スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の心

人の心というのは、
扱いが本当に難しいですね。

相手の心の状態に寄り添う時も、
自分自身の心を扱う場合も、
バランスを失うといつでもおかしくなる。

バランスを失わせるのは、
日常の小さな不満やさみしさだったりもするけれど、
その不満やさみしさがどんどん積み重ねられて、
やがて行き場のない大きなストレスになると、
誰かにそれをぶつけてしまったりするけれど、
それで、溜まっていたものが押し出され、
状況が良い方向にいかないまでも、
後悔したり反省したりできるうちは、
まだバランスは壊れない。
怖いのは、バランスの歪みの中から、
よこしまなものが生まれ、

さみしさが、妬みや嫉みに変わっていくとき。
不満が、憤りや憎しみに変わっていくとき。

よく考えればわかるはずなのに、
冷静になってみれば
そんなんじゃないと理解できるはずなのに、

落ち着いて考えられないほど、
ストレスがたまってしまった心や、
冷静になって考えられないほど、
さみしさにがんじがらめになっている心は、

よこしまになった心で相手の心をはかるから、
よこしまな心で眺められた相手の心は、
よこしまなものにされてしまう。

そうなると、
憤りや憎悪の心が増幅され、
増幅された怒りや憎しみは当初のさみしさを飲み込んで、
相手を誹謗したり中傷したりと口は災いの元となる。
災いはすぐに翼をつけて広がり、
人の心を傷つけてやまない。

傷ついた心というのも、
扱いがとても難しいですね。

そばに慰めてくれるような人がいれば、
そばに冷静に受け止めて安心させてくれるような人がいれば、
心はほどなく落ち着きけれど、
独りぼっちだと、頭はぐるぐる回り始め、
心が猜疑で占領されるのに時間はかからない。
ねたみやそねみの毒がしみ込んで、
体調さえもおかしくしてしまいます。

あの人がそんな人だったなんて!

妄想はどんどん広まって、
その人は心の中で勝手に存在し始め、
大きくなっていく。
すると、息苦しくなっていく。怖くなってくる。
このままでは苦しいからと相手を拒絶し、
憎悪を膨らませるようになります。

信じる心を養うことは、
大人でも本当に大変なこと。

信じている人の悪口は言わないものです。
信じている相手なら誤解を解こうとします。

けれど、
バランスを失った人の心って、
傷ついた人の心って、
どこに向かっているのか本人でさえわからなくなり、
そのままだと固まって変容するか壊れてしまう。

去る者は日々に疎し
というけれど、

そばにいなくても、
ゆがんだ心で捉えられた相手の存在は、
脳内で肥大してしまっているので、
そこにはもう距離感も時間差もない。
なおさら厄介です。

そんな心を持っている人間って、
いつでも壊れてしまうそんな可能性を秘めた
面倒な生き物なんですね。

相手の心も自分自身の心も大事に大事に扱わないと、
あなたもわたくしもある日ある時いきなり動揺させられ、
ほどなく壊され壊れていくかもしれない。
自分に限ってそんなことはないと思われる方は、
要注意かもしれません。

相手を信じる心を大事にできたら、
せめてその強さを持てたなら、
気持ちも楽になり
要らぬ不幸も遠ざけられる。

どなた様もまずは大きく深呼吸して、
ゆっくりお茶する時間を、
大事にしましょう。

そして、

お茶の時間には
そこにいない人の悪口は言わないこと。
他の人の心を勝手に忖度しないこと。

お試しください。
バランスがとれるようになり
心は良い状態になります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。