スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理の所信表明演説

安倍首相の所信表明演説

★ニコニコ動画でご覧いただけます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19939273

経済重視の姿勢と政策に関しては報道が多くなされたので、
ここでは、外交安全保障について。

抜本的な立て直しが急務。日米同盟の強化を世界に向けて発信。
普天間問題を解決し沖縄の負担軽減。
外交や安全保障は二国間だけの問題ではない。
アセアン諸国との関係の強化。戦略的な外交を行う。
民主主義・法の価値、基本的人権の価値を共有する国との提携関係強化。
拉致問題の解決に向けて尽力。意味するところは被害者の安全確保、即時帰国、究明。
そして、我が国の領土である離島の適正な管理。自国領土を守リ抜く決意。

そして、ケネディ風のメッセージ。
これからこの国はどうなるか、ではなく、
国民一人一人がどうしたいのかということだと。
しかしながら、国民一人一人に向けて総理が言われた言葉は、
「自らの誇りと自信を取り戻そうではありませんか」

上記の演説の中で、気になったこと。

戦略的に外交を行うと言われたこと。そんなことは当たり前のこと。
それを、わざわざ表明しなければならないということに、
危うさを感じてしまいました。そして、演説から言えることは、
その戦略的外交というのは、価値観を同じにする国々との関係強化。
これは、危ない思想かもしれません。 
なぜなら、外交力が最も必要とされる相手国というのは、
国益が激しくぶつかり合う国であり、そうした国は往々にして、
文化や歴史も異なり、いわば、内的な価値観がすこぶる異なるからです。

最後に総理が言われた「取り戻そう」の中身。
取り戻そうという以上、その前提には、失ったという認識があるわけで、
その失われた「誇りとは何か。「自信」とは何かということ。
そして、その「誇り」はどうやって取り戻そうというのか。
一番肝心なところが、イマイチ、曖昧でした。

危機意識を持った演説であることは感じられましたが・・・・・
国民に向けられた言葉が「誇りと自信を取り戻す」という
抽象的な表現に留まったことがそこが気になりました。

デフレからの脱却、景気浮揚のための大型補正、復興予算の増額、
インフレターゲット政策、日銀に協調させた政治的構え、
これらがスピード感を持って実行されていこうとしています。
円安株高に対する海外からの批判や警戒感に対しても、
甘利大臣はじめ安倍内閣は渡り合う構えを見せています。
日本の経済再生に結び付けていく「三本の矢」政策に関し、
多くの国民が賛同しているようですので、
様子見ということになります。

ただ、案じられるのは、

安倍首相の所信表明演説が行われた衆院本会議(28日

同じ国会に議席を有する与野党議員の多くが、
果たして国家と国民に対し同じ危機感を有しているのか。
批判するならするで、その際には、同じ覚悟を持ってするのか。
そういうことが案じられました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。