

夕方以降には浴衣姿の女性たちがたくさん集まる御手洗祭。
夜の様子をYoutubeでアップされていましたので、
ここにご紹介しますね。
   ↓


こうした神事への参加は、夜は夜で風情はありましょうが、
足元がおぼつかない方はやはり、明るいうちにお出かけになられるのがおススメ。
夜には、水につかった足も≪じんじんする≫では済まなくなるかも。
参拝は、やはり明るいうちにと思いますが、日中は暑いので早朝がおススメです。
5時過ぎから開催されておりますから。

足つけ神事には、こいうものもありました。
  ↓
ブログ 足つけ神事11

足って健康の源と言われます。
東洋医学では足裏にはたくさんのツボがあると言われます。
小指が痛くなるほどの≪じんじんする≫足になったまま、
こちらを参拝し、あらためて健康祈願しました。

ブログ 足つけ神事12

それにしても、足を水につける神事なのに、
手を洗うと書いて御手洗(みたらし)なので間違えてしまいそうですね。

ブログ 足つけ神事13

境内には氏子の方たちから奉納されたものが、
このように積まれ並べられておりました。

下鴨神社こと賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)と
上賀茂こと賀茂別雷神社(かもいかづちのじんじゃ)の両神社は、
御阿礼祭(みあれさい)と御蔭祭(みかげさい)での神事でも分かるように、
京都の他の著名な神社以上に、いまなお氏子の方たちを始め
一般の住民市民からこうして親しまれていることを思うとき、
そして、この両神社が古代から格別の神社であり、日本の古代以前から
ここ京都に鎮座してきた社であることを思うとき、
日本人の一人として、日本文化の基底に連なるものがここにあると、
そう感じないわけにはいかない気持ちになります。

ブログ 足つけ神事14

みたらし祭は土用の丑の日前後4日間にわたってに行われ、
神池である御手洗池に足をつけることで、
罪や穢れを祓っていただき無病息災を祈願する、
今ではそういう夏祭りの一つではありますけれど、
やはり、神事としての伝統を思わないわけにはいきません。

やはり、神様に祈願するばかりではなく、
感謝のお備えは用意されなければ、ということですね。

この後、10時開館の大炊殿と葵の庭園の特別公開を見学すべく、
境内を散策し時間をつぶすことにしたわたくし。
不思議と足取りが軽くてどんどん歩けて驚きました!
2時間以上も歩き続けてなお、元気でいられたので、感心!
糺すの森で森林浴できたことも相まってのことかもしれませんが、
足つけ神事直後の痛みが嘘のようで、とても気持ちが良かったです。

それにしても、と思います。平安時代とは比べるべくもないほど、
文化というより文明が発達したと言えるこの現代に、
こうした「足つけ神事」に多くの参拝客が訪れているところに、
日本人のDNAとでもいうものを感じてしまいますね。

そうそう、この足つけ神事で初めて知ったこと、
それをお話しておきますね。

みたらし団子
(この画像はネットから拝借させていただきました)

下鴨神社の「七不思議」というのがあり、その一つが足つけ神事の池の水。
古代より不思議とされてきたのは、この池の水が、
なぜか夏の土用のこの時期になると御手洗社の川底(みたらし川の川底)から
湧いてくるということだったらしく、不思議と言えば不思議な話です。
いまでは、泉川から水を引いてきているとのことですが、
湧いてくる清水が「水泡状態」であることも不思議とされたそうです。

その「泡」を模して生まれたのが「みたらし団子」とのこと。
みたらし団子の由縁を以前もどこかで聞いたように思うのですが、
そうだったのか!と納得。こうしてその池の清水に足をつけたことで、
もう忘れることはないだろうと思います。一つお利口になりました。

★下鴨神社(正式名は賀茂御祖神社といいます)のことは、
いずれまたブログで取り上げたいと思っています。その折は、
普段非公開のところで撮影を許された所の写真などを、
ゆっくりご紹介したいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

御手洗池の湧き水は枯渇、

職務履歴書さん、コメントありがとうございました。
そろそろブログに復帰と思っていた矢先のコメントで、嬉しく思います。
たまたま、昨夜京都の河川事情のことが書かれていた本を読みましたところ、下鴨神社の御手洗祭りの池の清流はすでに枯渇しており、泉川という川から引かれているということを知りました。コメントをいただいた記事がここでしたので、その旨、追記させていただきましたが、下鴨神社の湧き水対策についての話は、あらためて、アップしたいと思います。
またお出かけくださいませ。(=^^=)

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。